親子で合唱サークル

『子育て中でも子連れで他のママ達と一緒に歌えたら楽しいだろうな』という想いで【親子で合唱サークル】という活動を去年の夏から始めています。

去年までは生野区でしていましたが、今年からは場所を大阪府吹田市の千里丘に変更。月2回のペースで練習しています。

ママ達に歌いたい曲を持ってきてもらい、その場で選曲して歌うという形式です。今は『You raise me up』と『アンパンマンのマーチ』を練習しています。

一時間ほど練習して ⇒ ランチを食べて ⇒ 公園で遊んでお開き、という何とも穏やかな時間でした。

dsc_0007

子育て中で歌が好きなママでしたら、どなたでも参加出来ます。お気軽にお問い合わせ下さい。

【直近の練習日】

  • 03/02(木) 13:00 ~ 14:00
  • 03/16(木) 11:00 ~ 12:00

場所は吹田市千里丘

※ 本番の様子

dsc_0023.jpg

1481436632572.jpg

1481445574052.jpg

木材を銭湯に持っていきました

DSC_0001.JPG

昨日は解体で出た木材を、鶴橋駅近くの銭湯に持っていきました。今までは東大阪まで運んでいたのですが、ここの銭湯だったら、無料で木材を引き取ってくれるという話を聞いたからです。

DSC_0002.JPG

80歳ぐらいのお爺さんが「兄ちゃん、勝手に捨てていったらあかんで~」と言いながら、快く引き取ってくれました。

DSC_0003.JPG

軽トラから全て積み下ろすと、「兄ちゃん、ありがとうな、気を付けてや~」と一言。銭湯にとっては、風呂の湯を沸かす材料になり、リフォームする側は無料で木材を引き渡せる。どちらにとってもありがたいですね。

その後、再び、長屋に戻り、今度はアルミを積んで東大阪へ。金属を引き取って下さる会社まで持っていきました。これは1200円ぐらいのお金に変わりました。

DSC_0004.JPG

空き家をリフォームしていくうちに、これらの場所も知ったので、今後、空き家活用プロジェクトを利用される方が、ごみ処理をする時の選択肢になっていけば、と思った昨日でした。

生野区空き家活動プロジェクトについて

【空き家】 コンクリート塀を解体

今日は橋爪家のリフォームでした。コンクリート塀が無くなりました。

BEFORE

dsc_0002.jpg

AFTER

dsc_0009.jpg

そもそも

橋爪家は現在、アパートに住んでいます。息子はあと数年で小学生になるだろうし、どうせ暮らすなら地域の中で育てていきたい。

ぼくもフリーランスとして、お客さんに自宅に来てもらう時、今は完全にプライベートなアパートにあがってもらっています。洗濯物も干してあるので、ちょっと微妙ですよね。

なので、住宅の一部分を個人事務所兼、住み開き(ミーティングしたり勉強会をしたりワークショップをしたり)として活用したい。

そんなことを去年の春過ぎにボンヤリと考えていました。すると、たまたま居合わせた会議の議題が生野区の空き家問題について。

「どうせなら橋爪家を実験台に使ってください」

と言って、始まったのが生野区空き家活用プロジェクトです。プロジェクトとして一歩を踏み出すことで、生野区の空き家問題も一緒に前に進めていくことが出来れば、という気持ちです。

工務店さんや大工さんにまるまる委託するのではなく(まあ、大半はお願いしているのですが)、素人でもDIY出来る所は積極的に関わって行く。

手間をかければかけるほど、住宅に愛着が湧いてきます。丁寧に暮らしていきたいな、と自然と思えます。経緯はこんな感じです。

それで

今日は長屋の東側部分。コンクリート塀の解体をしました。

16709704_1391557014208180_151574659_o.jpg

といっても、ぼくは素人。

どうしようかな、と思っていると、たまたま偶然、生野区でプロの解体屋さんと出会いました。現代の生きる戦国武将のような方です。

おかげさまで、わずか2時間ほどで綺麗にコンクリートブロックがなくなりました。ありがとうございました!ちなみに、この無くなったスペースには、庭師さんによる小さな庭園と、大工さんによる木の格子が設置される予定です。

あとは、残った株をどう取り除こうか、という宿題があります。武将が帰った後に2時間ほどスコップで掘り続けましたが、まったく取れる気配はなかったです。。

16667563_1391557027541512_258625440_o.jpg

みなさま、いつもありがとうございます。完成は少し伸びて、4月末になりそうです。