好きなことで生きていく

夢を追うか、安定した職業に就くか、という二者択一の時代は終わった。安定した職業は幻想になり、精神的報酬のために金銭的報酬を諦める時代は終わった。永遠に終わった。その両方を追いかけなければ、もはや、そのどちらも手に入らない。(それでも、夢を追うしかない。/2016年の挨拶とブログ書籍化のお知らせ

妻と息子の3人で住むアパートの目の前には私立の学校がある。

毎朝7時30分に警備員の方が門を開ける、その音を聞いて一日が始まる。学校の始業式はまだなので、朝が休日のように静かだ。

screenshot_2016-01-06-10-48-10.png

世間は仕事始まりを迎えた。ぼくはというと、去年、「スケジュール」「ガラガラ」記事を書いた通り、30歳になった今、スケジュールのガラガラな日々を暮らし始めている。

dsc_0054.jpg

仕事に行く妻を見送った後、息子のはれ君を保育園に連れて行き、いつも行くカフェ tea time でホットサンドをいただき、そのままカフェでその日のブログを書く。

妻が朝に干していった洗濯物を畳む。商店街にあるスーパーで食材を買い、夜ご飯を作る(作るといっても、カレーか鍋のような、ざっくりしたメニューがほとんど)。

はれ君を迎えにいって、夜ご飯を一緒に食べて、19時過ぎにはお風呂に入れて、そのまま妻にバトンタッチ。お乳をのませて寝かせる。

dsc_0027.jpg

そして、そんな日々のルーチンをしたとしても、あと7時間ぐらいは自由な時間を持てる。

(ちなみに、去年まではこの時間に罪悪感を感じていたが、こころをトレーニングしたことによって、今は自分にその余白を許可できるようになった)。

今年からそういう空き時間を意図的に作ろうとしたこともある。そこに、いったい何が入ってくるか楽しみだったからだ。

dsc_0045.jpg

そして、そのスペースに入り込んでくるかのように、去年の大みそかに電子書籍の存在を知った。

自分のつくったコンテンツをほぼコストゼロで世界中に発信することが出来る。衝撃だったのは、そのコンテンツを収入に変えることが出来ることだ。

電子書籍の認知度はまだ低い。調べてみると、kindleが日本に上陸したのは2012年の冬で、まだ3年ほどしか経っていない

アパートから歩いて440mにある、和カフェ・葉菜茶のママにその話をすると「電子辞書ってすごいね」と、言葉すら勘違いしている。

dsc_0048.jpg
ほんと、葉菜茶さんのように、やらないよりは、やったほうがいい

去年、初めてランチ会を開催した。

そこに参加してくれた御方が、「仕事やめたけど、あまり何も起きなかった」というようなことを話されていた。

そして、そのお話をお聞きして、ぼく自身も「情報発信する大切さ」を改めて感じた。自分のしていることを「伝える」作業だ。ヒカキンも毎日発信し続けたから、youtuberになった。

好きなことで生きていく

たとえば、ぼくは開業届けに「(合唱)指揮者」と書いた。文学部を卒業しているのに、とくにピアノも弾けるわけでもないのに、だ。なんの戦略もない。無理ゲーに近い。

「合唱指揮者です」となのっても「合奏指揮者のはしづめさんです」と紹介されるほど、こちらも世間的には認知度が低い。

でも、そんなぼくですら、ネットとリアルの両方で情報を発信し続けていることで、少なからず「合唱指揮者」としてのオファーを頂けている。どうすれば、無理ゲーをクリア出来るか、トライアンドエラーの日々だ。

ブログを書き続けているのも、今、2冊目の電子書籍に取り組んでいるのも「好きなことで生きていく方法」を伝えたいからだ。そして、そのやり方として電子書籍の可能性は大きいと思った。だから、力を入れて、今、取り組んでいる。

dsc_0053.jpg
同じく、文学部卒業の妻にダメ出しを受ける

そんな2冊目は『ゼロから始める「好きなことを仕事にする方法」』という形で、今まとめている。多分、一週間以内に出版出来そう。興味のある御方はぜひ読んで欲しい。ちなみに一冊目はこちらから購入できます

自分の思い通りにいった時間は「成功」。自分の思い通りにいかなかった時間は「成長」と捉えよう

才能とか、実力とか、お金とか、容姿とか、学歴とか、そんなものに囚われずに、自分が「いいな」「やりたいな」と直感的に思ったことを、どんどんやっていってほしい!、、し、ぼくもやり続ける。

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ はしづめだいすけの本
★ ボイストレーニング
★ こころのトレーニング

「電子書籍の出版」は「ブログを書く」ぐらい簡単に出来る

ここ数日、電子書籍が熱い!

dsc_0050.jpg
二作目の執筆もスタートしました。2月に出版予定です

何人かの方から「出版おめでとう」という言葉を頂きました。嬉しいです。ありがとうございます。と、同時に、自分の感覚として「電子書籍を出版する」のは「ブログを書く」ぐらい簡単に出来る、という実感を持っています。

ブログを書いて、アップした人に対して「ブログのアップおめでとう」とは、あまり言いませんよね。もう、みんな、ブログなんて誰でも書いているわけですから。

ちょっと失礼かもしれませんが、それぐらい、ぼくたちの感覚と電子出版の実際って、ずれているな、と思いました。多分、この感覚はあと数年ぐらいしたら一致されてくんじゃないかな。スマホがほぼ普及したように。

もちろん、最初に出版するのは、色々と手続きがあるので、ちょっと面倒くさいです。でも、ブログだって最初にアカウント取ったり、カスタマイズしたり、作業はしていますよね。それと同じです。

そして、こんなに電子書籍をおすすめするのは、電子書籍の凄さを知ったからです。

世界中に自分の商品を届けられる

ぼくは、ボイトレやここトレをさせて頂いています。リアルでの仕事です。これらを受講してもらうためには、大阪まで来る必要があります。それに対して、電子書籍は、販売されると世界中に自分の商品を届けることが出来ます。

しかも、印刷しなくていいので、自分で在庫を持つ必要がありません。コストが全くといっていいほどかからないのです。これは出版革命だと思いませんか。

何より、ぼくが一番お伝えしたいのは、ブログの新たな可能性です。これまで、どんなに沢山ブログを書き続けたとしても、それを直接的に利益化するのは、一般の方には難しい、という印象でした。アドセンスやアフィリエイト広告を設置するしかなかった。

しかし、自分の書き続けた記事を、電子書籍にまとめることで、それを商品として販売することが出来る。好きなことが仕事になる、という一つの活路です(一回の労働によって、それがその後、ロイヤリティという形で入り続ける。さっきも、葉菜茶でランチを食べていたら、一冊売れました。ありがとうございます!感謝!)。

ブログだけではありません。何でも電子書籍にまとめられそうです。エッセイや物語はもちろん、絵や写真やレシピ本や、(youtubeと連携して)セミナー動画とか、電子書籍という形式の「コンテンツ」として販売することが出来る。

だからこそ、まずは、一冊、自分の手元にある「それ」を、電子書籍という形でまとめて欲しいな、と思うわけです。一回やってみたら、2回目はその半分のエネルギーで産み出せる。

手伝いますよ、ほんと

ほんと、おすすめです(^-^)v そうは言っても一人では出来なさそう、という御方は、パソコンと原稿を持って、大阪の桃谷まで来てくれたら、付き添いますよ(^-^)vぼくのおすすめの和カフェ・葉菜茶で一緒に出版作業をしましょう。原稿ができていたら、たぶん2時間ぐらいで出版できます。コーヒー代ぐらいでいいですよ(笑)

ほんと、おすすめなんす。

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ はしづめだいすけの本
★ ボイストレーニング
★ こころのトレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)

息子のはれ君に「嬉しそうに間違う姿勢」を学ぶ

3日前に『いきあたりばったりのすすめ』を出版して、電子書籍の面白さを味わっています。アイデアが浮かんだので、実は、2冊目の執筆に取り組んでいます。さっそく、今日、約4000字書きました。気分は作家さんです(笑)

2冊目のテーマはずばり『好きなことを仕事にしよう』です。お楽しみに(*^_^*)

息子のはれ君は、今、一歳7カ月ぐらいです。

昨日、はれ君とお風呂に入っていて、湯船から出る前に、指を使って数字を1から10まで数えました。すると、嬉しそうにぼくのまねをします。

ぼく「いーち」
はれ「いーち」

ぼく「にーい」
はれ「いーい」

ぼく「さーん」
はれ「あーあ」

言えていません(笑)でも、嬉しそうにニコニコしながらぼくのまねをします。

dsc_0040.jpg

はれ君は、電車(でんちゃ)のほかに、車(ぶーぶー)が好きです。特に、バスを見た時は、「ばし」「ばし」と嬉しそうに言います。

ぼく「はれくん、ばーす」
はれ「ばーし」

ぼく「ばーす」
はれ「ばーし」

ぼく「・・・す」
はれ「し!」

ぼく「す」
はれ「し」

ぼく「・・・。寿司」
はれ「しし」

・・・言えていません(笑)

でも、むちゃくちゃ嬉しそうなんです。そして、はれ君は、ぼくたち大人のように「できない」なんて一言もいいません。むちゃくちゃ嬉しそうに、がんがん間違えます

みなさんも、何かトレーニングをする時は、こんな感じで、がんがんまねして、がんがん嬉しそうに失敗してほしいな、と思いました。そのほうが、楽しいですよね(*^_^*)

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ はしづめだいすけの本
★ ボイストレーニング
★ こころのトレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)

電子書籍の出版を、今、おすすめする2つの理由

昨日の記事の通り、ぼくは元旦の1月1日に電子書籍をAmazonダイレクト・パブリッシングから出版しました。実際にやってみて、こんなに簡単に出来るのか、という衝撃を受けました(出来上がった本はこちらです)。

そして、約2日間で6冊売れました。買ってくださったみなさん、本当にありがとうございます。まだ、買われていない方は、ぜひよろしくです。電子書籍をおすすめする2つの理由を書きます。

1 いきなり3位を獲得

その結果、Amazon kindle 本 > 絵本・児童書(なぜかここにカテゴライズされている)> ノンフィクション・伝記の売れ筋ランキングで、いきなり3位を獲得しました(2016/01/03 18:20 現在)。まだ、出版されている母数が少ないので、6冊で上位にランキングされます。

1

「今から新規で情報発信をするなら、ブログやfacebookより電子書籍やpodcast」という長倉顕太さんの教えも、この数字で納得できます。ブログなんて、やっている人はもう5年も前から毎日書き続けています。

もちろん、電子書籍だけやっていても、広まりにくいので、電子書籍+facebookとか、電子書籍+twitterとか、組み合わせによって情報発信をするのでしょう。

2 すぐ売り上げにつながる

6冊買って下さったおかげで、はしづめ家に収入があります。自営業をしているぼくにとって、これは本当にありがたいです。kindleの著者に対するロイヤリティは、なんと70%です。ぼくは、一冊500円に設定したので、2日間で合計1938円の利益です。

2

しかも、経費はほとんど何もかかっていません。売り上げは、こちらが指定した通帳にAmazonが振り込んでくれるそうです(いつ入るかは、まだ体験していないのでわかりません)。

出来たら買いますよ!

これが、たった、2日間の出来事です。「本を書こう!」「出版できた!」「売れた!」。これが、たった、2日間の出来事です(もう一度書いた)。だから、本当におすすめなんです。ぜひ、興味のある御方は、実際にやってみてください!

そして、このブログを読んで、実際にやってみた御方は、ぼくに「出版したよ!」と教えてくださいね。とても嬉しいので。嬉しいので、一冊買いますよ!(でも、1冊数千円とかはやめてくださいね(笑))ほんと、売れる、って嬉しいので。

ぜひ、行動してみてください(^_^)

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ はしづめだいすけの本
★ こころのトレーニング

★ ボイストレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)

【衝撃】 今の時代、たった一日で誰でも本を出版することができる。結局、やりたいと思ったときに、一歩を踏み出せるかどうか。

お正月はいかがお過ごしでしょうか。

ぼくは4時間かけて、電子書籍を出版しました。まじで、この衝撃を伝えたいです。だって「出版したいな」と思ったら、今すぐ、全くコストもかからず出版できる時代なんだ、と昨日、知ってしまったからです。凄いと思いませんか?

ほんと、誰でも出来ます。そして、一番思ったことは、結局「やりたい→やる」の一歩を踏み出すかどうか、それだけなんだ、ということ。まじで、この衝撃を、伝えたい。

1
誰でも一日で本を出版できる衝撃

なぜ電子書籍を推すか

大晦日は紅白をちらっと見た後、長倉顕太さんの最新の電子書籍『電子書籍のセクシーな稼ぎ方』を読みました。音声も聴きました。そこでは、むちゃくちゃ面白いことが言われていました。要約します。

なぜオレが電子書籍を推しているか。今、最大のチャンスがきているから。

数年前から『情報発信が人生を大きく変える』と言い続けてきた。でも、今からブログやfacebookやyoutubeで勝とうとしてもきつい。新しいメディアは圧倒的に先行者が有利になるから。先行者利益を取らなければ、良いポジションを取ることは出来ない。

電子書籍の良さは『無料』で出版出来て、『無料』でお金を生むことが出来ること。『無料(というかお金を貰いながら)』でアマゾンがマーケティングしてくれる。こんなのあり得ない状況。今なら、ランキングの上位を狙える。だから、今やるべき。

とりあえずやってみる

そして、本を読み終えた後「これは面白いと思う!やってみたい!」と思ったのです。ぼくはこのブログでもセミナーでも「とにかくやろう」という言葉を伝えています。

だから、ぼく自身が「やりたい」と思ったことを「やってみる」。というわけで、とりあえず、一冊作ってみたわけです。

それがこちら

一瞬で出来る

やり終えて今思うことは、「こんなに簡単に出来てしまうのか!?」という衝撃です。ブログを書いている人であれば、アクセス数が多かった記事や、自分のお気に入りの記事を再編集すれば、原稿は出来ます。Wordで出来ます。

それをkindleのファイルに変換して、amazonに登録すれば完成です。ぼくの場合、一時間程で出版が完了しました。ぼくはこのブログを参考にしたので、詳しい手順はそちらをご覧ください。

やったら景色が変わる

とりあえず、一つ、やってみる。役者になりたかったら、スマホで自分のパフォーマンスを撮り、とりあえず、一本あげてみる。雑誌を作ってみたかったら、とりあえずフリーペーパーを一冊作ってみる。歌手になりたかったら、とりあえず、一曲歌を作ってみる。

「できてから、やる」じゃなくて、「やる、からできるようになる」。そして、一回やってみたら景色が変わります。「あ、ここはこうしたいな」とか「ここはこうすればいいのか」とか、次へのアイデアが浮かんできます。

新年です!「やりたい」を、とりあえず、一回、「やってみましょう」!

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ はしづめだいすけの本
★ こころのトレーニング

★ ボイストレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)

もういい大人なんだから、「凄くなろう」というよりは、「俺」っていう人間がいて、このままでも何処か活かせる所はないかな、という視点を持った方が良いよ。

1451607983608.jpg
はい、はれ君ですよ
1451607979537.jpg
ママ、電話ですよ~

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。実家で過ごしています。新年、一日目。何を書こうか考えていましたが、今日は、昨日読んだ本を紹介します。

長倉顕太さんの『超一流の二流をめざせ!』です。本自体はまだ最後まで読んでいませんが、電子書籍版限定の『セミナー動画』の内容がむちゃくちゃ面白かったので、それを伝えたいな、と思いました。

その動画で「なるほどな」と思った言葉はこれです。

『選択』『配置』を意識して生きてきた。それは、何かというと「これをこっちに持っていったら売れんじゃね」という話。これの何が凄いか、というと、その「もの」自体は変わっていないこと。「もの」自体は変わってないけど、場所を移すことによって、その価値が上がる。

かなり、クールで、かつ、熱いメッセージだと思いませんか。

多くの人が「成長させよう」とか「変えよう」と思う。「自分自身」を変えよう、と思っちゃう。はっきり言って、自分はあんまり変わらない。それよりも、「俺」っていう人間がいて、このままでも何処か活かせる所はないかな、という視点を持った方が絶対良い。一流だったら自分の技術を磨くことを考えた方がいいかもしれない。二流が磨いたってたかがしれている。

例えば、ぼくは自分自身を「合唱指揮者」となのっていますが、能力的にはどう考えても、学生指揮者に毛が生えた程度でしょう。しかし、そんなぼくでも、選択と配置を意識すれば、能力以上の結果を出せる、ということです。

自分が「凄くなろう」というよりは、自分を「どこで活かそうか」を考えた方が良いよ。いい大人になったら。そうしたら、能力としては二流でも、超一流の結果を出せる。

熱いですよね。ぜひ『超一流の二流をめざせ!』を読んでみてくださいね(^_^)

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ こころのトレーニング
★ ボイストレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)

2015年に出会えた方、お世話になった方、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします!

こんばんは、はしづめだいすけです。ブログを毎日19時に更新して今日で56日目です。いつもご覧くださりありがとうございます。今日は大晦日ですね!今年の一年間を振り返ります。今年のキーワードは書いていたら、こんな感じになりました。

  1. 「やりたいことは口に出す」
  2. 「がんばらない、を実践」
  3. 「とりあえずやってみる」
  4. 「誰にでも才能はある」
  5. 「準備を手放して信じる」
0107
01/07 はじめてのじょん!
02/11 滋賀だったか大阪だったかの賞を頂く(笑)
02/11 滋賀だったか大阪だったかの賞を頂く(笑)
0221
02/21 みとみっくで長浜へ
02月24日 生野区でみとみっくのコンサート
02月24日 生野区でみとみっくのコンサート

やりたいことは口に出す

3月<多文化共生音楽フェス>。ぼくは「日本のギャレス・マローンになりたい」と言っています。それを生野区のある会議で自己紹介代わりに発言したら、会議のあと、今では最も信頼できる方の一人でもあるキムラ~さんに声をかけて頂き、数日後に、プロジェクトのオファーを頂きました。

これも今考えてみると、他力のエネルギーですね。やりたいことを口に出すと、叶うこともある、という経験をさせて頂いた、キムラ~さんに感謝。

03月01日 キムラ~さんとの運命の出会い(笑)
03月01日 キムラ~さんとの運命の出会い(笑)
03月24日 作曲家の朴守賢さんとツーショット
03月24日 作曲家の朴守賢さんとツーショット
04月21日 生野区持続可能なまちづくり支援事業に「いくのの日」が採用
04月21日 生野区持続可能なまちづくり支援事業に「いくのの日」が採用

がんばらない、を実践

5月のこの頃、心屋仁之助さんの「好きなこと」だけして生きていく。一生お金に困らない生き方を読んでいました。そこに「サボったら、がんばらなかったら、我慢しなかったら、予想外の所から収入がやってくる」みたいなことが書かれていて、それはラッキーだな、と思って実践していました。

その結果、自分では思い付かなかった「ここトレ」という新たな、大切な、取り組みを今もさせて頂いており、本当に生徒さんたちに感謝しています。

05月21日 はれ君をはじめて合唱団に連れて行く
05月21日 はれ君をはじめて合唱団に連れて行く
05月31日 はれ君の誕生日にも関わらず合唱祭へ(笑)
05月31日 はれ君の誕生日にも関わらず合唱祭へ(笑)

とりあえずやってみる

6月。ふと一つのアイデアを思い付き、電車に乗りながら、スマホでそのアイデアを文章にまとめました。そして、それが、サッキーと出会うきっかけになった8月の<オリジナルワークショップを作ろう>になります。

去年は、色々な方から「はしづめ君は行動するのが速い」と言われました。何かアイデアを思い付いたら、できるかどうか、成功するか失敗するかどうか、なんてあまり考えずに、とりあえず、やってみよう、というノリです(荒井さんを生野区に呼べたのも、その場のノリですね)。

アイデアを思い付いたら、とにかくやってみる。それがどうなるかは、自分ではどうしようもない、大きなものが采配をふる、と委ねることかな、と思います。

06月12日 一度行ってみたかった座禅
06月12日 一度行ってみたかった座禅
06月17日 このあたりから、日中にブラブラすることに快感を感じだす(笑)
06月17日 このあたりから、日中にブラブラすることに快感を感じだす(笑)
07月16日 福井でワークショップ
07月16日 福井でワークショップ
07月17日 さとしさんありがとう!
07月17日 さとしさんありがとう!
07月17日 かぶちゃんオープンおめでとう
07月17日 かぶちゃんオープンおめでとう
↑コバ
7/19,20 コバの起業支援セミナーへ
07月24日 野村誠さんに初めてお会いする
07月24日 野村誠さんに初めてお会いする
07月28日 Beトレに初参加
07月28日 Beトレに初参加

誰にでも才能はある

8月にハンガリーに行って、最も考えたことは「誰にでも才能はある」ということ。

先生からこんな話を聞きました。「ある画家が99枚、ダメな絵を書いたとしても、1枚、良い絵を書いたとしたら、その画家には才能がある」。だから、ちょっと失敗したからって途中で諦めずに、その今しているときめくことを、どんどんやり続けてほしいな、と思う。評価がなくても、集客が0でも、反応がなくても、気にしない。

08月23日 2回目のハンガリー
08月23日 2回目のハンガリー

準備を手放して信じる

9月10月は、生まれて初めて研修講師のオファーを頂いて、実施した月でした。このオファーはユニークで「はしづめさんの好きなようにやってくれたらいいよ」というもの。このクライアントさんからの絶対的な信頼感は凄いな、と思います。何があっても信じる。

一回目こそ、ある程度準備をして望んだものの、2回目、3回目と進むにつれて、どんどん、その時の「感覚」や「空気」を大切にした時間にしました。クライアントさんもぼくを信じてくれているし、ぼくも参加者の方々を信じる。涙する参加者の方もいて、よかったです。

09月07日 生野区のまちあるきに参加
09月07日 生野区のまちあるきに参加
09月09日 今年、一番多く通っただろう葉菜茶
09月09日 今年、一番多く通っただろう葉菜茶
09月12日 山科中学校とは3年目ぐらいのお付き合い
09月12日 山科中学校とは3年目ぐらいのお付き合い
09月13日 合宿は2回目
09月13日 合宿は2回目
1003
10月03日 サッキー、いつもありがとう!
10月26日 スマスタの塩ちゃんとツーショット
10月26日 スマスタの塩ちゃんとツーショット
1028
10月28日 ギターを再び弾き始めた年でした
1101
11月01日 おにぎり隊に参加
1125
11月25日 荒井さんに生野区に来てもらう
1202
12月02日 佛大コンビ結成!
1205
12月05日 伊勢神宮へ
1215
12月19日 雑誌デビュー(笑)

今年出会った御方、お世話になった御方、ありがとうございました。来年もどうなっていくかわからない、いきあたりばったりな日々をこのブログでお届けしたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします(^^)では、よいお年を!

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ こころのトレーニング
★ ボイストレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)