口だけ人間になるな!

おはようございます。今朝は7時15分に起きました。息子を保育園に送り届けてからブログを書いています。

昨日、橋爪大輔の動画最新作『失敗して、間違えて、一人前になろう。』をYouTubeに公開しました。

動画はこちら

この動画が出来上がるまでの流れをお伝えすると・・・

1月31日(木)

東大阪でコンサルタントをされている目黒さんが、橋爪事務所を訪問。

会社紹介の動画制作依頼に対して「シナリオを最初に作るのではなく、いきあたりばったりに撮影しませんか?」と提案。

そのスタイルはドキュメンタリー作家の想田和弘監督が自身の映画を作る際に採用しているもの。

それを今回、僕も模倣してチャレンジしたいと考えた。

2月4日(月)立春

東大阪で板金工事業を営むものづくり企業・松下工作所を初めて訪問。

「自分のスタイルを最初から表明させていく」という気持ちがあったので、あえてシャツも着ずに私服で。

名刺も持たず、写真のようなメモを名刺代わりにお渡しした。

2月8日(金)

撮影初日。

何の事前情報も持たずにカメラを回し始める。目の前で何が起こっているのか。どういう人がいるのか。じっと観察する。もちろんゴール(落とし所)は見えない。

2月9日(土)

撮影二日目。

初日は気づかなかった「人間関係」や「想い」の部分を少しずつ感じ始める。インタビューすると「すぐに解る」が、インスタントなものに深みはないことが多い。

じっくりと観察して、思考を働かせて、耳を澄ます。すると、ある瞬間に「気づく」ときがある。

気づけば気づくほど撮影は楽しくなる。

2月14日(木)

撮影三日目。

会社に行くと、社長が高校にキャリア支援授業に行くという。撮影許可は撮れていなかったが、現地に行って先生に交渉しよう、ということで、ダメ元で高校に付いて行く。

結果、撮影オッケーをもらい、なおかつ【間接的】に社長インタビューを収録することに成功。

カメラを向けて、社長が直接カメラに向かって喋るのではなく、高校生に向かって社長が授業をすることで、自然に嘘のないインタビューを収録することが出来た。

偶然の産物。

完璧なものでなくても良い。

その時の自分にとって「最善」なものが出来たら良い。最善は作り切るごとに更新されていくからだ。

一本作るごとに、自分のスキルは上がり、世界観は拡がっていく。

重要なのは「やる」と言ったら必ずやり切ること。何が何でも形にする。

ぼくはそれを意識して、今回の動画をYouTubeに公開するまで到達させた。

それがどんな小さなものでも、完成させることが出来たら節目が訪れる。そして、次の道が拓けていく。新たなお役目が流れてくる。

口だけ人間になるな。

目黒さん、松下社長、社員の皆様、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!

記念写真を撮る目黒さん