必ず良い結果に辿り着くと信じる

おはようございます。今朝は7時に起きました。

今日は大阪の橋爪事務所で「橋爪大輔流ブランディング講座」があります。

企画:笠原啓子さん
ゲスト:お稲荷やすじ
さん

やっちゃんとニコちゃん

その準備やら掃除やらをしていたら、ブログを書く時間が遅くなりました。

今日のブランディング講座は、参加者が三名・スタッフが三名なので、講座というよりも「セッション」に近い形になるんじゃないか、と予想しています。

もちろん、一応、台本(パワーポイント)は作りました。

でも、それにとらわれずに、その場から出てきた兆しを当意即妙にキャッチして、即興演奏のように、どんどん展開していけたら良いな、と思います。

※ 企画のニコちゃんには、ぼくのこの手法を「ノリだけ」と揶揄される(笑)

そもそも、お稲荷やすじさんを「ブランディング」した時も、そんな雰囲気でした。

まだ耳が無く緑の服を着たやすじさん

年末に伏見稲荷に行った。

やっちゃんが案内している様子を見て「お稲荷やすじというキャッチーな名前で活動してはどうですか?」「無料100人案内で関係性を築いてはどうですか?」というアイデアが生まれた。

やっちゃんを見ていて、ふと思った。

それをそのまま取り入れて、なおかつ、やっちゃんなりに創意工夫した結果、お稲荷やすじさんはどんどん飛躍されています。

ぼくの最近の動画制作の手法も「ノリ」です。

お客さんと事前に打ち合わせをしない。脚本も作らなければ、どんなテーマで撮影するかも決めない。

自分の興味の赴くままに、対象を観察して、撮れた素材を組み合わせて編集し、物語を生み出していく。

これって、撮るほうも撮られるほうも、どこに進んでいくか、やっている最中はわからないので、結構スリリングなんです。

でも、必ず良い結果にたどり着く、ということだけを信じて、その瞬間瞬間の自分の直感を信じて、一つずつ前に進めていきます。

今日のブランディング講座も、そんな感じでライブ感を大切にしていきます。良い時間になるよう、頑張ります。