飽きたらチャンス

おはようございます。今朝は7時15分に起きました。

今までやっていなかった新しい何かを始める時も怖いけど、それまでずっと取り組んできた、自分にとって大切な何かを辞める時も怖い。

「それを辞めてしまったら、自分は一体どうなっていくのだろう?」と先の見えない不安に苦しむかもしれません。

続けてきた年月が長ければ長いほど、愛着もあるし、誇りもある。

でも、もしもそれをしている時に「心が動かない」。

ワクワクした気持ちになれない。出来れば「ちょっとやりたくないな」とさえ感じている自分を発見したとしたら、それは卒業のサイン。

一生懸命取り組んだ日々もあった。

より良いものに改善しようと奔走した日もあった。悔しい想いもしたし、心が震えた経験をしたこともあった。

それをやり続けてきたことに、本当に感謝している。

大丈夫、もう充分やりつくしてきた。

そして、今、自分は新たなステージに向かおうとしている。自分の足跡に、両手を振りながら。

飽きていることに気が付いたらチャンス。

飽きることが出来る、というのは「変わる」ことが出来る、ということ。

今の自分に飽きている、ということは、新しい自分に生まれ変わろうとしている、ということ。

一度きりの人生。

まだ経験してない心の震えを味わいに飛び出そう!