博多に向かう新幹線に乗りながら、この文章を書いている。

朝8時前に新大阪駅に来たのだけれども、既に大勢の人達が何処かに向かおうとごった返していた。駅のホームのスタバにも長蛇の列が並んでいる。

これから三日間を福岡で過ごす。

今日は合唱ワークショップ in 福岡。明日は久留米でのライブにギター伴奏で出演。そして、春分の日の3月21日はイベントで数曲歌う。

旅に向かう朝はいつも高揚感で胸がいっぱいだ。そして、相変わらず旅はいつもあっという間に終わりを迎える。

旅は楽しいし、悲しい。

ラテとサンドイッチを買い、席に着く。

iPadで文章を書こうとしても、FreeWifiがいっこうに繋がらないので、仕方なくスマホでポチポチと文字を打っている。

いつもはキーボードでカチャカチャと書いていた。でも、今、こうしてスマホでタイピングしても、問題なく文章は綴れる。

昨夜、Instagramのライブ配信に出演させてもらったが、それもスマホ一台で配信が出来た。

ぼくは普段、パソコンを使ってYouTubeでライブ配信をすることが多いのだけれど、配信するにあたって結構面倒な手順を踏んでいる。いくつかのスイッチをパチパチとONにして、カメラのピントを入念に合わせる必要がある。

そもそもパソコンの電源を立ち上げるのもよく考えたら手間だ。

動画編集をするので、まだパソコンは手放せないな、と思うが、ドキュメンタリーを作っていなかったら、もうスマホだけあれば本当はそれで充分なのかもしれない。

旅に出るときは必要最低限のものしか持たない。それは荷物もそうだが、ありさまもそうだ。

本来無一物。

存在するものは全て空であり、我がものとして執着すべきものは一つもない。もともとは何も無かった。

過去の蓄積にこだわると、いつの間にか身動きが取れなくなる。

今までの成功なんてぶち壊してしまえ、と思う。ちっぽけな実績やプライドにしがみついて、何を誇らしげにしているのか。

世の中の殆どの人は自分のことなんて知らない。宇宙の塵のような存在だ。

人に好かれようと思わずに、孤立しても良いと腹を括り、衝動を貫く。

惰性的な人生などまっぴらごめんだ。