一泊二日の青森出張を終えて、大阪の橋爪事務所に戻ってくる。

今朝はジム&プールの施設が定休日の為、次男を保育園に送った後は、事務所でさっそく、この二日間の様子をドキュメンタリー映像に仕上げた。

編集するのにかかった時間は約2時間で、50分ぐらいの素材を13分にまとめた。そして、このスピード感覚が自分の持ち味。

昨日までの様子を、こうやってすぐに皆に共有することが出来る。今夜の19時に橋爪大輔のほうのYouTubeチャンネルで公開するので、ぜひ観て下さい!

動画編集はやっぱり楽しい。

そして、自分の世界観をドキュメンタリーだととっても伝えやすいだろうな、と再確認した。

せっかく「 最速でドキュメンタリーを作れる 」という武器の一つを持っているのだし、まじでこれからは、出張に行った時はサボらずに撮影しようと心に決めた。

むしろ、撮影しなかったことによる機会損失が凄いなと。

まだまだ自分にやれることは多い。

まだまだ手を抜かずにやれる。このテンションだ。何も無理していない。余裕でやれている。

昨日、青森のやすえさんという方のゲストハウスで誕生日占い、みたいな本が置いてあって、そこで、ぼくの生まれた9月22日をみたら、書いてある内容がピッタリすぎて驚いた。

「あなたにとっては、たとえ当たり前の感覚に思えても、周囲からは考えも及ばないような大胆な発想力と行動力、繊細な心配りでみなを驚かせる」

「掲げた目標に向かって努力を積み重ねていける粘り強さと類まれな行動力を持ち、どんなことをやっても、圧倒的な存在感で目立つ」「その器は、小さな世界に収まらず、海外など、より大きな舞台があなたの活躍の場となる」

「カリスマ性もあり、人気運もあるので、才能が開花すれば、稼ぐ力は桁外れ。一代で巨万の富を稼ぎ出すだけの、才能とパワーを持っている」

ぼくがカリスマとして「 大変人 」の生き方を貫くとき、ぼくの人生そのものが「 生きるサンプル 」となり、多くの人の記憶に残るそうだ。

嬉しい言葉が並んでいて、これからの自分にワクワクした。これらの言葉をすぐに意識にダウンロードして、この感覚で今日からまた一日一日を過ごして行こう、と思う。