金華山(石巻)に行ってきた!

こんばんは!仙台国際空港からブログを書いています。

今日は、暇人三人組&お稲荷やすじさんと行く金華山ツアーで、鹽竈神社や石巻に行ってきました。

現在、荷物検査を済ませて、関西国際空港へ向かう飛行機の搭乗を待つ間に、ブログを書いています。

今回のツアーで、1 江の島(神奈川)2 竹生島(滋賀)に次ぐ、⇒3 金華山(宮城)となり、

五大弁財天巡礼の旅も折り返し地点となりました。

鮎川港(石巻)にて

鮎川港で船に乗って金華山へ。

金華山には弁財天様と龍神様が一緒に祀られている箇所があり、そこには「弁財天と龍神は主従の関係」と書かれていました。

昨年の4月に小野寺S一貴さんの本がきっかけで「龍神」の存在を知り、2018年は龍神に熱中し続けたぼくですが、

それから一年経ち、自分が焦点を充てていた「龍神」を、やや引いた視点で観ると、そこには「弁財天+龍」という関係があることを知りました。

そして、あれよあれよという間に、現在、五大弁財天を巡る流れの中にいます。

今回のツアーもビデオカメラに収めました。

盛岡のはるのさんが企画してくれ、参加者の方やスコップ・よしくんが集まり、お稲荷やすじさんが案内してくれたことで、ぼくは動画を撮影することが出来ました。

金華山ツアーは終わりましたが、この後、撮影した素材を編集して、公開するまでが「ぼくのお役目」だと信じています。

その役割通り、YouTubeで発信する所まで、いつも通りやり切ります。

そうすることで、今回のツアーに参加されなかった方々にも、金華山参拝を「疑似体験」してもらえたら幸せです。

8/9は天河大弁財天社(奈良)⇒ 9/26に厳島(広島)と巡って、この巡礼の旅はおしまいです。

5か所を巡った後、一体何が待っているのか?それは誰にもわかりません。もしかしたら何も待っていないのかも(笑)

いや、きっと、弁財天様の何らかのお計らいがあるはずだろう。そして、それは恐らく新たな「挑戦」になるのではないか?

ぼくはご褒美は要らない。

もう既に、金華山に行けること自体がご褒美だし、そもそもこうやって好きなことをさせてもらっていること自体がご褒美だから。

それよりも、思わずフラフラっと目まいを起こしそうな、大きな「お役目」を望みます。そのお役目を果たす事で、更に頂上を目指したい。

そんなことを、関西国際空港に帰る飛行機の中で思いました。

企画して下さったはるのさん、参加された皆様、やっちゃん、スコップ、よしくん、ありがとうございました。