最初から完璧を目指さなくて良い

自宅で過ごせば過ごすほど、エネルギーは高まるような気がしてきている。今朝は6時に目が覚めた。

昨日から緊急事態宣言が始まり、これから一か月間、国をあげて「ステイホーム」の流れが始まった。ぼく自身は少し前から「セルフロックダウン」の生活に入っていて、家族以外の殆どの人と会っていない。

でも、毎日、お1一人様限定で遠隔カードリーディングをLINEビデオ電話でしているし、毎晩22時にはTwitterでライブ配信を継続し続けている。だから、孤立しているような感覚は一切ない。いつも誰かと繋がっているように感じる。

生活も安定している。朝、起きたらブログとファンクラブにそれぞれ文章を書く。午前中は遠隔カードリーディングをして、一日一回、大阪城までランニングをして帰ってくる。

昼からは本を読んだり、YouTubeで情報収集をしたりして、週に1回、橋爪塾の授業で勉強したことをアウトプットしている。夜は子供達をお風呂に入れて、ライブ配信をして寝る。

これがゴールデンウィークまで毎日毎日続く。考えただけでも嬉しい。リーディングのスキルはあがるし、身体は引き締まるし、勉強することによって新しい時代に向けてのヴィジョンはクリアになるし、良いことばかりだ。

それにプラスして、昨日から「橋爪事務所」のYouTubeチャンネルも可動させた。10分ぐらいのトーク動画を定期的に発信していこうと思う。ぼくの声や話に共感して下さる御方は、ぜひ「音声」として、家事をしながら、あるいは育児をしながら聴いてもらえると嬉しい。

この橋爪事務所のYouTubeチャンネルは「ノーカット」「スマホ撮影」「質より量」の方向性で生産していく。橋爪大輔のYouTubeチャンネルは「世界観」を表現するのに対して、橋爪事務所のほうは「ぼくが毎日、何を考えているのか?」をデイリーニュースのように発信していきたい。

外出する用事がなくなり、たっぷりと時間が出来て暇になった今だからこそ、新しい取り組みに挑戦できるチャンスだ。最初から完璧を目指そうとしなくていい。それよりも、毎日やりたいことにアクセスして、アウトプットまで持って行く。

それを日々積み重ねることが、結局は品質を向上させていくことになる。YouTubeは編集しなくても、パソコンが無くても、スマホが一台あれば誰でも出来る。皆さんもぜひ。

(957文字)