毎週金曜日にボイストレーニングに通っている。

今年の二月に「大阪 プロ おすすめ」と検索して良さそうなスタジオの体験レッスンに行くと、そこで出会ったトレーナーの嶋田さんは、既にぼくのことをYouTubeで観ていて知っていた。

そんな小説のようなシンクロが起きたボイトレは、テクニカルな指摘もさることながら、とってもスピリチュアルなメッセージが嶋田さんに毎回降りてくる。

昨日、言われたのは「橋爪君は自分の武器を未だ見つけられていない」ということ。

「前向き」とか「行動力がある」とか「声が良い」とかはオプションにしか過ぎずに、核となる部分を見誤っているそう。

「外に外に自分を売り込もうとしていて、それはコンプレックスの現れになっている。仕事で活躍したり繁栄したりするのは、一緒に生きている人の存在がいてこそで、家族を愛している、子供達を愛している、ということの方がよっぽど大事だよ」

こんな話をメッセージとして降ろして、バンバン伝えてくれる。

仕事でお金を稼ぐのも十分にやったら良いだろう。武道館を目指して活動をするのも良い。それも人生。

一方で、もう既に自分の中にあるもの。それを表現すれば、それでもう十分に幸せにできる人が沢山いる。共感する人が大勢いる。

橋爪君は他人を愛せる存在であるし、他人から愛される存在である。

人生、負けないようにしたい。立派に見られたい。誰かを見返したい。そんな外付けの人と比べるような思考で進む時、失敗に終わることが多いだろう。

橋爪君の周りの人たちは、君が立派になることを求めていない。自分の頭で考えて行動して、そこからメッセージを出し続ける姿を求めているだろう。

ポイントになるのは子供の頃の「コンプレックス」だ。それを恥ずかしげもなく話せるようになった時、多くの人を元気付けられるようになる。

そして、家族や子供達に愛着を持ち、「家」に戻る、という感覚を持て。その時に、今、手元にある「種」に水が注がれて、どんどん花開いていくだろう。

こんなメッセージを毎回もらっていて、ありがたいなあ、と感じている。次のステップに進んでいる気がする!

2021.09.11 岐阜に向かう電車にて

【 橋爪大輔 出演情報 】

京都(09/12)
神奈川県相模大野(10/08)

【 橋爪大輔の商品 】

ブログ講座
カードリーディング