仕事を早くするには

昨日はお昼から生野区のまちづくりの仕事でした。ぼくが2016年の4月から関わっている生野区まちづくりセンター主催『まちカフェ 生野区の未来を想う交流会』の8月開催予定場所に伺い、オーナーさんにお話を聞いてきました。

DSC_0082

取材中、写真を撮ったり、話をメモします。取材時間は約2時間です。これを「ただ取材しただけ」で終わらせずに、何らかの形にアウトプットしていくことを大切にしています。

村上春樹の「文明とは伝達である、と彼は言った。もし何かを表現できないのなら、それは存在しないのも同じだ。いいかい、ゼロだ」(『風の歌を聴け』)という言葉もあるように、話を聞いただけであれば、その行為は他人にとっては存在していないのも同じです。

でも、ブログやSNSなど、何らかのメディアに投稿すれば、興味関心のある人達に、その情報を届けることが出来ます。だから、昨日でいえば、8月のまちカフェに参加予定の方に届けたい、という想いで、編集&発信をしました。

とにかくすぐやることが、ぼくにとっては大切です。なぜなら、取材をした瞬間が一番モチベーションが高まっているからです。逆を言うと、すぐに取り掛からないと「ああ、面倒くさいな」と思ってしまう。基本的に自分は自堕落な人間です。だから、昨日は取材後、すぐに区役所に向かって、3時間かけて、動画の編集&ブログとSNSの発信をしました。

DSC_0084.JPG
誰もいないオフィスにて

とにかく、その日のインプットはその日のうちにアウトプットする。そのために、インプットの直後はアウトプット用に時間を確保しておく。そんなことを意識しています。

あ、これは別に「自分、仕事出来ます」アピールとかではなくて、ぼくの場合、とにかくスピードを持って取り組まないと、残ると嫌になって手つかずになってしまう。だから、結果的に仕事の『初動』は早くなる。そんな感じです。

仕事が遅くて悩んでいる方がいらっしゃったら、すぐやる意識を持って見てはいかがでしょうか。

【フリーランス】男は稼がなくてはいけないと思うか、まあ主夫でもいいか、と思って過ごすかによって心の平安は変わってくる

昨日は後輩の披露宴2次会で京都に。

DSC_0072
ジッパー、おめでとう

翌朝、ぼくのブログを読んでくださっている方がメッセージを下さっていたので、時間を合わせて、四条烏丸のスタバで一時間ほどお話をしました。

DSC_0078.JPG
はれ君も近くの席でモーニング

聞かれた質問をブログのネタにしようと思っていましたが、話していたらすっかりメモするのを忘れました。

なので、大雑把に話をまとめまると、一寸先は闇でもOKと思えることが、日々を楽しく過ごせるコツなんじゃないかな、と思いました。

例えば、ぼくの場合で言うと、合唱団の活動をしているけど、このまま順調に行くかもわからないし、いかないかもしれない。

フリーランスとして仕事をしているけど、依頼がくるかもしれないし、来ないかもしれない。

闇は誰でも不安です。だからといって、その不安に駆られて将来の心配ばかりしていたら、「いま」がもったいないと思います。

境遇的にはほとんど皆一緒だと思うんですよ。でも「男は稼がなくてはいけない」と思って過ごすか、「まあ、主夫でもいっか」と思って過ごすかによって、心の平安は変わってきます。

なので、もちろん適度に将来設計することは大切ですが、過剰に心配をすることはやめて、今、楽しいな、面白いな、と直感で感じることをする。

そのエネルギーはやがて周囲に伝わるでしょうし、再び自分に還ってくる。そうなれば、未来も明るいんじゃないか。そう思いました。

一寸先は闇を一緒に楽しみましょう!

【独立】「あ、やりたい」と思った瞬間が、人間一番エネルギーが出る。だから「あ、やりたい」と想うまではボーッとしていて、思った瞬間に動き出す

フリーランスとして仕事を始めて3年になります。

開業した当初、何度か企画書を書いたことがあります。その後、自主開催でイベントをすることが多かったので、どこかに応募するという作業はほとんどしていませんでした。

ところが、ここ最近、「○○(コンペなど)に応募しませんか?」という話を頂くことがありました。具体的に書くと4件です。

他人からの意見やアドバイスは神様からのメッセージ。神様は他人を介して伝言する」という言葉を聞いたことがあります。

その言葉を聞いてから、ぼくは他人から言われたことで、「あ、面白そうだな」とふと思ったことはすぐに行動に移すようにしています。

今回、話をもらった4件もすぐに応募しました。前日の夜に話を聞いたら、次の日の午前中に書類を書き、その日の午後に持参して提出する。この速さです。

received_513972595478375.jpeg

完璧に書かなくていいので、その時、思っていることを、応募用紙に書きなぐります。

「あ、やりたい」と思った瞬間が、人間一番エネルギーが出ます。だから「あ、やりたい」と思うまではボーッとしていて、思った瞬間に動き出す。思ったらすぐ動く。これが応募用紙を埋め切るポイントじゃないか、とぼくは思います。

dsc_0002.jpg

そして、出来れば自分の足で、エントリーシートを届けに行く。そうすると、相手側に気合も届くんじゃないかな、と思います。

ブログに書いていれば楽

今回、4件のコンペに応募しましたが、いずれも作業自体は思ったより楽でした。

それは、普段ブログに書いていることをベースに記入できたからです。項目によってはブログの文章を丸々書き写した箇所もあります。

だから、普段から自分のやってみたいことをブログなどにまとめておくと、いざ、何かにエントリーするとき、スムーズに書けるな、と思いました。

流れに身を任せる

半年前までは、企画書のことなんて全然頭に無かったです。でも、今、こうしてエントリーシートを書いている。流れが来たら行動するし、そうでないときは、例えば電子書籍などを作って過ごす。そんな感じです。

みなさんも、ふと思ったことをどんどん行動に移してみてくださいね!24時間以内にするのがおすすめです。