旗を掲げて独りで立てる大人がいったい何人いるだろうか?

おはようございます。今朝は5時30分に起きました。

今日は朝から動画撮影の仕事がある為、7時前には自宅を出発しました。

昨夜は雨が降っていましたが、日の出とともに雨も止んで、気持ちの良い空気が漂っています。

徒歩で最寄り駅の桃谷まで行くと、一人の議員さんが商店街に立って挨拶をされていました。

たまたま遭遇したその光景を見て、ぼくは震えました。

その方は昨日の選挙で当選されていることを、ぼくはスマホで知っています。想像するに、きっと選挙事務所は祝福の祭りになっていたのではないでしょうか。

しかし、早朝7時。

駅へと歩く誰もが静かな一日の始まりを迎える、その日常の中に、議員さんは独り、旗を立てて挨拶をされていました。

表情こそ爽やかですが、その奥底には恐らくマグマのような情熱が沸々とみなぎっている。

こういう人は信頼できる。

(それがどこの政党かは関係なく。そもそもぼくは政党に興味が無い)

それがたとえ「パフォーマンス」だったとしても、そのパフォーマンスを思い付いて実行出来る大人は、1割もいるだろうか。

黒いスーツを着てうつむきながら駅へと歩く大人の何人に、この方のような行動が出来るだろうか。

多くの支援者の方々からお祝いをされた次の日の朝に、たった独りで旗を掲げて、街頭に立つことが出来るだろうか。

ぼくはその光景を見て、痺れました。

そして、ぼくも改めてそういう人間になろう。そういう大人になろうと思いました。ぼくはぼくの領域で。

今日は会社案内動画の撮影初日で八尾に向かいます。この方のように、自分も今出来ることを全力でやり切りろう。

皆さんも、素敵な月曜日を!