0→1が一番楽しい

金沢のホテルからおはようございます。

今日は石川県にて【橋爪大輔のお話会】を初めて開催します。

これまで龍神さんの流れで全国各地に出張してきました。

北海道・青森・岩手・宮城・千葉・東京・神奈川・愛知・奈良・滋賀・大阪・徳島・岡山・広島・島根・山口・福岡・長崎

ざっと20か所ぐらい(笑)

今回、初めての北陸・開催ということで、企画・主催をして下さったシノさんに心より感謝します。

シノさんと(小さい(笑)

今回のお話会は、シノさんからリクエストがありまして「基本的に大ちゃんがずっと喋って欲しい」。

そんなことを言われたような気がします←曖昧(笑)

ぼくのこれまでのお話会のスタイルは「質問型」。

参加者の方々に質問をしてもらって、それに対して答えていく、と言うやり方をとっていました。

それに対して今回の形式は「講演型」。

1時間弱、ぼくがずっと話す。会場の雰囲気を見て見ないとわからないこともあるかと思いますが、おそらくそんな状況になると思います。

一方的なスタイルはこれまでやってこなかった。

多分、まだそんな力は無いだろうなーと思っていました。

でも、もしも「出来るとしたらやってみたいか?」と聞かれたら、それはもちろん「やってみたい」。

そんな時に、おそらく今回、2019年8月1日という「適切なタイミング」で、この金沢のお話会がやってきたのだと思います。

今までしたことないことを初めてするのはドキドキします。

不安や恐れもある。

でも、同時に、この「初めて」という瞬間が、もしかすると一番面白いのかもしれません。

2回目、3回目って、結構簡単にスムーズに出来てしまう。その代わり、初めてのようなドキドキ・ワクワク感は少ない。

だから、人生の中で「初めて」に対して、どんどん挑戦していきたいなー、とそんなことを最近思っています。

きっと、今日参加される方々は、ぼくのドキドキ・ワクワクのエネルギーに触れて「何かやってみよう!」そんな気持ちになるはず!(笑)

だから、ぼく自身、堂々とドキドキ・ワクワクをさらけ出していこうと思います。

では!

今回の企画をサポートしてくれている
笠原啓子さんと金沢駅にて