自分が信じた自分を信じる

おはようございます。今朝は7時に起きました。

劇団に勤めていた頃、同じ作品をワンシーズンで10〜20回ぐらい、各地の小学校で公演していました。

何度も何度も同じ作品をしていると、お客さんがどの瞬間で笑い声を出すか?

そして、その笑いが収まるタイミングがどれぐらいか?も既に知っているような感覚になっていました。

その「笑い」に合わせて、役者も演技を進めていく。演劇って舞台と客席の双方向コミュニケーションだな、思っていました。

ある時、本当ならそこで確実に「纏まった笑い」が起きるはずなのに、笑い声が散った瞬間に遭遇しました。

そして、その「散った笑い」が2,3回続いたことを感じていました。

ぼくは3回目の時に気づきました。

先輩役者の方が、笑いが起こる為のセリフを「2秒」かけて言っていたからだと、ぼくは分析しました。

そのセリフは「1秒」で言うと、その速度によって笑いが起こる。でも、倍の「2秒」で言うと、間が伸びてしまって、客席の笑いも散る。

入社3年目のぼくは、入社20年目ぐらいの先輩に対してそう思い、ある日、本番が終わった帰りのトラックの中で「先輩、あのセリフ、言うの長くないですか?」と話をしました。

すると、その先輩は「演出家の言うことには従うけど、後輩の話は耳に入れない」みたいな態度を示しました。そういう価値観の劇団だったんですよ(笑)

年齢や経験関係なく、思ったことを平気で口にするぼくは、その劇団にとっては「生意気」な奴でした。

でも、結局、ある日、そのセリフが「1秒」で言われた瞬間を、ぼくは舞台上で確かに聞き取りました。

そして、今まで散っていた笑いは、予想通り纏まりました。

ほら、やっぱり(笑)

劇団に入社した頃は、わからないことだらけでした。

でも、3年ぐらい経つと、劇団から教えてもらったことを基盤にして「舞台感覚」みたいなものがわかるようになっていました。

もちろん、今は第一線を離れたので、鈍っていると思いますが(笑)

※ 現役の頃は、毎晩入念にストレッチをしていたので、開脚したら上半身を床にペタリと付けられましたが、今は固くて無理です(汗)

じゃあ、その20年ぐらいやっている先輩が、なぜ、ぼくの「2秒じゃなくて1秒」という感覚に同意してくれなかったか、と言うと、

おそらく、その先輩は自分の感覚よりも「上司の感覚」をずっと優先してきたのだろうな、と思います。

そうすると、何か思ったときも、自分がどう思ったか?よりも「お上はどう思うだろうか」のほうに意識がいく。

そうだとしたら、何年経っても自分で判断出来ない=自信はつかないだろうなあ、と。

自分が感じた感覚を信じる。自分が信じた自分を信じる。

それを「美しい」と思った自分を信じる。それを「美味しい」と思った自分を信じる。「違和感がある」と思った自分を信じる。

そんなことを、今朝、ふと思いました。

【昨夜の音声配信】
令和最初の雑談ナイト

【今後の予定】

興味のあるイベントにご参加下さい!
★を押すと詳細ページに飛びます。

 05/17(金)現在6名
SNS活用講座(大阪)

 05/20(月)現在12名
合唱WS(東京)

 5/21(火)現在16名
合唱WS(名古屋)

 06/02(日)現在6名
橋爪大輔のランチ会(盛岡)

 06/20(木)
SNS活用講座(札幌)

 06/26(水)現在4名
橋爪大輔のお話会(福岡)

【キャンセル待ち】

 05/10(金)満席
橋爪大輔のお話会(赤穂)

 05/14(火)満席
橋爪大輔のお話会(札幌)

 07/15(月)満席
第二回暇人感謝祭