【橋爪大輔流】9万円の集め方

来年の1月10日に東京に行きます。

三年前の2016年に重点的にSNS活用について学びました。

藤村正宏さんと

その先生である藤村正宏さんが提唱するエクスペリエンス・マーケティング(エクスマ)が20周年ということで、

新春セミナーが東京で開催されます。なんと無料!

ぼくも繋がりのある方々と一緒に何人かでセミナーに参加しよう!ということで、東京に行くのですが・・・(行くことを決めたのは11月25日)

大阪から東京まで行って帰るには、大体3万円ぐらいかかりますよね。

一泊するとしたら1万円ぐらい追加でかかります。

だから、1月10日の次の日に【仕事】を作ることで【出張費】を生み出そう。そんなことを数週間前に思いつきました。

その結果、合計18人の方々が集まる予定で、一人5,000円の参加費を頂くので、総額9万円を生み出せました。

【仕事を作ろう】と思わなければ、ただの研修で終わりでした。でも、そこで一歩、勇気を出して【募集】したら、お金も生み出すことが出来ました。

だから、結局は【打ち出す勇気】なのだろう、と!

では、どうやって18人を集めたか、ぼくのやり方を共有します。

その0

まず、何人集まったら黒字になるかを考えます。

今回の場合、移動費が3万円 宿泊費が1万円 施設レンタル費を2万円と設定。

よって6万円が経費になります。一人から5,000円を集めるとしたら、12人から申込みがあればトントンになります。

ということで、目標人数は黒字になる【13人】になりました。

その1 12月12日

今回、まずはTwitterの質問投稿を初めて使いました。

24時間で集まった票数は【36票】

一番票が集まった【お金や起業のお話会】は大体14票ぐらい入っています。二番目に票が多かった【発声ワークショップ】も12票ぐらい入っています。

この数字から、まあ13人ぐらいは集まるだろう!と予想。

そこで、午前中に【発声】をして、午後から【お話会】をしようと決めました。

その2 12月13日

二回目の発信もTwitterを使用。まずは140字でイベント告知をしました。

二回目のツイートで参加費5,000円を打ち出しています。

その結果、発声ワークショップはこのツイートだけで【5席満席】になりました。一方で、一番人気だったお話会はなぜか【3人】という(笑)

何はともあれ、二回のツイートで【8人】が集まりました。

目標人数の13人に到達する為には、あと【5人】に来てもらう必要があります。

その3 12月18日

三回目もTwitterです。

三回目のツイートでは【現状】を書きました。

★ 発声WSが満席になったこと ★ お話会の人数が三人だということ ★ でも、もう場所も確保した、ということ ★ あと5人ぐらい来てくれたら嬉しい、ということ ★ 会場の様子を写真で共有

すると、このツイートで御一人、申し込みがきて、お話会は合計【4名】になりました。

あと4名集める必要があります。

その4 12月21日

そこで、ブログで告知記事を書きます。

ブログで発信する時は、イベントの【バナー】(旗印)から作りました。今回、作ったバナーはこんな感じです。

バナーを作るにあたって意識したことは以下です。

★ 自分の顔を出す事 ★ 文字を大きく出す事 ★ 目立つ色にすること ★ 日程と場所を掲載する事

ちなみに、バナー作成はpicky-picsで作りました。

※ 誰でもプロ並みのデザインでポスターやチラシ、プレゼン資料などが作れるオンラインデザインツール

このバナーを使用して、ブログ記事を書きます(記事本文はこちら)。

そして、出来上がったブログをFacebookとTwitterにシェアします。

Facebook
Twitter

その結果、新たに【9名】の方々が集まり、お話会が【13名】発声WSが【5名】で、合計【18名】となりました。

※ ちなみに、ぼくは毎晩22時にTwitterでライブ配信をして、この期間、肉声でもこのイベントについての話を時折しています

まとめ

ぼくはこんな感じでイベントの告知をしました。

ポイントとしては、

【勇気を出して告知しよう!】→募集しないと結果は出ない。失敗することを恐れない

【一つずつ丁寧に発信していこう!】→いきなり告白せずに、一歩ずつプロセスを踏んで情報発信していく

皆さんのチャレンジを応援しています!一緒に一歩ずつ行きましょう!今日は以上です。