最初は驚くほど誰も応援してくれない

今でこそ、ぼくは仕事について他人から「どんな感じ?」と聞かれても、数字の側面からも堂々と応えることが出来るようになった。

「4月は(少なくとも)100万円以上、売り上げたよー」とか。

ワクワクしながら自分の好きなことをしていても、必ずお金は稼げるようになる。必ず。

でも、お金を稼ぐ、って結局は手段でしかないとぼくは思っている。

何の手段か?

自分の人生を楽しむ為の手段。自分の人生を自由に生きるための手段。

お金がもう沢山あったとしたら、自分が嫌々やっていることは皆やめるだろう。

生活費の為に、仕方なく通勤して、仕方なく嫌いな上司の命令を聞いていたとしたら、お金があったら、そんな環境、すぐにでもやめるよね。

お金がもう沢山あったとしたら、朝起きて、何をするのか、全部、自分の自由だ。

だったら、今、お金がなかったとしても、その自由を選ぼうよ、という話を伝えたい。

お金がなかったとしても、やりたくないことはもうやめようよ。そして、自分がやりたい、と思ったことだけを選択し続けよう。

すると、そこに経済的な見返りがなかったとしても、やっている本人だけは確実に楽しい。だって、やりたくないことをやめて、やりたいことをやっているわけだから。

それで、そうやって自分の心に従って生きていると、エネルギーはどんどん強くなっていき、結果的にお金の循環も始まる、という流れなんだ。

それをもう、かれこれ5年ぐらい、自分の人生を使って人体実験してきたから、そう言える。

最初は、驚くほど、誰も応援してくれない。びっくりする。

一番自分のことをよく知っているパートナーからも、呆れられるし、文句を言われる。

遊んでないで、働けよ、と言われる。

でも、本当にコツコツコツコツ、一秒単位で「嫌い」を手放して「好き」を選択し続けると、次第に効果が現れてくる。

気づけば、世界は一変している。

そんな風に思うから「諦めて辞めていく人」を見ると、心の底から残念だなあ、と思う。

あともう少し続けていたら、そこから指数関数的に伸びたかもしれないのに。あともう一歩、勇気を出していたら、そこから人間関係が好転したかもしれないのに。

あと少し。あともう一歩。

だから、ぼくは挑戦しようと前に進んでいる人を、いつも応援している。それは過去のぼくでもあるし、現在のぼくでもあるから。

いける!いける!その調子!もうちょっと!ファイト!