それって本当にコロナウイルスのせい?

これを書くのにちょっと勇気がいるんだけど。

コロナウイルスの影響で、中小企業の売上が低迷して、倒産する会社もあるらしい。

そうかそうか、大変だな。

と思うと同時に、社長さん、もっと前から対策出来てたんじゃないかなーとも思う。

例えば、ぼくは今年で7年目の個人事業主だけど、ここ数年間、出張することが多かった。

全国各地に行き、様々な場所で様々な方々と出会ってきた。それは妻が育児休暇中で自宅に居たことも大きい。

一方で、2020年4月から妻は職場に復帰する。

次男(1歳)は長男(5歳)と同じ保育園に通う事になる。

その保育園の送り迎えをするのは父親であるぼくの役目となる。更に、妻が自宅に戻ってくるのは大体18時頃だ。

ということは、ぼくは子供達を保育園に迎えに行き、夕食の準備をしておく必要がある。

つまり、妻の職場復帰は、ぼくのライフスタイルを大きく変えて行く状況になるわけだ。出張ベースから自宅を職場にする生活へ。

ということで考えたのが【橋爪塾】。

コンセプトは「自分らしく生きてお金を稼ごう」。期間は2020年2月4日~2020年12月21日まで。受講料は50万円。

毎週一本・水曜日に動画を撮影して、6名の塾生さんが入っているLINEグループに共有するという仕組みを立春までに作った。

6名の塾生さんは北海道や徳島・愛知など様々な場所にいるけど、動画で授業をするので距離は関係ない。

※ もちろん、動画配信をするだけでなく、塾生無料のリアル講座をするなどして、交流も深めて行く

「2020年の売上の大半を1月に生み出して、それを生活費として妻に渡すことで、妻に安心してもらい、月々の予算を立てやすくする」

そんな動きを去年の年末から今年にかけてしていた。

募集はブログとSNSのみ。何の広告費もかけていない。たった一人、自分の発信する力のみで生み出した。

入塾して下さった6名の方々には本当に感謝している。

今日は水曜日で収録日だけど、自宅で撮影するので、コロナウイルスは全く関係ない。

約3年前から、毎日コツコツコツコツ、SNSを使い続けてきたら、ぼくレベル(Twitterフォロワー2,000人 YouTube登録者9,000人)でも、こんな世界を創り出すことが出来た。

SNSを使い続けている人は大丈夫、信じよう。そこにエネルギーを注いでいることは絶対に無駄にならない。

※ ぼくはエクスマでSNSを学びました

エネルギーを注ぐ時のポイントは「本音で発信すること」「繋がりを大切にすること」。この2点だけ。

(1)本音で発信しよう

良い恰好しない。良いところだけ見せない。上手く行ってないことも、トラブルも全て自分のメディアで表現しよう。貴方の美学や哲学を表明しよう。貴方にとって表に出すのが震えるほどの本音を自分のメディアで発信しよう。

(2)繋がりを大切にしよう

消費は関係性がきっかけで起こる。どんなにクオリティが高くても、どんなにスペックが良くても、たいていの人はその商品に興味が無い。貴方と繋がっていて、貴方の事が好きだから、その商品を欲しくなる。

ぼくは繋がりのあるお米屋さんでお米を買いたいし、繋がりのあるデザイナーさんにデザインを発注したい。

今年もより一層、ぼくはブログで本音を書き、SNSで交流します。