未来は自由に創造出来る。

スティーブ・ジョブズは「世界中の人達が自分の作ったコンピューターを手に持つ未来を夢見」て、自宅のガレージでApple Computerを創業した。

ぼくは今、大阪の長屋を改装した自宅兼事務所で日々を過ごしている。

今までの35年間は大した成果は出なかったかもしれない。スポーツも中途半端、学歴も中途半端、勤め先も月給11万円。

ありがたいのは理解のあるパートナーや、元気に成長する子供達に恵まれたことだ。

でも、ここから先は未来を劇的に変えていける。そんな気がしている。自分の望む現実を自由に創造することが出来る気がする。

自分にとってありえない未来とは?

やはり物質的な豊かさも味わってみたい。

自然に囲まれた閑静な環境で、ゆったりとした時間が流れる暮らしを手に入れてみたい。自宅にフィンランドサウナなどあれば最高だ。

子供達は自分を愛して、叶えたい夢に向かって日々、楽しく過ごし、妻は穏やかな表情をしている。

仕事はいくつもの事業を手がけて、働く方々やお客さんに幸せを提供している。

音楽活動はいよいよ実力&人気共に認知を得て、全国各地や海外で演奏をして楽しんでいる。常に仲間に囲まれて誰もが皆、笑っている。

自分に続く若い人達にエールを送り、惜しみなく自分の知識や経験を贈っている。

そんな未来が訪れたら最高だなあ!諦めずに自分の夢見た世界に向かって一歩一歩、進んでいこう。