おはようございます!

昨日、思い切って本心を文章に書きました。すると、Instagramで熱いコメントをもらえたのが、とっても嬉しかったです。

これは、表現活動の目的の上位に「共感して欲しい」を求めにいくと、ブレるんだろうな、と思います。

例えば、文章を書いても反応がなかったり、ライブ配信をしても人数が少なかったりすると「共感してほしい」が先行している人は、苦しくなってくる。

そうじゃなくて、まずは一人、孤独な中で、本当に自分が感じていること、考えていること、伝えたいことを言い切る。

いつもいつも、渾身の一球を投げる気概で文章を書く。ライブ配信をする。

その真剣勝負は、残念ながら殆どの人にはスルーされます。見られたとしても、反応は特に来ない、と思っておいた方が良い。

殆どの人には届かない。

だからこそ、誰かの心にヒットして、共鳴が起きた時、「嗚呼、思い切って表現して良かったなあ」と心から思えるのです。

ぼくにとって、この朝に書いている文章は「渾身の一球」です。夜21時に行うライブ配信も「渾身の一球」です。

そして、プロはワンシーズン、ずっと舞台に立ち続けます。自分も表現活動において、ずっとマウンドに立ち続けたい、打席に立ち続けたいな、と思います。

だから、安定して渾身の一球が投げられるように、一日の流れをルーチンにしています。

22時には寝るようにする。
22時以降はスマホを観ない。
朝は6時には起きる。

寝起きすぐに、まずは表現者として表舞台に立つことを自分に課します。

起きてから、この文章を書き切るまで、SNSやLINEは見ません。

それは、誰かの人生を消費する側に回るのではなく、自分の人生の主役を生きることを最優先する、ということです。

文章が書き終わったら、8時までは動画編集をします。

YouTuberとしても活躍したい。だから、企画して、撮影して、編集して、公開する、というサイクルを定期的に回します。

8時になったら、シャワーをしてジムで身体を鍛える。

ジムでは1時間の筋トレの後にランニングマシンで有酸素運動を30分するメニューも一昨日から追加しました。

外出している間、スマホは家に置いておきます。トレーニング中に自分の意識を外に飛ばさない為です。

13時からzoomで橋爪塾の仕事。
夕方は弾き語りの練習。

夜は21時にライブ配信をして、そして、22時には寝る。

これを明確に決めておくことで、その日の気持ちの浮き沈みに関係なく、「表舞台に立つ」という状況を自分に課します。

それはアナウンサーが毎朝、決められた時間にニュース番組のスタジオに立つのと同じ。役者が毎晩、決められた時間に劇場の舞台に立つのと同じです。

それをぼくはセルフでやっている、というだけです。ぼくにとって、文章を書くことやライブ配信をすることは仕事です。

そうやって、一日の中にサイクルが出来て、回転がスムーズに動き始めると、思ってもなかった「いい流れ」がやってくる瞬間が一年の中に何回か訪れます。

流れに乗って、人生の大きな成長期を迎える瞬間がやってきます。飛行機が陸から飛び立つ瞬間です。

それが来るように、昨日も今日も明日も、淡々とやるべきことをやる。惰性でやらずに毎回、一球入魂でやる。

望む方向へ向かう為に、一緒にこつこつやっていこうー!ぼくも頑張ります。

2022.09.20(火)

p.s.

今夜21時からTwitterのSpaceで音声配信をします。ゲストは才雅さん。

最近、シンガーソングライターとしても挑戦をし始めた才雅さんの胸の内に迫るようなインタビューが出来たら、と思います。