コロナウイルスに不安になっている人は、大抵、何に対しても不安になっている。ぼくから言わせると。

コロナウイルス。

不安になっている人。

そういう人はね、ぼくから言わせると、何か予測不能な出来事が起こると、大抵、何に対しても不安になっている。

地震が起きて不安。
人と喧嘩して不安。
噂されて不安。
味方がいなくて不安。
友達がいなくて不安。
いいねがつかなくて不安。
コメントがなくて不安。
上手く行かなくて不安。
子供が言う事聞かなくて不安。
病気になって不安。
お金がなくて不安。
賠償請求されて不安。
オワコンになって不安。
やる前から不安。
やった後も不安。

そんなに不安になってどうするの?

「不安」の感情で過ごしても「大丈夫」の感情で過ごしても、24時間は一緒。

なのに、なんでわざわざわ「不安」を選択するの?

ということは、結局、そういう人は、ぼくから言わせると、不安の周波数の中で過ごすのが好きなんだよ。

そして、不安が現実になることを無意識に望む。

「ほら、やっぱり私の思ったとおり〇〇〇になった」って言いたいから。

だから、不安になる為にテレビを見て、不安になる為にネットニュースを見て、情報を浴びる。

もちろん、物事を判断する為に、情報収集することは必要だけど、貴方のその収集の仕方は「不安」を拡大させてない?

情報と感情を分ける努力をしない?

スピリチュアルやってる人は、今こそ「引き寄せ」をする時じゃないの?

「安心を選択する」ってHappyちゃんがずっと言ってたことじゃないの?「好きなコーヒー飲んでほっとする」ってHappyちゃん、言ってたじゃん。

もう一度書くけど「不安」を選択することも「安心」を選択することも出来る。

たとえ目の前の状況がどんな状態だったとしても、それでもぼくたちは「安心」を選択することが出来る。

良い機会だと思うんだけどな、今。