生野はコナモンの町。ピザもコナモン。生野に根づいたピザを作っていきたい

最近、関西テレビ『よ~いドン!』の【隣の人間国宝さん】さんにも認定された、桃谷商店街のピザ屋さん・カサディエッロの店長・塚本敬次さんを紹介します!

11960161_996658810379834_530445574383174409_n

塚本敬次さん(42)
大阪の寺田町出身

dsc_0007.jpg
取材日 2017.02.03

橋爪 

Facebookを見ていて、2014年4月にパン屋さんで修行を開始されていますよね。修行する中で、ピザに興味を持たれていったのかな?という印象なのですが、、

塚本

美容室を50年以上している母親は、パンが好きなんです。知り合いに美容室でパン屋をされているところがあって、そこのパン屋さんの話を聞いて、「うちも美容室とパン屋をやりたい」となったんです。母親から「パン屋をやらんか?」と言われたのがきっかけで、学校の教員(美術)で夏休みもボーナスもあったんですけど、40歳前になって辞めます(笑)

まあ、後々良く考えれば、自分のお店でライフワークとしてアートと関われてやっていけたら良いな、ということで、店内に作品を展示したりしています。そういう場が欲しいな、とも思っていたところでもあったんです。

例えば、この商店街の奥に青木さんという方の絵画教室があるんですけど、そこの生徒さんの作品を飾ったりしています。あとは、人間国宝にも選ばれたガンチャンの紙芝居なんかも展示していけたら、と思ってます。

15078676_1813793348861805_2126275266002765630_n
2016年11月に店内で作品展を開催
16265927_1063524993774348_6748048948719048706_n.jpg
紙芝居のガンチャン (写真:金康裕)

それで、パン屋さんで勉強し始めたんですけど、パン屋さんの先生が言うには、「パン屋さんは季節ごとに、手を換え品を換え色々しないといけない」。そんな時、ピザを調べていくと、ピザの耳の部分が『額縁』(コルニチョーネ)という。つまり、ピザはアートなんですよね。それを知って面白いな、と思って。だんだんと「ピザがやりたい」という気持ちが膨らんできんです。

塚本さんは2014年9月にイタリアへ。ジュゼッペ師匠のもとで、ピザ作りの修行をします。

fb_img_1486110702753.jpg
修行中の塚本さん
fb_img_1486097485282.jpg
ジュゼッペ師匠と

日本に帰国後、2015年5月に桃谷商店街にてピザ専門店・カサディエッロをオープンしました。

dsc_0004.jpg

dsc_0005.jpg

ぼくは新婚旅行でアフリカに行ったんですけど、そこにもピザはあるんですよ。だから、「ナポリの~」「イタリアの~」っていう地方食じゃなくて、世界食やと思うんです。そして、地域ごとのピザがある。

生野ってコナモンのまちじゃないですか?生野には生野のコナモン文化がある。そこにあったピザがあるだろうな、と思ってるんです。生野の方々に合ったピザは何だろうな、と考えながら、日々、自分が美味しいと思った小麦粉をブレンドして作ってます。

橋爪

和ヌードル鈴七さんと話が合いそうなぐらい、こだわってはるんですね(笑)

塚本

生野のイカ焼きとかたこ焼きとかと一緒に、ピザを受け入れてもらえたら嬉しいな、と思うんです。ただ、正直な話、まだまだなかなか掴めてないんですよ。自分は良いと思ってやっているけれど、それを街の方々に知ってもらえたら嬉しいです。

dsc_0008.jpg

橋爪

「生野はコナモンの町。ピザもコナモン。生野に根づいたピザを作っていきたい」という言葉は、すごく響きました。その塚本さんの言葉を生野区の人に伝えたいな、と思いました。

おすすめメニュー

マルゲリータ(600円)にモッツラレラチーズ(200円)をトッピング。となりの人間国宝さんでも取り上げられた商品です!

dsc_0010.jpg

薪窯・焼き野菜ピッツァ
カサディエッロ

住所:生野区勝山北1-5-1
桃谷駅前商店街内
電話:06-6717-9999
営業時間:11:00~20:00
定休日:毎週火曜日
第二・第三水曜日

Facebookページはこちら
twitterはこちら

ママの癒しの場を生野区で創りたい

生野区に『ママの癒しの場を創りたい』という想いを持った女性がいることを、皆さんはご存知でしょうか。

今回の【いくのな人】は、生野区桃谷でキッズルームnicoの活動をされている、中峯佳代子さんを紹介します。

中峯佳代子さん

生野区生まれ生野区育ち。保育士資格・幼稚園教諭二種免許・ACE認定チャイルドマインダー・救急救護法講習修了。私立幼稚園に8年間勤務。ただいま、三兄弟の育児、真っ最中です!

13697075_756942627780093_8984222881038317946_n

キッズルームnicoについて

キッズルームnicoは生野区の桃谷にある、託児所付きのイベントスペース。『ママ達の癒しの場・勉強の場になれば』という想いで、かよちゃんこと中峯佳代子さんが運営されています。

dsc_0001

どういう想いで取り組んでいるんですか?

2016年の1月頃からnicoを始めました。ここを始めて感じるのが、『自分のやりたいことのために子どもを預ける』ということに罪悪感を感じているお母さんが多い、ということ。

講座をしていて、別室で私がお子さんを見ている。終わってママ達が迎えに来たとき、だいたい第一声が「ごめんね」って言いはるんですよ。子ども達は楽しんで遊んでいるのに、申し訳ない気持ちになるお母さんが多いんです。

キッズルームnicoの良さは『子連れで来られる』こと。ママのやりたいことや勉強したいことがあったとしても、子ども連れでは行けない所だと、別の施設にお子さんを預けないといけない。

でも、うちだったら、すぐ隣にいる。笑っている声や泣いている声が聴こえる、という安心感がある。そんな声をお母さんたちから聞いてます。

もっと普及することで、ママ達の癒しの場・勉強の場になっていけば良いな、と思ってます。

dsc_0001.jpg
セミナースペースのすぐ隣に託児スペースがあります
16357606_868780699929618_174465829_o.jpg
セミナースペースはこんな感じです

かよちゃん自身は元々、幼稚園の先生だったんですよね?

生野区の幼稚園で8年働きました。その後、出産して子育てをしてさらに8年。合計16年ほど子どもと関わっています。

子育て中にチャイルドマインダーの資格も取得されたんですよね?

次男出産後、2012年ぐらいに取りました。チャイルドマインダーの資格は幼稚園の先生の資格と少し違います。幼稚園教諭の資格は、集団生活においての指導の仕方を教えてもらう。一方で、チャイルドマインダーは個人。少人数のプロフェッショナルの資格です。

子どもを産んでから、『お母さんの癒しのために動きたい』という想いが大きくなったので、託児をしたいな、ということで、資格を取りました。

チャイルドマインダーとは、信頼される家庭的保育のスペシャリストのことです。 英国では100年以上の歴史があります。 家庭外保育を必要としている全英の71%の子育て家庭が利用しています。 お預かりするお子様の年齢は0歳から12歳までを対象としており、子育て家庭の育児・教育方針に沿い、安全で安心な保育を行います。(NCMA,JAPANより)

現在はどんな講座が開かれているんですか?

ベビーマッサージや、子育ての勉強会やお話会、フラワーアレンジメント、出張ネイルも来てくれています。

16409190_868780729929615_730458379_o.jpg
この日は山口未夏さんによる、わらべうたベビーマッサージの講座が開かれました

山口未夏さんのブログはこちら

かよちゃんの夢は?

最終的な夢は『キッズカフェ』です。

子どもを連れていけるお店、って最近増えてるけど、子どもを連れて行ったところで、子どもの世話はお母さんが結局しますよね。子どものことをしながら、ご飯を食べないといけない。店内に遊ぶスペースがあっても、ほったらかしにはできない。

そうじゃなくて、ほんまにわかれてしまう。子どもはキッズスペースで。お母さんたちは一緒に来たお友達とゆっくり食事してください、っていう場を提供することが夢です。

生野区が羨ましい!?

最近、生野区ってすごく動いているじゃないですか?羨ましがっている人もいるんですよ。子育て関連の取り組みって他の区でも多いけど、「生野区は和気藹藹な雰囲気が漂っている」っていう話も聞きます。

「逆に生野区心地良い」みたいな(笑)

そうそう(笑) せやで、やっと気づいてくれた!?みたいなね。生野区の良いイメージを拡げていきたいですよね。

dsc_0014

キッズルームnico

施設利用料

nico使用料は、1人500円です。例えば、5人参加の場合は2500円を、主催の方からいただきます。※ 託児が必要な場合は、お子様お1人につき500円を別途いただきます。

施設利用に関するお問い合わせやお申し込みは、Facebookなどを通じて、直接、かよちゃんまで連絡をお願いします。ぼくにメッセージを下さった場合も、お繋ぎしますね。

★ 中峯佳代子さんのFacebook
★ 中峯佳代子さんのブログ

障がいを持つ方が地域の中で暮らすために | 細川速見さんに生野区でお話を聞きました

生野区の田島にあるカフェおりにゃん。ここのランチは、この贅沢さでなんと500円!

1481259964154.jpg

その理由を、細川速見さんにお聞きしました。

dsc_0003.jpg
聖フランシスコ会・理事長 細川速見さん(71)

地域で共に暮らす

カフェおりにゃんは社会福祉法人 聖フランシスコ会 生野みんなの家が運営しています。

3階立てになっていて、知的障がいを持つ方のグループホームです。個室があり食事付きで、25~45歳の方が生活されています。

これまで、障がいを持たれた方はコロニーという施設で集団生活をされてきました。今も100か所以上のコロニーがあるそうです。しかし、細川さんは「健常者と障害者を分けてはいけない」と話されます。

施設の中ではなく、地域で住みたい、と思う方はいます。でも、日本は学校時代の『養護学校』によって壁が出来てしまう、と細川さんは言います。

子ども時代に障がい児と共に育ち合ったかどうかで、大人になった時に、知的障害に対する理解は変わってきます。クラスの中に障がいを持つ子がいるだけで違うのです。

グループホームの一階にあるカフェおりにゃんも、カフェと言う形にして地域に開いています。そこでは午前中に障がいを持たれた方が食事を運んだりお皿を洗ったりしています。

その様子をお客さんに見てもらったり、コミュニケーションをとることで、地域と共に暮らす文化が出来れば、、。そう細川さんは考えていらっしゃいました。

橋爪より

わずか1時間程度のインタビューでしたが、心に刻まれました。生野区の田島に来た時はおりにゃんにこれから行きたいな、と思いました。細川さん。繋げて下さった桃原さん、ありがとうございました。

カフェおりにゃん

大阪市生野区田島2-8-9
06-7172-8853

★ いくのの日とは

生野区のお店が協力し合ってイベントをする

2年程まえから『生野区のお店を取材して紹介』という取り組みをボランティアでするようになりました。

毎月19日は『いくのの日』として、お店にいくのの日の旗を掲げてもらい、ぼくはそのお店をブログやFacebookで発信する。そんな取り組みです。頻度は多くないですが、空いた時間を見つけて色々なお店を紹介してきました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
区役所の広報誌にも掲載してもらいました

そんな中、新たな動きが始まろうとしています。お店の方ぼくは繋がりがあります。今度は、お店同士で繋がりが生まれたら!ということで、集まる場を設けています。

当初は「いくのの日を掲げているお店でバルをしよう」と考えていましたが、飲食店やエステなど業種が違うので、今すぐは難しそう。どういうことをしていこうか、からアイデアを出しました。

dsc_0031
昨夜は葉菜茶(桃谷駅北口すぐ)にて

すると、「飲食店同士、お互い助け合っていきたいよね」という雰囲気に。それなら、それぞれのお店でイベントをする(1月は葉菜茶、2月はteatime、のような)。そのイベントを他のお店が助け合う(宣伝をしたり、当日スタッフをしたり)。そんな話になりました。

dsc_0026
お店の方々と

お店同士が互いに情報を交換したり、協力し合う。そんな素敵な下町感が生野区の良さだなと改めて感じた昨夜でした。この取り組みがどう拡がって行くかはやってみないとわかりません。

でも、みなさん、「生野区を盛り上げていきたい」という気持ちは一緒ですので、とりあえず、まずはやってみようと思います!

第一弾は「葉菜茶」さん。1/22(日)17:00~21:00。「日本酒とおばんざい はなちゃBar(略してハナバ)」のイベントを行います。女性限定。男性はまま子が公認した方のみ。今日、まま子さんとイベントページを作ります。よろしくお願いします!

★ お店の皆さま

次回、12/19(月)にミーティングをします。場所はcafe tea time(勝山北2-13-3)。「生野区を盛り上げたい」というお店の方でしたらどなたでもご参加出来ます。お気軽にお問い合わせください!

井上正弘さん(個別学習塾 SEIKOU塾)

生野区の田島で30年続く個別学習塾・SEIKOU塾井上正弘さんを紹介します。

将来の先が見えた

井上さんは、関西学院大学に通われた4年間、家庭教師のアルバイトをされました。

その後、銀行に就職されて10年。

自分の将来の先を考えた時に「歯車の一つとして働くのではない生き方をしたい」と決意。そこで、学生時代の家庭教師の経験を思い出し、銀行を退職。

大手の塾で改めてノウハウを学んだ後、生野区で学習塾を開業されました。

絶対に成績をあげる自信

30年続いているのは、塾に来る子ども達一人ひとりと懇切丁寧に向き合い、成績を伸ばしてきたから」と話す井上さん。

問題が解けずに詰まっていたら、その類題を幾つも用意することで、その子に応じた専用のカリキュラムを作る手作り教育が自慢です。

「入ってきた頃よりも絶対に成績をあげる自信がある」と井上さんは話されています。

 SEIKOU塾

個別学習塾・塾歴30年

住所:生野区田島2-6-25
電話:080-3809-9723
HPはこちらを御覧ください

※ 大阪市塾代助成事業に参画中

dsc_0005.jpg


design

毎月19日がいくのの日。いくのの日は生野区の魅力的な個人・お店などをボランティアで紹介しています ⇒ 詳しくはこちら