「もう遅い」と思っている貴方へ

1月25日に神戸で初めて演劇と朗読の舞台公演をします。

その稽古が大詰め。

昨日は天王寺で演劇の稽古、今日は阿倍野で朗読の稽古、明日は再び天王寺で演劇の稽古、そして木曜日は神戸アートビレッジセンターでリハーサルです。

最初はただただ遊びの感覚で数人を誘いました。

ピアニストの田中裕子さんに「声とピアノ演奏で、絵本の朗読をしません?」

今まで脚本を一度も書いたことのない水野嘉彦くんに「演劇の物語を書きません?」

久しぶりに演劇をする久保朋子さんに「二人でお芝居をしませんか?」

その「遊び」がきっかけで、田中裕子さんは美しい曲を生み出してくれました。

水野嘉彦くんは、笑いあり、シリアスありの素敵な脚本を生み出し、久保朋子さんは心のこもった迫真の演技を。

ぼくは、やっぱり「舞台芸術って面白いなあ」という気持ちに。

一度で舞台公演を終わらせるのではなく、今年、もう一度、やりたい。

演劇、もう一回やりたい!まだ終わってもないのに(笑)

そして、半年かけて新しく稽古を始めたいもの、それはタップダンスです。

まだ本決まりじゃないけど、900人集客プロジェクトで仲良くなった佐々木義幸さんに指導・演出してもらおう。

出演・橋爪大輔 演出・佐々木義幸 でタップダンスをする。そんな夢も膨らんできています。

最初はただの「遊び」。

凄く楽しい遊び。真剣になる。それが結局、エネルギーの源になるし、そのパワーが人を巻き込んで行く。

だから、ピュアなモチベーションで、やりたいことをどんどんやって行く。

そんな2020年にします。

やりたいことをやろう。夢を膨らまそう。何だって出来る。いつからでも始められる。可能性は無限大!

今日は以上です。

お知らせ

2020年の橋爪大輔の表現活動を応援する公式ファンクラブ。

イベントや作品の先行予約・会員限定イベントの企画や屋久島合宿等の特典あり。LINEでグループを組んで、毎朝一本文章を投稿しています。現在、サポーターは【60名】になりました。

貴方からの応援をお待ちしています!

【 詳細はこちら 】

橋爪大輔が2020年に立ち上げた私塾。

個人事業主として6年間かけて培ってきた「自分らしく生きるとは?」「お金はどうやって稼ぐ?」「商品開発・販売の方法」「イベントの企画・集客の方法」「SNSやYouTubeの効果的な活用方法」等を、貴方に全て伝えます。

2月4日の立春から開始。ぜひ入塾を!

【 詳細はこちら 】