誰でも出来る電子出版 原稿を書こう

毎日、ブログを楽しく書いている人であれば、あっという間に電子出版出来ますよ!ぼくは今年の正月に一週間で2冊出版しました。

電子書籍は、ページ数や価格を著者自身が決められるので、ミニコンテンツとして出版することが可能です。目安の文字数は、だいたい1万5千字程度でしょう(紙の本はおよそ10万字は必要ですよね)。

そこで、今回は「あ、それぐらいだったら私でも出来そう」というやり方を紹介します。はしづめだいすけ流『いきあたりばったり・原稿執筆法』です(笑)

まず、紙を一枚用意します(元ネタは荒井さん)。

dsc_0316.jpg

dsc_0317.jpg
縦と横に線をひきます
dsc_0318.jpg
さらに線をひき、16分割が完成です

左上に本のテーマやタイトルを書きます。

dsc_0319.jpg
例えば「合唱団を作ろう」にします

ぼくは仲間と一緒に合唱団を作った経験があります。その経験の中で、「これを人に伝えたいな」「こういう考え方があるのを知ってもらいたいな」と、ふと思ったことを15個マスの中に書いていきます。

dsc_0320.jpg
思いついたアイデアやキーワードを、思いついた順でいいので、ザーッと書き出します

はい。後はこの一マスにつき、1000字書けばいいだけです。一マスにつき、A4一枚分ぐらいの量を書いてください。Wordで書いてくださって大丈夫です。縦書きでも横書きでもOKです。一日1000字ずつ書いていけば、半月ぐらいで原稿は完成します。ね、いけそうに思いません?

もし「1000字も書けない。書き方がわからない」という方は、エクスマの藤村正宏先生が教えて下さった、このやり方で書いてみてください。

dsc_0216.jpg

例えば、このテンプレートを忠実に守って書いたぼくの記事はこちらです(これでだいたい1300字ぐらい)。こんな感じで、1000字を毎日書けば、一ヶ月以内に電子で出版できます。

出来そうでしょうか。応援します!

dsc_0322.jpg
ぼくの三冊目の電子書籍は8マス(8000字)まで来ました

最後は宣伝

土曜日( 02/06 14:00 – )にげきトレやります。演劇的手法を取りいたワークをすることで、身体表現する楽しさや他者と協同して一つのものを創る楽しさを味わいます。興味のある御方はぜひ桃谷にお越し下さい → 詳細はこちら

★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

p.s.

イケダハヤトさんのブログを読んで、とりあえず今日からnoteを始めてみました。これも一つのSNSですね。何事も、とりあえず試しに使ってみる、という感覚です。

見る人が変われば、評価は変わる

昨日はボイトレの仕事でした。

見る人が変われば、対象の評価は変化すると思います。だからこそ、マイナスを指摘するよりかは、その人の『良さ』に焦点をあてて、その人の良さを引き出したい、と思いながらトレーニングしています。

例えば、他のトレーナーから「棒立ち」と言われている生徒さんがいました。確かに、彼女には前のめりに自分をアピールするような雰囲気はない。でも、歌声を聴いていると、音程は正確だし、声質が良いな、と感じました。

試しに、カラオケ音源を流すのをやめてみました。カラオケ音源は、こちら側のその時々の感情に関係なく、一定したテンションを求めて来るからです。それに装飾が多い。音源をやめて、シンプルにマイク+アコースティックギターの生伴奏で歌ってもらいました。

すると、やはり、彼女の素材そのものの良さが際立ったと思います。必ず、一人一人、その人の良さがあり、その個性を引き出すことに、ぼくは集中しています。

最後は宣伝

土曜日( 02/06 14:00 – )にげきトレやります。現在3人の方が申し込んで下さっています。感謝!今日書いたような視点+演劇の切り口でトレーニングするので、興味のある御方はぜひ桃谷にお越し下さい → 詳細はこちら

★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

妻はやはり凄い その2

昨夜、「朝会(K3)」の夜会(ややこしいですね)に参加しました。

1
カードゲームを使ったワークショップの様子

朝会には本当にお世話になっていて、朝会がきっかけで研修講師のオファーを頂いたり、仕事のパートナーになって下さったりと、ご縁を頂いています。

それで、ここからが本題

親睦会で「だいちゃんはいまいちわからない」みたいな言葉を頂いた。翌朝、案の定、起きると少し気が落ちていたので、さっそく妻にその話題を話かけた。すると、バッサリ、一言。

「え、今さら?わかりきってることやん。ブレてるよ、それも常に。

あんたは(作曲家の)朴さんとか、(和ヌードルの)鈴七さんみたいな、直線型のタイプじゃないでしょ。あっち行ったりこっち行ったり、方向性なんてまるでない。」※ 和ヌードル 鈴七さん 美味しいので、桃谷に来られた際はぜひ

うむ、おっしゃるとおり。いきあたりばったり冥利につきるお言葉だ。

去年まで、電子書籍のことなんて、まったく考えたことすらなかった。でも、今は電子出版が面白いから取り組んでいる(昨日も3冊ご購入頂けた。本当に感謝)。

それはもう、むちゃくちゃ面白い。だって、誰だって原稿があれば一日で本を出版できる、それもコスト0で。

dsc_0297.jpg
3冊目、原稿は1/3まで進みました。

ボイトレもここトレも、合唱も、それぞれに面白さが違うから、楽しくやっている。そこに、一対一がどうの、とか、一対他がどうの、みたいなカテゴリーはない。マンツーマンはマンツーマンの楽しさがあるし、集団には集団の楽しさがあるし、少人数には少人数の楽しさがある。

・・・そんなこんなで、やはり、妻は凄いなあ、と思った今朝。

半歩でも一歩でも

そんなぼくでも、ずっとやりたいと思い続けているのが「イギリスのギャレスマローンのような、合唱と社会課題」の分野だ。

これはBBCのドキュメンタリーを一度でも観たことがある人とは話が通じやすい。しかし、ほとんどの人はピンときていない。だから、形にしていくことで、わかりやすいように伝えていきたい。

今年はギャレスに向かって、半歩でも一歩でも進みたいと思っています。

★ げきトレ 02/06 大阪
★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

「承認」は覚悟がいる コバの器の大きさ

ぼくは去年の7月にコバの起業支援セミナーを受けました。

ぼくの2冊目の電子書籍『好きなことをお金にかえる力』は、コバの起業支援で聞いたことを下敷きにしています。この本を書く前に、コバに事前に許可をうかがいました。

screenshot_2016-02-01-09-53-36.png

器が大きい人ですよね。

結局、時間の都合上、インタビューは掲載できませんでしたが、それでも、コバのエッセンスを詰め込んだので、おかげさまで、こんなAmazonレビューも頂きました。

これからフリーランスを目指す人が、一番最初に読むべき本

最幸のフリーランスの見つけ方の入門書です

書店に行けば様々な、フリーランスの入門書が並んでいる。私も何冊か買って読んだ。今まで読んだ中でこの「好きなことをお金に変える力」は、これからフリーランスを目指す人が、一番最初に読むべき本だと思った。書かれていることはどれも難しいことではない。すぐできることばかり。この本を読んでほんとうのフリーランス生活を楽しむ人が、増えるのではないかと実感しました。必読です。

わざわざレビューを書いて下さったことに感謝いたします。昨夜、このレビューを読んだときは、妻と二人でウルウルきました。それもこれも、コバの「承認」の力だと思います。

「承認する」って、「厳しく指導する」ぐらい、覚悟がいることだと、ぼくは思います。先生の立場で、「今のままでいいよ~、あなたの選択で大丈夫だよ」って言い切れる、って、凄い事です。

そんな、「許可」「承認」の中で、ぼくは妻と一緒にこの本を書きました。コバ、本当にありがとう。

ジャージカウンセリング コバのブログ
エクスマ 藤村正宏先生のブログ

 ★ げきトレ 02/06 大阪
★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

才能を信じよう 子どもも一緒

今日は、去年の夏にハンガリーに行ったときの動画を再掲します。

日本では『才能』という言葉を気軽に口にしないように思います。一方、ぼくの受講したハンガリーの合唱指揮セミナーの現場では、「あなたには才能がある。その才能を伸ばしてください」という言葉を日常的に与えてくれる。

技術はトレーニングなので、練習すればするほど上達する。だから、才能を信じて、自分には「ある」という前提で、日々行動して下さったらと思います。

たまに、保護者の方が(自分の子どもがいる前で)「うちの子どもなんて、、」と謙遜される言葉を言われます。

どうせ!どうせ、言葉を使うなら、子どもも大人も、言われて嬉しい・言って嬉しい言葉を使ったらどうかな~、と思います(Amazonレビューも、わざわざ書いてくださるなら、お互いが嬉しくなるような言葉が嬉しいですよね)。

↓ トレーニング中(笑)

p.s.

昨日の電子書籍の記事に多くのアクセスを頂きました。ありがとうございました。今、Amazonのページを見ると、さらにレビューを書いてくださった方がいらっしゃいます。嬉しいコメントありがとうございました!

読みやすいし、説得力もある。私にも出来そうだなと思わせてくれる。仕事のことだけではなく、筆者のプライベートも書かれていて、微笑ましい。

【募集中】大阪・02/06(土)
演劇のトレーニング(げきトレ)

電子出版したぼくの事例を公開

今年の一月、一週間で電子書籍を2冊出版しました。一ヶ月で合計22冊ご購入下さいました。買ってくださった皆さん、応援してくださった皆さんに感謝しています。

去年の大晦日に長倉顕太さんの『電子書籍のセクシーな稼ぎ方』という本を読みました。そこで語られていることに「なるほど」と思い、さっそく次の日(元旦)に一冊目を出版しました。

youtubeやブログなどのメディアは、もう5年も前から毎日更新し続けている人がいる。一方で、電子書籍は2012年の10月にAmazonのkindleが日本に上陸。まだ3年ほどの新しいメディアです。

実際に電子出版して思いますが、まだ2016年現在、電子書籍の出版は『凄い』『おめでとう』と世間からは思われています。でも、ぼくの感覚としては、ブログを開設して記事を数本まとめてアップしたぐらいの作業量です。

この世間との感覚のズレは、時が経つに連れて縮まってくるだろうし、それまでに皆さんも試しに一冊出されてみたら、ということを伝えたいです。

包み隠さずお伝えしますね

一月に2冊出版して、一冊目を10冊、2冊目を12冊ご購入下さいました。

kindleの印税は70%に設定出来ます。ぼくは本の価格を500円にしました。なので、おおよそ一冊売れるごとに350円の利益です。

で、電子出版すると著者ページにログイン出来て、そこでリアルタイムで印税や販売数の確認が出来ます。2016年1月30日現在、販売数は合計22冊・印税は7106円です。

そして、これはおすすめですが、自分の本を自分でアフィリエイトします。Amazonさん、これ、いいんですよね。怒られたらすみません。ドキドキ。そうすると、本が売れると同時に紹介料も入ります。今、アフィリエイトを確認したら1157円でした。というわけで、初めてのAmazonからの報酬は、合計8263円でした。

電子書籍を出版するメリットは売上ではないと感じています。

例えば、ぼくは大阪でワークショップをしたり、セミナーをしたり、声やこころのトレーニングをしています。これらにアクセスするには大阪までわざわざお越しくださらないといけません。

でも、電子書籍の場合だと、一回出版しておけば、世界中、どこからでも買って頂けます。自分の仕事を知ってもらえるきっかけになる。興味を持ってもらえる機会になる。だから、個人事業主の方は自分の仕事の幅を広げる、頼もしいツールだと、ぼくは今、感じています。

電子出版されたい方は、手伝います。これは仕事ではなく、遊びなので、ボランティアで手伝います(^_^) 今年のテーマは愛です(笑)

【ご参考にどうぞ】
二冊目の紹介ページ

【募集中】大阪・02/06(土)
演劇のトレーニング(げきトレ)

個人の時代 発信しよう 継続しよう

昨日は女優のさっちゃんでおなじみの、愛澤咲月(あいざわ さつき)さんのボイストレーニングをさせて頂きました。

さっちゃんは自分のことを音痴だと思われていたので、初回は声を出すことすら抵抗があったのですが、昨日は音階練習もスムーズに進み、歌詞で歌うことも出来ていました。確実に前進されています。

個人の時代

昨日、さっちゃんと話していて「個人の時代に出来ること」について考えました。

もちろん、スキルをあげるトレーニングも大切ですが、それと同じぐらい、情報発信をすることも大切だと、ぼくは学びましたし、そう思います。

今は個人の時代、と言われています。数年前だったら一台何百万円もするだろうスマホが、わずか数万円で誰もが持てるようになった。しかも24時間、インターネットに繋がっている。

もはや、誰もがコスト0で自分の本を『自分の力だけ』で電子出版することが出来る。今、手にしているスマホ一台で、映像を撮り、youtubeにアップすることによって、ドキュメンタリーだってフィクションだって、『自分一人』で製作出来る。

もちろん、メインストリームに躍り出るためには、自分の力ではどうしようもない「大きな流れ」が必要かもしれない。しかし、自分一人だけで出ることは結構あります。

ブログに毎日記事をアップし続ける。インスタに作品をアップし続ける。youtubeに動画をアップし続ける。自分で劇場をレンタルして、協力者や共演者を集めて、芝居を打つことだって出来る。最初はクオリティが低いかもしれないけれど、1冊、2冊、1本、2本と続けていけば、自然とコツは掴めてきます。

だから「芸能事務所に所属していないし」とか「年齢はそんなに若くはないし」とか嘆いている時間があったら、「どんな発信をしようか」というネタを考える時間に当てたら、あるいは発信する作業にあてたらどうかな、とぼくは思います。

ずっと応援してます(^-^)

【募集中】大阪・02/06(土)
演劇のトレーニング(げきトレ)

要はバランス 自己中は他人に興味を

去年、ノリで始めた『ここトレ』。生徒さんから感想を沢山頂き、感謝しています。一期生の方からの言葉をご紹介します。

ここトレに行ってから、今までの私の35年来くらいの課題だった、事柄を手放しました。そうすると、その事自体がかわり、いまはもう別の素敵な事柄へと変化しています。昔を思い出せない位の変化です。いつも先生が言ってはった、手放すという凄さを実感しています。

あと、余白を開けることの大切さを学びました。余白がなければ、自分のしたいことも考えることも実行する事も出来ない。いままでは焦って、余白を埋めることを考えていましたが、現在はおかげさまで余白を作りつつあります。今年はその余白を活かして、動いていきます!

35年って凄いっす。続いて2期生からの言葉をご紹介。

怒りの感情は表現してもいいし、しなくてもいい
自分の感情を消化してあげていいってことでしょうか

今までは、その感情をそもそも持つことがあまり良くないことだと思っていたので、受け止め方が悪いのかなとかその感情を消すために別の考え方探したりしてました

自分が常に相手に合わせにいかなくていいと思うと気が楽になりましたし、怒ってる人に対しても寛容になれる気がします

メッセージありがとうございます。

相手に合わせにいこうが、合わせにいかまい(?)が、相性の合う人とは合うし、合わない人とは合わない。ぼくも可愛がってもらおうと、よく媚を売りに行くんですが、想いが届かない人には全然通じません(笑)

自分がネガティブな感情を出しても、出さなくても、合う人とは合うし、合わない人とは合わない。だから、他人軸で生きずに、自分の感情を大切にね、という話ですね。

でも、注意なのは、ぼくみたいに基本的に自己中心的な奴は、もうちょっと他人に対して思いやりを持ちましょう、ということもいえます。自己中な人が、こういうメンタル系の勉強を曲解してしまうと、手がつけられなくなる。

要はバランスですよね。自己中な奴は、他人に興味を持とう。他人に尽くそう。他人にばかり合わせている人は自分の感性を大切に。自分の気持ちを大切に。

みなさん、コメントありがとうございました。大好きです♪☆← 媚

dsc_0283.jpg
電子出版 三冊目になると、だいぶ書くコツが掴めてきました

【募集中】大阪・02/06(土)
演劇のトレーニング(げきトレ)

「ノリの力」は馬鹿に出来ない

電子書籍3冊目の出版準備を始めました。

(★ 電子出版されたい方へ・・とりあえず一冊作るとやり方がわかるので、まずはどんな内容でもいいので、一冊出されることをおすすめします。僕で良ければお手伝いします)

dsc_0280.jpg
荒井さんから教えてもらった16分割で構成を検討中

3冊目のテーマは『こころのトレーニング』にしようと思っています。

そもそも、こころのトレーニングは大阪の桃谷にある和カフェ・葉菜茶でしている、ぼくの大切な仕事の一つです。去年の5月頃に、「はしづめ君、前向きになる秘訣を教えて」「うん、いいよ」みたいなノリで始まりました。略して「ここトレ」です。

ノリで始まったのに、こんな感想も頂き、感謝の日々です。

昨日スタッフと2人で泣きながら抱き合ってました(笑)ここトレで少しでも変われてる自分が嬉しいです(*^^*)ここトレ最高です∩^ω^∩

今、おかげさまで合計9人の方がここトレの生徒さんになって下さいました。ここトレはリアルで会う以外に、FacebookグループやLINEでゆるくやりとりしています。

それで、せっかくなので生徒さんに、「出版するので、ぼくから言われて良かった言葉を教えて下さい」と自己中メッセージを投げかけました。さっそく返信を下さり、ありがたいです。

で、うまいなあ、嬉しいなあ、と思ったコメントがきたので、紹介します。

ここトレが終わってから「日本語」と「日本人の深層心理」について勉強してます^^それを使ってお答えしますね(笑)

日本人は「どうせ」や「どっちみち」という言葉を多用します。「どうせ」=「どの瀬」(どの瀬を渡っても・・・)「どっちみち」=「どっちの道」(どっちの道を進んでも・・・) あとに続く言葉は多くが「否定的」「あきらめ」ですね。日本人の心の奥に深く染みついた考えと言えます。(多くの国語学者が言ってます)

「ここトレ」はその「どうせ」や「どっちみち」を排除するのではなく、そのままの姿で瀬を渡らないのではなく、道を選ばないのではなく、進んでみる勇気をそっとやさしく「背中押す感じ♪」で与えてくれます。橋爪先生の「姿」と、ここトレ仲間の「姿」で啓発をうける「場」です。ものすごく前向きに!

「どうせ」自分は自分。「どっちみち」よくなる!渡る瀬や、選ぶ道はそれぞれ違っても前に進もうとする仲間が、それを後押ししてくれる、そんな場所です。

ほんとに嬉しい言葉ありがとうございます。

このメッセージを下さった御方は、どんどん行動されていて、どうなられていくか、楽しみです。まあ、生徒さんからしたら、ぼくがどうなっていくかも楽しみかと思いますが・・・(笑)お互い楽しみですね。

「どうせ」自分は自分。「どっちみち」良くなる。だから、良いな、と思ったことをノリでやってみよう!ということです。

ノリでやって、本を2冊出版できたり、9人もの生徒さんと出会えるのだから、ノリ(いきあたりばったり)の力も馬鹿にはできないですよね。

dsc_0277.jpg
今日は妻の職場の近くまで行き、いっしょにランチを食べました

【募集中】大阪・02/06(土)
演劇のトレーニング(げきトレ)

稼がなくても妻が喜ぶ主夫について

男性だけどフルタイムでは働かずに、家事や育児をしながら自分の好きな仕事をするライフスタイル。そんな生き方もおすすめです。なぜなら、自分自身も子どもも、そして、妻も喜んでくれているからです。

例えば、ぼくは今年の正月明けの一週間(1/4 – 1/10)、全く仕事を入れずに同じ生活をし続けました。

息子を保育園に送る → カフェ(teatime)でモーニング → 掃除 → ブログを書く → 電子書籍の執筆 → カフェ(葉菜茶)でランチ → スーパーで夕食の食材を調達 → 妻が朝に干した洗濯物を畳む → 夕食の準備 → 息子を迎えに保育園へ → 息子に夕食を食べさせる → 息子をお風呂に入れる

これを毎日繰り返しました。

そして、一週間経った夜、妻に「なあ、いっちゃん、今週は100点満点中何点やった?」と聞くと(恥ずかしい会話ですね)、「298点」という超高得点が返ってきました。

今まで、どんなに単価の高い仕事を受注したとしても、そんな点数はもらえなかった(毎回、聞いてたんかい(笑)。

部屋を片付けて息子の世話をしていたほうが、妻は満足してくれた。しかも、ぼく自身、去年は独立一年目より年収は高かった。

もし、二人共フルで働いていたら、部屋の中はぐちゃぐちゃだろうと思います。

昔、正社員として働いていた時、職場の掃除をしながら、「ほんまは、自分の部屋を綺麗にしたいのになぁ」と思っていました。今は、自宅のリビングやキッチンがオフィスでもあるので、朝から気持ちよく掃除ができます。そして、妻も喜んでくれる。

だから、もしパートナーが働いていて、それなりの収入があるのであれば、自分は家庭や育児の生活に根ざしたライフスタイルにシフトしても楽しいかな、とぼくは思います。

結局、どういう生活をしていたとしても、「なんとかなる。なるようになる」と、今は感じています。みなさんのライフスタイルが幸せでありますように。

DSC_0003 (37)
以前はギャーギャー泣いていたのに
1453769090445.jpg
ようやく、乗れるようになって、この表情

【募集中】大阪・02/06(土)
演劇のトレーニング(げきトレ)