江の島に行ってきた!

横浜のホテルよりおはようございます。今朝は6時30分に起きました。

昨日は総勢30名の方々と鶴岡八幡宮→江島神社を参拝。江の島の龍神様と弁財天様に挨拶をすることが出来ました。

「この世には龍神さんがいらっしゃり、サポートしがいのある人間を探している」

「なぜなら、人間は神様の助けをもらって繁栄し、龍神は人間の『祈り』や『楽しく弾んだ魂』が食料という共存関係」

小野寺S一貴さんの本を一年前の4月に読み、そんな内容を知ったぼくは、神社で祈り、行動をしていきました。

その2018年の1年間で、本当に多くの「初めまして」の出会いがありました。

その「初めまして」の人達同士が、言うなれば「橋爪大輔」あるいは「暇人三人組」を中心にして、繋がり始めている。

こんな嬉しいことはない、という想いで、今、います。

神様と人間は共存関係、と同じように、人間同士もお互いに支えあっています。

こうやって応援してくれる方々が周りにいらっしゃるから、ぼくも「よし!頑張ろう!」と思える。

1人で取り組む何倍ものエネルギーを、対象に注ぎ込むことが出来る。

昨日の鎌倉・江の島の思い出を、今度はYouTubeでお届けできるように、編集を頑張りたいと思います。

昨年末、リュウ博士のインタビューをご自宅で撮らせてもらった時に「来年はお稲荷さんの年になる」というメッセージを頂きました。

まさに、リュウ博士のおっしゃるとおり、ぼくにとって2019年の取り組みの大きな一つは「お稲荷やすじ」の発信になりました。

「狐の帽子を被って、お稲荷やすじという名前で活動されたらどうですか?」という提案どおり、

いや、その「思いつき」を、自分なりにどんどん改善しながら、今、お稲荷やすじさんは、京都を中心に活動の幅を拡げられています。

「お稲荷やすじ」を命名した者として、その活動を応援したい。

そんなことを今年の一月に思いましたが、まさか、こんなにも行動を共にするようになるとは思いもしませんでした。

曽爾村(奈良)
洞爺湖(北海道)

お稲荷やすじさんの案内で、これからも竹生島(滋賀)→金華山(宮城)と、弁財天様を巡る旅は続いていきます。

もう、生きている中で、二度とこんな旅をすることはないでしょう。

もしかすると、やっちゃんとこんなにも旅を共にすることは、もう二度とないかもしれない。

流れて辿り着き、辿り着き流れていく。

人生は常に瞬間。

一日一日の出会いを大切にしながら、日常を過ごし、関わる人の幸福を祈って映像を発信する。

そんな想いで、これからも龍神の流れを楽しみたいと思います。

企画された家永恭子さん、案内のお稲荷やすじさん、ありがとうございました。昨日、参加された皆様、ありがとうございました。