昨日、奈良県宇陀市の室生龍穴神社を参拝した。いつ以来だろう。

ぼくは2018年4月4日に初めて龍穴神社をお参りした。そして、その様子をYouTubeで公開したことから、大きく人生が動き始めた。

だから、自分にとって室生の龍穴神社の存在はとても大きい。

あの日からもう4年が経とうとしている。その4年に感謝の気持ちを伝えること。そして、これからも自分らしく生き、世の為人の為に働いていきたい、という意志を表明してきた。

ぼくは今、300本近くあったYouTubeチャンネルをすべて非公開にしている。

YouTubeは5年ぐらいやり続けてきて、動画の中には数十万再生回った、いわゆる「バズった」動画もある。

でも、自分が作った動画に、なんというか嫌気がさして、全てアーカイブした。もちろん、その時々で懸命に生きていたし、自分が面白いと思ったものを作っていた。

でも、何かを狙ったものが多かったと思う。

こんなサムネイルにしたら、より多くの人に見てもらえるだろうか?動画のタイトルにこんなパワーワードを入れたら、再生回数は伸びるだろうか?

テロップを散りばめることで飽きさせない工夫もしたし、音楽を効果的に多用することで、ある種の「誘導」も演出した。

そういうやり方が美しくないな、と今の自分は思っている。

もちろん、沢山の人に見てもらえるのは嬉しい。でも、そこに優先順位があると、マーケットのトレンドによって、自分の表現がズレていく。

そうじゃなくて「自分はこういう世界が好きだ」という、まずは誰にも迎合していない、直球を投げる。

・・・格好いいことを書いているけど、ぼく自身、まだまだ至っていない。でも、そういう気概はいつも持っていたい・・・

そして、その投げた直球を「好きだ」と言ってくれる人を大切にする。それが個人で仕事をしている者の生命線だと思う。

昨日の龍穴神社の参拝を動画にして、昨晩、YouTubeに公開した。

今日から4月1日。ぼくのYouTubeも心機一転、一本目だ。パワーワードを避け、誘導を避け、演出を避けた。

このやり方で、自分なりの動画世界を一つ一つ創り続けていきたい。また嫌気がさす日が来るのかもしれないけど。