【発信する】と【しない】には大きな差がある

30日で家を捨てる』というブログを以前紹介しました。このブログを書いてる奥様(あざらしさん)とは2013年に大阪大学でワークショップデザイナー育成プログラムを一緒の期で勉強した仲です。

ちなみにご主人のブログは『週休5日からはじめよう』。かなりキャッチ―なタイトルです。ご夫婦二人で暮らすときに、家を所有せずにゲストハウス暮らしをすることで、住む地域を限定せずに、国内外を問わず様々な場所で生活する。そんなコンセプトです。面白いですよね。

一件目のゲストハウスに30日定住した後、最近、2件目のゲストハウスに引っ越されたそうで、引越しにかかった時間はわずか30分。いや~、家を買ったぼくが言うのもなんですが、こういうミニマリスト的な暮らしを自分もしたいです。橋爪家も3月に引越しをするので、そのタイミングでモノを極力減らしたいな、と思っています。

さて、そんな奥様のあざらしさんが、ぼくのことをブログで書いてくれました。嬉しいです。

毎日ちゃんと時間を決めてブログで発信を継続している知人がだいちゃんです。なんと、ブログを継続して381日目、ブログ毎日更新してたらウィーンに行くお仕事がきまったそうな!!

だいちゃんは2013年ごろに通っていた、大阪大学の講座で一緒だった、合唱指揮者さん。ベンチャー企業サラリーマン戦士しか知らない当時の私にとって、演劇、合唱指揮者っていう職業は全然想像できなくて、結婚してお子さんができた時には「すごいなー。食べていけるのかなー」とこっそり勝手に心配した記憶があります。(ごめんなさい、、、)

でも毎日丁寧に書かれてるブログが面白くて、町に根差し、人とのネットワークをつくり、皆に愛されて、着実に「自分のしごと」を作っていっている姿に、すごく感銘をうけました。ブログの隠れファンです。黙っててごめん。

私がこのイエステ企画について書いた時も、一番最初にポジティブな反応をくれて、自分のブログにまで書いてくれたのもだいちゃんです。こういう情報感度の高さ、信頼できる人柄、スピード感、そして続ける力がだいちゃんの魅力だなー。すごいなー。

全文はこちら

ぼくが毎日発信をし続けられているのは、やっぱりエクスマで学んだことが大きいです(最近は、ブログの立ち位置も変わりつつあるそうですが)。もちろん、その発信の『質』を問えば、ぼくなんかは全然です。手抜きですし、自分本位な内容も多い。

でも、そうだとしても【発信する】と【発信しない】の間には大きな差があると思います。

発信していると、久しぶりにあった方からも「家買うんだね~」とか「ウィーン行くんだね~」なんて声をかけてもらえます。「ボイトレやってるんですね!お願いできますか?」とSNSやブログを通じて仕事のお問い合わせも頂きます。

だから、個人で仕事をしている人なんかは特に「毎日」書いた方が良い。他の人はわかりませんが、ぼく自身はそう受け取りました。なので最低一記事は毎日書いています。

あざらしさん、ブログもPodcastも楽しみにしてますよ~!

【12/15】 プロ・ヒッチハイカーのトークライブを大阪・生野区で

今日はイベントのお知らせです。

今度、広島からプロ・ヒッチハイカー正垣紅(しょうがき・こう)さんにお越しいただき、ヒッチハイクに関するトークライブを大阪市生野区で開催します。

トークを盛り上げるのは横山文洋(ニックネームはわいざん・広島出身)。今年、エクスマ塾で共に学んだ同期(75期)です。

プロのヒッチハイクとは何か?自分達にもヒッチハイクが出来るのか?など、興味深いお話が聞けそうです。きっと楽しいと思います!

14955984_1120392394722801_6393291817123830135_n.jpg
プロヒッチハイカーの紅(こう)さん

【参加申し込みはこちら】

 わいざんよりメッセージ

日本ヒッチハイク協会の次期会長である、紅さんとわいざんのヒッチハイクをテーマにしたトークライブ。

ヒッチハイクは単なる交通手段じゃない!人助けの気持ちを持った人、面白い人に会うためのツールなんだという事を、このプロのヒッチハイカー紅さんの話を聞いてて僕は思いました。

ただ、この紅さんのんびり笑いながら話すので、爆笑ヒッチハイクエピソードはたくさんもってるのですが、引き出すのが大変!そこで、このわいざんがその魅力と真理を引き出すトークライブ形式でやります。

当日は、ヒッチハイクで広島をスタートして、大阪にゴールします!他にもゲストスピーカーを迎える予定です!みんなで盛り上がりましょう♪

DSC_8883
わいざんこと横山文洋

 日程

2016年12月15日(木)
19:00~21:00

 料金

2000円

 定員

15名

※ 参加者が増えたら近くの大きい会場に変更する可能性あり

 場所

イベントと、ギャラリー
itochiha(イトチハ)
(大阪市生野区桃谷2-16-8)

itochiha(イトチハ)のオーナーの伊藤千春さんは山形出身・生野区在住の建築士さん。先日、芋煮会を主催されました。また、橋爪家の空き家の設計も担当して下さっています。

【参加申し込みはこちら】

※ Facebookをされていない方はこちらからお申し込みください。

情報発信を続けることについて

おかげさまで、2015年11月7日から始めたブログが、今日で一年になりました。365日更新して、合計417記事になりました。2年目も引き続き書き続けていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

きっかけ

ブログを本格的に書き始めたきっかけは、2015年の10月27日に大阪の産業創造館で、エクスマを提唱する藤村正宏先生の講演会(題して『情報があり過ぎる時代に、選んでもらうためのエクスマ・SNS活用セミナー』)を聴いたからです。

DSC_0046.JPG
藤村正宏先生

誰でも出来るようなこと(例えば、ブログを書くこと)を、誰もできないくらい続ける』。

その言葉に惹かれたぼくは、WordPressで独自ドメインを取得して個人のブログを開設。妻と握手を交わしたあと、毎日1記事更新を目標に365日書き続けてきました。

これも藤村先生ですが、『人はよく知らない人を信用しない。情報量が少ない人を信頼しない』という言葉もあります。自分の【仕事】に関する発信はもちろんのこと、【趣味】【大切にしていること】【家族】【地域活動】なども全体的に情報を出すと、そこから繋がりが生まれやすい、と感じています。

一年続けてみて

例えば、ぼくの場合でいうと、【合唱団】に関する投稿を積み重ねた結果、『京都 合唱』とGoogleで検索すると、自分の合唱団のHPが上位にヒットされるようになりました。定期的に見学者の方からお問い合わせも頂いています。

dsc_0052
合唱団の練習より

あるいは、【生野区】に関する投稿を積み重ねた結果、生野区に住んでいる方から問い合わせを頂き、自分の住んでいるまちに知り合いや友達が増えました。

【合唱指揮】に関する発信を続けた結果、音楽の先生から指揮に関する講習会のオファーを頂いたり、旅行会社の方との企画も生まれました。

13240031_10206582783790077_384432765834042129_n
生野区での繋がりも増えて来ました

何より、毎日のように書いているので、頭で考えたことを文章化する習慣がつきます。それだけでもブログを書く恩恵はあると思います。皆さんも良かったらぜひ!

読んで下さっている方に楽しんでもらえるように、2年目はますますエッジの立った、さらけ出した文章を書こうと思います。これからもよろしくお願いします。

DSC_0068
ブログを書き始めたころは、まだハイハイしていました

330日間、ブログを書き続けるには

ぼくは飽き性で、一つのことを長くじっくり続けることが苦手だ。「よし、やろう!」と意気込んでも、大体は途中で「今日はもう良いか」と甘えてしまう。英語の勉強もそうだし、ランニングもそう。

そんなぼくでも、今一つだけ毎日続けられていることがある。それがブログの更新だ。調べてみたら、今日で330日連続で書き続けている。あともう少しで一年だ。

去年の11/7にWordpressで書き始めた。最初の投稿をする前に、なぜか妻に「頑張るよ」と言って握手をした。そこから毎日更新し続けている。

ブログを書き続ける理由は、去年の10月から学び始めたエクスマ(『ものを売るな、体験を売れ』という真理を伝える藤村正宏先生によるマーケティング塾)の影響が大きい。そこで藤村先生は『受験勉強するように、とにかく一年間、ブログを書き続けなさい(そしてSNSで交流しなさい)』と教える。

ブログを書き続けることや、SNSで交流すること自体は誰でもコストをかけずに今すぐに出来る。でも、それを毎日コツコツとやり続けた者のみが圧倒的になれる。ぼくは、そう学んだ。圧倒的になりたくない人なんているのだろうか。だから発信を継続している。これがブログを書いている理由だ。

ブログを書いていて良かったこと。例えば、最近活動を始めた『親子で合唱サークル』は練習をすると、翌朝、その模様をブログにまとめている。昨日、朝起きるとFacebookのコメントに『関西大学でママ達のイベントがあるので参加してはどうですか?』というお誘いを頂いた。

さっそくメンバーにLINEで相談して、全員からオッケーが出たので、昨日のうちに出演したい、と先方にお伝えした。そんな感じで、SNS経由で親子で合唱サークルの初めての本番が決まった。こんな体験もブログとFacebookを使い続けてきたからこそだと感じている。

330日継続して今思うのは、ブログは朝起きてすぐに書いてしまうのが良い気がする、ということ。現在、ぼくは、目覚ましを5:30にセットして、家族が動き出す7時前までに文章を書いて公開している。すると、朝一番で、その日の『やるべきこと』が終わっているので嬉しくなる。早起きが習慣化されるのもラッキーだ。

もちろん、気分がのる日とのらない日がある。誰にだって波がある。反応(アクセス・いいね・コメント)が気になることも少なくない。でも、それでもその波と上手に付き合って、淡々と毎日書き続けることだろうな、と思う。

発信をしている人は一緒に頑張ろう!

嫌なことがあったとしても、気にせずに淡々と行動し続けること

ブログを丁寧に書く姿勢が戻ってきました。

ちょっと前までは、合唱団のブログの過去記事をコピペして、毎日更新をなんとか途切れないようにしていましたが(現在294日連続更新)、やっぱりパソコンに向き合って、しっかり書くほうが気持ち良いですね。ここ数日は2記事程度を予めストックしておいて、毎朝、予約投稿しています。

例えば『ブログを一日一記事書いて、Facebookやtwitterにシェアする』ことを目標にするとします。思うのが、その作業は、朝起きて時間が経てばたつほど腰が重くなる。なので、最近しっくりきている方法は、記事自体は前日に準備しておいて、早朝に予約投稿する設定にしておきます。

前日に記事を予約投稿しておいて、翌朝にシェアする習慣ができると、ブログを淡々と更新し続けるペースが掴めます。朝にシェアしてから、その日の活動に入るので、一記事一記事に『これで良かったか?』などの執着が薄くなる。こんな感じで、最近はブログ更新と付き合っています(多分、またそのうち変化すると思いますが)。

毎日更新をしていると、良い時もイマイチな時もあります。あるいは、自分の発信した内容によって、ちょっと嫌なことが起こる時もあるかもしれない。でも、その嫌なこともあまり気にせずに、淡々と継続することかな、と思っています。

エクスマ塾の藤村正宏先生はこう語ります。

「3年ぐらい前から世の中は変わった。今までのビジネスのやり方を考え直した方がいい。昔は楽しく仕事をしているなんて不謹慎だった。でも、今、例えばエクスマのセミナーの募集告知をすると、あっという間に満席になる。それは『仕事を楽しもう』という機運の高まりじゃないか」

「今までは、マスメディア・広告・販促・カタログなどで、生活者に直接マーケティングをしていた。これからは、SNSやブログなどによってコミュニティが出来、そのコミュニティの中で消費が起こる。とにかく一年間、受験勉強のように、死ぬ気でブログとSNSを楽しもう。瑣末(さまつ)なことを辞めて、一日2時間はSNSをしよう。ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」

20160319_233214.jpg
エクスマ創始者・藤村正宏先生

というわけで、やることは見えているので、あとは淡々とやり続けるのみです。皆さん、死ぬ気で楽しみましょう!

エクスマ75期が終わりました

大ちゃん やればできる、なんて言うつもりはない。でも、やれば必ず成長する。たくさん失敗して、たくさん成長して、そして・・・・圧倒的になってね。

エクスマ75期の全てのプログラムが終わりました。今日からがスタートです。やり続けます。そして圧倒的になれるようがんばります!

これからのビジネスにSNSは必須。ブログを書く。Facebookやtwitterで発信する。発信するだけじゃなくて交流する。楽しむこと。

エクスマ実践塾75期の第3講に行ってきました。今日はブログを書いていなかったので、こんな時間になりました。一言だけ。

これからのビジネスにSNSは必須。ブログを書く。Facebookやtwitterで発信する。発信するだけじゃなくて交流する。それを義務感からするのではなく、楽しむこと。そして、長期的にやり続けていくこと。

明日からもやろう!そう思える一日になりました。短いですか今日は以上です。

【エクスマ75期】 藤村正宏先生の名言「商売の基本は、人のために何かをやろうとすること。その姿勢が美しい。そのことを忘れないで」

エクスマ75期生として、1泊2日の合宿に参加しました。

世の中は変わった

マーケティングコンサルタントの藤村正宏先生は「楽しもう」とおっしゃいます。

received_1012709352157773.jpeg

3年ぐらい前から世の中は変わった。今までのビジネスのやり方を考え直した方がいい。昔は楽しく仕事をしているなんて不謹慎だった。でも、今、例えばエクスマのセミナーの募集告知をすると、あっという間に満席になる。それは『仕事を楽しもう』という機運の高まりじゃないか」。

先生がおっしゃる通り、今朝から募集を開始した7月・8月のエクスマセミナーは参加費25,000円にも関わらず、なんと160人が2時間で埋まり、キャンセル待ちになりました。

昔は競い合うことで豊かな社会が出来るって誰もが信じていた。それはある程度は正しいのかもしれない。でも、いきすぎた振り子は自然と戻る。それが自然の真理。社会全体が基本に戻っていこうとしている」。

藤村先生は伝えます。

商売の基本は、人のために何かをやろうとすること。その姿勢が美しい。私利・私欲を出しすぎると上手くいかないと思う。もちろん圧倒的に利益を出すことは悪くない。でも、利益を目的にするのはどうだろうか。これは商売の基本。そのことを忘れないで」。

その基本を体験しながら学ぶために、2日間かけて取り組むエクササイズ。とっても楽しかったです。

13517885_804941902970774_1233324453_o
サポート講師のゆかりんがとっても親身になって下さったことに、心より感謝しています

次の塾まで一か月間、人の役に立つ喜びを感じながら日々を過ごして行こう、と改めて思いました。

藤村先生、サポート講師の皆さま、そして、75期の同期のみなさん。楽しくて圧倒的な2日間をありがとうございました。7月もよろしくお願いします。