ごちゃごちゃしているのが嫌い

このブログはWordpress.comというレンタルサーバーを利用して、毎日文章を発信している。

シンプルなデザインが気に入っていて、サーバー側が勝手に張り付けてくる広告も嫌いなので、年間3万円ぐらいを支払って、この雰囲気を保っている。

パソコンからぼくのブログのトップページを見てもらうとわかるんだけど、ページはわずかに三つだけ。

トップページは毎日のブログの見出しを置いている。それと「橋爪大輔について」と「お問い合わせ」。この三つだけにそぎ落とした。

それだけだと見た目が味気ないので、ソーシャルアイコン(YouTubeやTwitterなど)で、少し可愛い雰囲気を醸し出している。そこに検索窓を置いておしまい!

ごちゃごちゃしているのが嫌いなのです。

シンプルなサイトと言えば、noteの雰囲気も好きなんだけど、それでも、ぼくからすると、まだごちゃごちゃ感がある。

サポートする、とか、こちらもおすすめ、とか。

noteは課金機能があって便利かもしれないけれど、ブログでも課金システムをやろうと思ったら、商品販売して、口座に振り込んでもらったら良い。

そろそろキャッシュレスが本格化してくるから、投げ銭レベルだったら各種payのQRコードを張り付けておけば良いのでは。

そう考えると、クラウドファンディングも同じく究極は要らないと思うんだけど、どうでしょう?

クラウドファンディングの良いところは何人が支援しているのか、可視化出来るところだと思うけど、信用を可視化して何かいいことあったっけ?

結局、それって(大部分の人にとっては)ステータスみたいなものだとぼくは感じている。自分はこれだけ信用があるんだ、みたいな。

可視化しなくても、殆どの人はあの人に信用があって、この人には信用がないことぐらい、肌感でわかっている。

まあ、自分のプラットフォームがない人はクラウドファンディングを利用したらいいけど、ブログをやってるんだったら、ブログで商品を販売したり、チケットを販売したりしたら、それを買う人は結局はその人を「応援したい」という気持ちで購入するわけだから、クラウドファンディングとやっていることは殆ど変わらないんじゃないだろうか。

そんなことを現時点では思っている。

WordPressって結構万能で、音声ファイルも掲載できるから、音声配信のプラットフォームとしても使える。だから、voicyやradiotalkも必要なくなってくる。

SNS機能が弱いけど、その分、自分の世界観を表現しやすい。SNS的な交流はTwitterやLINEでやればいい話で。

・・・話を戻して。

このブログも昔は「関連記事」とか「SNSへのシェアボタン」みたいなのを載せていた。けれども、思い切って外した。すると、すっきりした。

あと数年経てば、wordpressも時代遅れになるのだろうか?

どうなるかわからないけど、今のぼくはWordpressで文章を書き、TwitterとLINEで交流して、YouTubeで発信して、FacebookとInstagramもチビチビと続けている。

あれ、Tiktokってどうなってるんでしょ?まだ、皆、やってるのかな?