嗤われる側に回ろう!

失敗を極端に恐れている貴方へ。

自分が「失敗した」と判断するから「失敗」になるわけで、考え方を変えて「実験中」と思えば、いくらでも失敗出来る。

ようするに「失敗する」のをダメなものとして恥ずかしがってるんだよね。

自分が出すもの出すもの、全て当てにいきたい。全て正解を出したい。ミスすると他人からバカにされると思っている。

そういう考えは申し訳ないけど、今すぐ捨てたほうがいい。

失敗して当然。間違えて当たり前。

挑戦すればするほど、それに伴って失敗するし、むしろ、失敗したらラッキーぐらいに思いたい。

挑戦しているだけで凄いことなんだ!

1万人の人が「やりたい」と思うけど、実際に「やる」人は100人だけ。そして、失敗しても失敗してもあきらめずに「やり続ける」人は1人だけ。

だから、継続しているだけで1万人に1人の存在になっているんだ。

殆どの大人が挑戦なんてしていない。

皆、そつがないように、他人の目を気にして生きている。

そんな中、自分は空気を読まずに一歩、踏み出したんだ。それって凄いことだと思わない?

空気を読まずに行動出来たら、もう怖いものはない。自分のペースでどんどん進めばいいんだ。

失敗すればするほど、嗤われるかもしれないけど、バカにされればされるほど、ぼくたちは確実に経験値は上がり、成長している。

嗤われる側に回ろう!何も怖くない!さあ、今日も思いっきり失敗しよう!