37歳の誕生日を節目に、改めて、自分のことを皆に知ってもらいたい、応援してもらいたい、ということで、連載を始めて、今日で【 004 】です。

ぼくは今、こんな感じの仕事をしています。

橋爪塾 塾長
アーティスト
合唱指揮者
YouTubeクリエイター
編集者
プロデューサー

今回はYouTubeクリエイターについて書きます。

最初は、子供が公園で遊んでいる様子をスマホで撮影して、スマホで編集することから、ぼくの動画作りは始まりました。

しばらくして、ぼくの周りにいる面白い人達、素敵な人達に密着してドキュメンタリーを作りたいな、と思いました。2016年ぐらいの話です。

DJに挑戦しようとしている人、素人で百姓を始めた人、仕事がないのにニコニコしている人…

殆ど自腹での「遊び」でしたが、作ることが楽しかった。一本作るごとに出来ることが増えて、撮影も少しずつ上手くなっていきました。

そうやって、動画を作って遊んでいるうちに、一冊の本に行き付きました。それが小野寺S一貴さんが書かれた『妻に龍が付きまして…』です。

この世には見えないけど、龍神という存在がいて、いつもぼくたち人間を応援してくれている。

そして、龍神と繋がれば、人生はあっという間に好転する。龍神は神社や川や滝などに居るらしい。

そんなことを知ったぼくは、ぼくと同じく暇をしている水野嘉彦くん(よしくん)や前田智章くん(当時はスコップ)を誘って、奈良県宇陀市の龍穴神社を訪れます。

その行動をきっかけに、当時は龍遣いと名乗られていた江島直子さんと出会い、ぼくは初めて「御神託」という体験をします。

そこから、ぼくは一気にスピリチュアルの世界に突入しました。

当時、スピリチュアルカウンセラーSHIORIさんと出会い、伊勢神宮の天照大神による「御神託」を受けたり。

当時、お稲荷やすじさんに案内してもらって、五大弁財天巡礼の旅(江ノ島、竹生島、金華山、天河、厳島)をしたり。

スピリチュアルYouTuber、自分大好きもっちーや、ぱっさん、ワンネスのYurieさん、サティ、akiko spiritualと出会って交流を深めたり。

そして、スピリチュアルの世界に没頭した時間を抜けた先が「弾き語りの活動」に行き着いた、というわけです。詳しくは一昨日の文章【002】をご覧下さい。

だから、ぼくにとって、初期のYouTube活動は、人とのご縁を頂くきっかけ、だったのかもしれません。

そして、人と出会って交流して、刺激を受けたことにより、ぼくはぼくの人生を少しずつ歩み始めています。

これからのYouTube活動は、その自分の人生を歩み始めた橋爪大輔の「自分の記録」として、発信し続けて行きたいと思います。

自分の人生はここからで、まだまだこんなもんじゃない。絶対に面白い展開を生み出してやる。成り上がってみせる。

その一部始終をYouTubeで表現して行きます。では、今日はこの辺りで。

2022年09月25日(日)【 004 】

p.s.

今夜は21時から橋爪事務所のYouTubeチャンネルでライブ配信を行います。今日は一人で話すと思います。ぜひ観に来て下さい!