2017年02月02日(木)

保育園に息子を預けて、吹田市千里丘へ。

img_20170202_192433.jpg

午前中は【親子で合唱サークル】でした。

子育て中のママでも子連れで歌おう!という想いで去年から活動。月2回程のペース(木曜 11:00〜)で『アンパンマンのマーチ』や『You raise me up』を練習します。

敷地内は緑が多いので、暖かくなったらピクニックしたいです。

img_20170202_192501.jpg

13時過ぎ。

生野区・桃谷に戻り、税理士・島田明さんのプロフィール写真撮影に顔を出す。撮影は佐藤豊浩君。ぼくもエキストラとして少しだけ参加しました。島田さん、ランチとコーヒーごちそうさまです。

img_20170202_193752.jpg

15時。

生野区・田島に移動して、井上ピアノ教室のやすよさんとお会いする。音楽物語『吉四六(きっちょむ)さん』のナレーション&お侍さんのオファーを頂く。ありがとうございます!

独立するまでは、役者として舞台に立つことが多かったですが、個人事業主になってからは、『歌ってもらう側』(指揮者)、『演じてもらう側』(演出)が多かったので、一人のプレーヤーとして演じられるのは嬉しいです。とっても楽しみ。

また、詳細が決まったら告知します。

screenshot_20170202-191541.png

16時。

東住吉区でボイトレ。『天体観測』と『栄光の架け橋』を練習しました。声でるようになってきて良かったね!

img_20170202_193806.jpg

17時過ぎ。

生野区に戻り、橋爪長屋へ。玄関・階段のあたりも床が張られました!

dsc_0046.jpg

保育園に息子を迎えに行き、スーパーへ。

img_20170202_193816.jpg

夜ご飯は白菜鍋とアボカドサーモン。と言う感じで、今日は結構なハードスケジュールでした。今から息子をお風呂に入れて寝かせます。

今日は一日ボイトレの仕事

今日は一日、四ツ橋・北堀江でボイトレの仕事でした。

『お腹から歌えない』『安定しない』という悩みを持たれた生徒さんと、トレーニングを繰り返して、はや一年。今では毎回美しくて響きが豊かな声を聴けるのを楽しみにしているぐらいです。

継続は凄いです。

DSC_0004.JPG

2017 2月 予約可能日

2/21(火)

10:30 / 13:00 / 15:00 / 17:00 / 19:00

2/22(水)

10:30 / 13:00 / 15:00 / 17:00 / 19:00

詳細はこちら

ボイストレーニングでコンプレックスを吹っ飛ばせ

本日、ボイストレーニングの仕事始まりでした。声を出す楽しさを大切にしながら、生徒さんに合わせてトレーニングメニューを考えています。

そんな中、去年からボイトレでお世話になっている、マジシャン&催眠術師畑裕志(ニックネームはボンバー)さんが、ご自身のブログで記事を書いてくれました。ありがとうございます。

ボイストレーニングでコンプレックスをぶっ飛ばせ!

僕はマジシャンという、人前に出て喋る仕事の割には声や滑舌にコンプレックスがあってそれで落語を習いに行ったりもしてみたけど声そのものの改善には至らず。

そんな時に大ちゃんに会って声を聴いて「そうか、ボイトレや!」って道が開けた。そういや10年ほど前にもボイトレやってたことあったけどなんかうやむやの内に終わってしまってたし

・・・で、ボイトレを受けてみると、これがビックリで今まで出したことのないくらいの声が出るんです!自分にもこんな声が出せるんや!って嬉しくなりました。

感想、嬉しいです。喜んでもらえてありがたい限りです。

一旦、発声について関心を持ち、トレーニングを重ねると、「出しやすい声」「通りやすい声」というのがどんな状態かが身体感覚としてわかるようになってきます。一度身につくと『そのほうが身体にとって楽』だから、自然と「良い声」「響く声」で発声が出来るようになります。

「出したことの無い声」が自由に楽しく出せるように、これからも引き続きサポートさせて頂きます。ボンバー、今年もよろしくお願いします!

★ 予約可能日

01/24(火)
10:30 / 13:00 / 16:00 / 19:00

01/26(木)
10:30 / 13:00 / 16:00 / 19:00

詳細はこちら

苦手なカラオケを克服する方法

ぼくはボイストレーニングの仕事をしています。

生徒さんの中には「人前で歌うのが苦手」だったけれども、トレーニングを積み重ねるうちに「カラオケで歌えるレパートリーが増えた」とおっしゃって下さる方もます。

なぜなら、1回60分の中で、前半は基礎の発声練習 ⇒ 後半は実際に曲を使っての練習になるので、トレーニングを続けていると、自然と沢山の曲に触れることが出来るからです。

【苦手なカラオケを克服する方法 その1】普段から曲に触れること、歌うことです。「人前は無理」という人でも、ぼくの前でしたら安心して歌って頂けます。「ここは音が外れているので、こう直しましょう」と丁寧にフォローするからです。

【方法 その2】裏声を使うことです。多くの方は普段、ほとんど地声だけを使って話しています。地声で出せる音域は狭いです。その音域で高音を出そうとすると、喉は詰まって苦しくなります。

最初、裏声はひ弱でコントロールしにくいですが、使っていくうちにコントロール出来る領域が増えていきます。地声と裏声を自由に使用できると、歌う時に低音から高音まで出せるようになります。

というわけで、カラオケが苦手な方は、普段から地声だけでなく裏声も使って見てください。そして、一緒にトレーニングして曲を楽しみましょう!

喉や肩に力を入れずにお腹から声を出すには

マジシャン・催眠術師のボンバー畑さんのボイストレーニング。昨日が三回目でした。

screenshot_20161221-100326

ボンバーのコメント通り、昨日のトレーニングは、顎や喉の力を抜きながら、いかにして腹から声を出すかがポイントでした。

しっかり声を出そうとしても、肩から上に余計な力が入っていると、それは力みに繋がります。上半身はリラックスして、下半身でどっしりと支える。これが基本です。

というわけで、こんなメニューでトレーニングしました。

★ 風船ブレス

100円均一で売っている風船を膨らませます。ポイントは風船をゆっくりジワジワと大きくしていくことです。そうすることで、息を吐く力を鍛えます。

★ リップロール

リップロールは出来ない方にとっては難関ですが、一度出来てしまうと、あらゆるトレーニングに使用することが出来るので便利です。

リップロールの良さは上半身の力を抜きながら、ダイレクトにお腹から息を吐くことが出来る点です。

リップロールによって、自然と上半身をリラックスさせる身体の使い方を覚えます。

★ ハミング

母音(あいうえお)を伴わない、純粋な『音』を出せる、という点で、ハミングも効果的です。

母音や子音にはどうしてもその方の癖がくっついています。なので、発音する前にハミングで『身体の使い方+発声』を体感してもらいます。

★ 発音

そして、ようやく発音します。響きを伴いやすい子音『n』(na ni nu ne no)か『m』(ma mi mu me mo)のどれかで声を出します。

誰でもよく響く声を持っています。今まで出したことのない声が出た瞬間というのは、聞いているぼくも嬉しいです。そして、生徒さんが楽しく発声している姿を見るのが幸せです。

ボンバー、次回もよろしくです!

design (95)

1月の予約可能日

2017年

01/24(火)
10:30 / 13:00 / 16:00 / 19:00

01/26(木)
10:30 / 13:00 / 16:00 / 19:00

詳細はこちら

声が通らない 高音が出にくい

昨日は初めての方のボイトレでした。

抱えているお悩みは『第一声が出にくい』『声が通らない』『音程が取りにくい』『高音が出にくい』というもの。

発声をお聞きしましたが、声を出すまでの土台づくり、つまり呼吸(ブレスコントロール)を鍛えることが改善に繋がるように感じました。

風船ブレスによって息を吐く力を鍛えたり、メトロノームに合わせてレガートやスタッカートでブレスをコントロールすることが、発声の土台づくりに繋がります。

急がば回れ、ということで、発声する前の段階のトレーニングを鍛えていきましょう!来月もよろしくお願いします。