おはようございます!横浜に向かう新幹線の中で、この文章を書いています。

爽やかな気持ちです。

昨日、インド在住のYouTuber akiko spiritualと、akikoちゃんのお姉さんのsoraさんに「コズミックサージャリー」(宇宙的外科手術)をしてもらいました。

ぼくたち地球人にはネガティブインプラントという、異物が埋め込まれているようです。

インプラントが発動していると、人間は自分本来の才能を使うことが出来ず、無力感が芽生え、「自分は大したことのなことのない人間」と洗脳されるため、リーダーや師と呼ばれる「凄い」存在にしか従う道はないと思うようになる、そうです(アネモネ 2022年4月号より)。

ぼくは9月22日が誕生日で、akikoちゃんも同じの為、久しぶりに「おめでとう」というやり取りをしたことから、このネガティブインプラントの話を教えてもらい、取り除こう、という流れになりました。

それで、昨日、実際にやってもらったのですが、今、実感として「これから先は希望しかないなあ」という気持ちです。この感覚がずっと続いて欲しいなあ。

では、実際にどんなことを言われたのか、ざっくりと共有します。

ぼくの一番のポイントは「ハートチャクラがロックされていた」ことだそうです。ロックされているため、根源と繋がっているようで繋がれていない。

それはつまり、人間関係で、人のことが信じられなかったし、人との距離感がわからなかった、とのこと。

その状態でコミュニケーションをとっていたのだから、今まで相当に、緊張感があっただろう、と慰めの言葉ももらえました。

そのインプラントを取り除いたことによって、ぼくは今、宇宙の根源の愛としっかり繋がった状態にあるそうです。

これから感じたことのない安心感の中で、活動をしていく、と言われて嬉しかったです。

「高次元のエネルギーは、拡げようと頑張らなくても、放っておいても、勝手に拡がっていく」とのことで、ぼくの場合、特に人と繋がることで拡大していくらしいのですが、

soraさん曰く「輪廻転生システムの中で、ある次元以上になると、上と繋がれないように、ぼくはロックをかけられていた」ようです。

なので、人と繋がっても、ある時期になると、まるで磁石のように反発し合う。それはぼくの性格のせいではなく、インプラントがそうさせていた、という言葉にも救われました。

出会っては別れる、という体験をこの数年、嫌というほど経験してきたので、それがもう終わったのだと思うと、こんなに嬉しいことはありません。

では、なぜ、そんな強力なネガティブインプラントが埋め込まれていたか?

それは橋爪大輔という人間が「地球をアセンションさせる大きな存在」だから、狙われていた、とのこと。

・・・何だかそう言ってもらえると、物語の主役みたいで嬉しいですよね。

ぼくは驚くほどの大きな志を持ち、この地球に目的を持って生まれてきたそうです。

そのヴィジョンは地球規模ぐらい大きなもので「全ての人に幸せになって欲しい」「全ての人に自分らしく生きて欲しい」という志があるとのこと。

そして、そのヴィジョンを体現していくプロジェクトがこれから動き始めてくるみたいです!これにはワクワクしかないです。

今までご縁の無かった人達と繋がり始め、ぼく自身、体験したことのないことをやっていくそう。

akikoちゃんを始めとして、色んな人とコラボもしていくだろうし、今までとはステージが変わってくる、海外にも行くだろう、とのことでした。

嬉しいなあ、と思ったのは、もう既に、ぼくは能力は開花していて、でも、ロックされていたため、いつも振り出しに戻されていただけだと。

だから「これからも今まで通り、君らしく、無邪気に楽しんで行けばいい。すると、ご縁はどんどんでかくなる」とのことでした。

なんというか、とても自信になりました。実際、今、身体も心も軽いです。

他にも細かいことをいくつか言われたので、また明日、書くモチベーションが続いていたら、共有したいと思います!

それでは今日はこの辺りで。