ここ最近、ずっとエイブラハム(高次の存在)の文章を読んでいて、脳がかなりエイブラハムに浸かってきている。

エイブラハムの文章は軽い。

「だいすけくん」

(文章には「あなた」と書かれているが、脳内変換している)

「あなたが経験したいこと、所有したいものはことごとく実現し、そこから次の願望が生まれます」

「あなたはどれだの無上の幸福があなたに流れてきているかわかりますか?あなたはどれぐらい好かれているかわかりますか?」

そんなことを耳元で毎日毎日言われ続けているので、

(実際には電子書籍を読んでいるのだけど、これも脳内変換)

自己暗示の程度が日に日に深くなっている感覚だ。ありがとう、エイブラハム。

ぼくたちは望めば何でも叶えられる。

例えば、裕福な暮らしがしたい、収入が豊かで生活に余裕がある暮らしがしたい、と望むとする。

すると、エイブラハム曰く、望んだ瞬間に、もう「与えられ始めている」そうだ。

裕福な暮らしが自分のもとにどんどん流れ込んできている。はやい。とってもはやい。

いわば、サンタさんに「NintendoSwitchが欲しい」と望めば、クリスマスにはキチンとSwitchが手元にやってくる、という感覚。

望んだらちゃんと訪れる。

でも、ぼくたち人間の大半は、望んだ後、すぐに望まない現実について意識を飛ばす、という。

豊かな暮らしを望んだのに、すぐに「お金のない今」を観察して、落ちこみ、不安になり、気分を悪くしている。

幸せな人間関係を望んだのに、すぐに「ストレスフルな職場」を思い出して、不満を浮かべ、気分を悪くしている。

NintendoSwitchを望んだのに、すぐに「やっぱりもらえるはずがない」とキャンセルして、Switchを持っている友達に嫉妬して、気分を悪くしている。

ぼくたちの多くはこんな状態だそうだ。でも、それも仕方がない、なんたって、人間は一日に6万回思考するけど、その8割はネガティブなことを考えているから。

単純に計算すると、世の中の8割はネガティブな未来を引き寄せていることになる。ドンマイとしか言いようがない。

反対に「まだ望みが叶っていない今をワクワクして、気分良く過ごしている人」というのは世の中の2割だ。

ワクワクしているだけで2割になれる。これは凄い。

だから、ぜひ今日一日を気分良く過ごしてほしい。すると、その気分(エネルギー)が明日以降の自分の現実を創って行く。

「今日」は昨日までの自分が創りだした。昨日までの「不満」が今日を創り出している。

今日、再び不安を感じたら、明日出来上がる現実は「不安な明日」だ。だから、今日からは「安心」を感じよう。

今日の一瞬一瞬をリラックスして、心地良く、良い気分で過ごそう。そういう風にして、自分の未来を自分で創って行こう!