【 文章 】理想の未来は創造出来る!やりたいことをやろう

東京に向かう新幹線の中からこの文章を書いています。今日は 合唱ワークショップ in 東京 の第一回を開催。

ワークショップは7月から東京と大阪と福岡で月に一回のペースで行い、3回の練習を経て、10月8日(金)に神奈川県相模大野の舞台( 虹龍LIVE )で発表、というプログラムです

三つの地域で練習しているメンバーが、集まって演奏する。想像しただけで感動しませんか?

そんなワクワクする未来がもう現実の世界で目の前にやってきました。

合唱ワークショップに関わる全ての方々のおかげです。本当にありがとう。

きっかけは、このワークショップの担当として働いてくれている きみちゃん という女性のおかげです。

合唱ワークショップ自体は、2019年に精力的に開催していました。しかし、コロナウイルスがやってきて2020年は中止。

ぼくは自分が指揮者だったことも忘れて!去年は一年過ごしていました。

2019年当時の様子

橋爪大輔が指揮者だった事もすっかり忘れてスターシードをしていた頃、きみちゃんは「リモート合唱で歌おう!」と独自に動いてくれていた

2021年になり、

ぼくはぼくで「オリジナル曲『 I shine 』( 作詞・作曲:備仲 美文 )を合唱しよう」みたいな流れが自然とやってきてて。

一度、I shineを歌ってみよう!

ということで、きみちゃんや備仲美文さん達に事務所に集まってもらいます。

それが今年の5月30日のことです。

きみちゃん達と久しぶりに歌った後、ぼくのエネルギーも変わってきたのか、

よし、これを合唱ワークショップでやろう!・・・どうせなら3回ぐらい練習して10月の相模大野で発表しよう!

と思いつきました。本当にただの思いつき。それを形にしてくれたのはきみちゃんです。

きみちゃんは合唱ワークショップの告知ページを作って、SNSで宣伝してくれたり、毎日毎日、YouTubeのライブ配信で熱心に歌い続けて、募集し続けてくれた。

各会場を探し、予約をしてくれて、地域ごとにLINEグループを作ってくれた。

ぼくは殆ど何もしていない。きみちゃんがゼロから生み出してくれました。

その結果、現時点で合計16名のメンバーが集まったのです。きみちゃんは何と凄い人物なんだろう!

ぼくが未来を引き寄せる上で意識したことがあるとすれば「どうなっても大丈夫、必ず最善の道に繋がっている」と言い聞かせていたことぐらい。

ワークショップの募集が始まって最初は集まっている人数が少なく、ぼくは内心ドキドキしていました。

きみちゃんにお支払する報酬もあるし、交通費や会場費もかかる。

「ああ、しまったな、また赤字事業を作ってしまったな」と実は思っていました。

でも、それを表には死んでも出さなかった。そのエネルギーが現実を変えてしまうことがあるから。

きみちゃんと会った時、やはり少し心配そうな雰囲気を彼女から感じたので、

「大丈夫、大丈夫!この人数が集まっているだけでも凄いよ!」みたいな言葉がけをしたように思います。意識的に。

すると、きみちゃんの表情は安心に変わった。そして、次第に人も集まってくれた。

だから、皆に伝えたい!

夢や目標をどんどん設定していこう。そして前に進もう。心配なこともあるかもしれない。でも、大丈夫。

ぼくもこんな日々を過ごしているし、不安になったらいつでも相談してね!ポジティブなエネルギーに変換していこう。

そんな感じで東京のワークショップをやり切ってきます!

2021.07.22

関連記事:指揮者として皆の歌声を引き出すのが最高に好き