これまで7回に渡って「橋爪大輔は今、どんな活動をしているのか?」について書き続け来ました。

今回から新たな企画を始めます。それは「ご神託検証シリーズ」です。

ぼくは2018年に龍神について書かれた本と出会ってから、人生が大きく動き始めました。

スピリチュアルな活動をする中で、様々な霊能力者と交流する機会にも恵まれました。

そのスピリチュアリスト達から、ご神託であったり、メッセージであったり、色んなアドバイスをもらってきました。

当時、どんなご神託を受けていたのか?そして、今、振り返ってどう思うか?を一人ずつやってみよう!

それが「ご神託検証シリーズ」です。

初回は江島直子さんです。

ぼくが初めて出会った霊能力者が直子さんです。2018/05/21にYouTubeで公開した龍穴神社・完結を今一度、観返して、直子さんからのご神託を振り返ります。

直子さんを通じて、龍穴神社の龍神さんから言われたメッセージを書き起こします。

「今、住んでいる大阪の自宅だけが拠点ではない」「大阪の自宅はあくまで拠点の一つ」

「人間は頭で考えてしまう。今の生活水準とか、今、大阪に家を構えている、とか。そういう頭で考えることと全然違うことがやってくるから、拠点の一つとして捉えるのはいいけど、大阪から動かない、となると見落とすことがある。」

確かに、この後、ぼくは国内をむちゃくちゃ移動することになります。この数年間で、本当に沢山、新幹線に乗りましたし、飛行機に乗りました。

沢山の人との出会いがありました。

2018/07 三重
2018/08 大阪
2018/08 広島
2018/09 東京
2018/09 北海道
2018/09 仙台

龍神さんのご神託通り、大阪を離れることが多くなり、それまでとは比べ物にならないぐらい沢山の人と関わるようになったのが、2018年です。

2018/11 愛知

「もっと大きな規模で活動していく。」

「あなたは色んなものをこれから獲って行く。獲って行くか?と言われた時に、獲って行きます、とあなたは言うと思う。それと同時に捨てていかないといけない。捨てる時に、それが凄く迷うだろう。そこの腹が決まっているかどうかによる。」

「結局はあなたはする人なんだけど、スピード感が違ってくる。それを捨てられなかったら、捨てられるまで長く次に行くまでに時間がかかるし、バッと捨てられたら次にまたいける。」

これは今、振り返ると何なんだろう?と思った時に、一つは「スピリチュアリストとの出会いと別れ」なのかな?と今までは思っていました。

例えば、江島直子さんとご縁が切れたな、と思ったら、今度は当時・スピリチュアルカウンセラーのSHIORIさんとご縁が生まれます。

SHIORIさんとご縁が切れたな、と思ったら、今度は龍神の本を書いた小野寺S一貴さんとご縁が生まれます。

タカさんとご縁が切れたな、と思ったら、今度はYouTuberの自分大好きもっちーとご縁が生まれます。

・・・みたいに、不思議なことに、ぼくはこの数年、まるで「彼女」のように、霊能力者に出会っては別れ、出会っては別れを繰り返してきているのです。

長くなってきたので、続きは明日書きます。

2022/09/29(木)【008】

p.s.

今夜はNIJIROCK2022でギターを弾いてくれた宮田潤くんのライブを観に行くので、夜のライブ配信はお休みです!