【大公開】セミナーを満席にする為に橋爪大輔がした5つのこと

昨夜、スピリチュアリスト育成講座・技術編の募集をツイートしたところ、開始後、約30分で満席になりました。

申し込んで頂いた皆さん、ありがとうございました!

今朝のブログでは、申し込むまでにぼくがどんなことをしたのかについて、皆さんと共有したいと思います。

これからセミナーの企画・運営を考えていらっしゃる方は参考にしてもらえたら嬉しいです。

(1)打ち合わせ

05月05日(火)

講師のぱっさんと講座の詳細について打ち合わせします。これはわざわざ電話で話すほどの内容ではないので、TwitterのDMでやりとりしました。

いつやるのか?(日程)どこでやるのか?(場所)いくらでやるのか?(価格)何人募集するのか?(定員)を擦り合わせます。

その結果、6月12 or 13 or 14 に大阪で、参加費は2万円で定員は12人と定まりました。

(2)アンケートを取る

05月06日(水)

日程が決まったら、Twitterでアンケートをとりました。

すると、24時間で21票が入り、06/13に参加したいという方が10人ぐらいいたので、日程をこの日に決定。

ちなみに、この段階で票数が殆ど入らなかった場合、中止する時もあります。

(3)告知ページ&受付フォームの作成

05月07日(木)

日程が決まったので、橋爪大輔のブログで告知ページを作成(

受付フォームの作成&受付業務は笠原啓子さん()に委託しました。

また、この段階で会場の予約をしました。今回使った予約サイトはスペースマーケットです(

「橋爪大輔」でも代わりに出来る作業の全てをやり終えた後、ぱっさんと再びミーティング。

今回は「想い」を聞きたいので、zoomでの会話を選択しました。聞いた質問は2つ。

今回の講座で大切にしたいこと、と、受講生へのメッセージです。それを告知ページに掲載して完成。

(4)告知ページで予告

05月07日

告知ページ&受付フォーム共に準備が整ったら、告知ページに【申し込み】のリンクは張らずにツイートします。

ツイッターのリード文で「今夜の橋爪大輔のライブ配信後に受付を開始」と書くことで、参加を希望される御方は申し込むタイミングがわかりますし、その時間までにゆっくりじっくりと告知ページを読むことが出来ます。

(5)ライブ配信後、受付開始

05月07日

ライブ配信で、改めて「自分の声」でぱっさんの講座について話します。

文章ではいくらでもいいように書ける。嘘も平気で書けます。

でも、声で嘘をつくことは中々出来ない。声は「内容」以外に、それよりも多くの情報(心理状況や性格)を教えてくれます。

だから、声で情報発信することは、商品を販売する側の人間にとって、より誠実な行為だと思います。

ライブ配信が終わった後、受付フォームをツイートします。昨夜は募集開始後、30分ぐらいで満席になりました。

ということで、ぼくはこんな感じでセミナーを企画・告知しています。

皆さんが何かをされる際の参考になれば嬉しいです!

スピリチュアリスト育成講座・技術編の06月13日は満席になったので、今日は06月14日の分を追加募集します。

定員は同じく12名。

場所も参加費も全て同じです。追加募集は今夜のぼくのTwitterのライブ配信後(21時~)にします。

参加を検討されている御方は今夜のお申し込みをよろしくお願いします!