自分のことを改めて皆に知ってもらいたい、ということで、連載を始めて今日で【005】です。ぼくが取り組んでいる仕事はこんな感じです。

橋爪塾 塾長
アーティスト
合唱指揮者
YouTubeクリエイター
編集者
プロデューサー

今回は編集者について書きます。

今年、編集者として二つの作品に取り組みました。

一つは「 YURIE哲学 スピリチュアル編 」もう一つは「 突き抜けろ!宇津雄一物語 」です。

どちらのプロジェクトも自ら企画し、制作から販売まで担いました(もちろん、著者と連携しながら)。

最初から「編集者として作品を作るぞー!」という想いがあった、というよりかは「この人の話を聞きたいな」「この人の物語を聞いて、それを文章にしてみたいな」という衝動のままに進めたら、形になった、という感覚です。

YUREI哲学の方はインターネット上に文章を掲載する、ウェブコンテンツ(3,000円)という形式をとり、86人が購入。また、著者のYURIEさんのライブイベントに参加された40人ぐらいの方々には無料で配布しました。

宇津雄一物語は、紙に印刷して、最後にオリジナル曲『 突き抜けろ!! 』の音源を掲載。フォトブックの形式で100部を無料配布しました( クラウドファンディングで66万円を資金調達 )。

制作方法については、YURIE哲学は2回に分けてzoomでインタビューを行い、12,000字の文章に纏めました。

宇津雄一物語はTwitterのSpaceで公開インタビューを行い、2,000字程度の文章に纏めました。

著者の世界観や、歩んできた道のりをわかりやすく文章にしたり、物語にする行為が、ぼくは好きなんだなあ、と、二つの作品を通して感じました。

「 Yurie哲学 」と「 宇津雄一物語 」はこれで完成ではなく、著者と一緒に育てていけたら嬉しい、と思っています。

タイミングを見計らって、改めてインタビューをして、今の文章に追加で書き加えたり、今とは表紙を変えたり、作品を元に何かリアルイベントを開催したり。

一度作って終わり!・・・じゃなくて、時間をかけて中身を深めていく。そんなアップデート(最新の状態に更新)型の作品に出来たら幸せです。

そうすることで、著者の考えや人となりを、ぼく自身がより深く知っていきたいです。

もちろん、他の人でも「あー!この人、素敵だなあ!」「この人の物語を文章という作品にしたいなあ」と思った人にはぼくから声をかけて、一緒に物語を紡いでいきたい。

そんな動きもして、関わる著者の数も少しずつ増えていったら嬉しいなあ、と思います。

別にぼくはどこかの出版社で勤めていた経験もなければ、ライティングの仕事をしたことも、本作りの仕事をしたわけでもありません。

全て、素人の取り組みです。でも、自分のことを「編集者」と名乗って、文章表現で作品を生み出していく。

その活動をぼくは面白い、と感じているので、自分のペースで、自分のスタイルで、これからもやり続けて行きたいです。

もちろん、機会があれば、どんどん勉強もして行きたいです。どこかの出版社で一定期間、何らかの形で働けたら(関われたら)嬉しいな、と思います。

ライティングの勉強もしたい。

ということで、自己紹介編は次回が最後です。

2022年09月26日(月)【005】

p.s.

今夜は21時からTwitterのSpaceで音声配信をします。

ゲストは5日後に銀座で人生初めての個展とライブを主催&出演する「すみれちゃん」です。ぜひ、聴きに来て下さい!