さとうみつろうさんの本を買う

最近、Facebookで名前をよく見かける、さとうみつろうさん。

昨日、津駅(三重)の本屋さんで一冊購入。鶴橋に向かう近鉄車内で、パラパラと読みました。書き出しが素敵だったので引用します。

主人公の名は、みつろう。

いたって普通のサラリーマンで、二児のパパである。いたって普通の街で生まれ、いたって普通の会社で働き、いたって普通の社会人としての生活を送る彼。

でも、彼には一つだけ普通じゃないことがある。他の誰とも変わらない「普通の日常」の中から、人生が好転する方法や、対人関係の法則、成功哲学などを次々に発見していく。

そんな彼が、インターネット上に毎日アップしている記事の中から、笑えて、気づけて、深く納得できる逸話の数々を、ショートショートとして厳選したのが、この本である。

素敵だと思ったことを書きます。

1.夢がある

一般の方が、日常から得た気づきをブログにアップ。そのショートショート(18本)の記事がこうやって紙の本になっている、というのが素敵です。ブログを書いている人にとって夢がありますよね。

気づいたことをブログに書く。毎日書く。そこがポイントですね。

2.距離感が近い

先日、山口県で開催された、みつろうさんのトークショーで、あわやせいじさんが舞台に立たれていたそうです。何と書いたらいいか、、この近距離な感じに、ワクワクします。

3.まさかの純正律

さらに、みつろうさん。調べていると、どうやらトークショーの中で『純正律』を聴いてもらうコーナーを設けているようです。

合唱の世界ではおなじみの純正律。それを、みつろうさんはどう定義づけ、どう価値づけ、どう説明されているのか、興味が湧いてきました。

出会いはタイミング

みつろうさんは、ぼくが知る前からずっと存在していました。ブログも書いていて、本も出されて、講演活動もされている。ぼくが知らなかっただけです。

昨日、ふと、本屋で本を手に取った瞬間から、本を読みだし、ブログを読み出し、YouTubeを見始めた。きっと今後、トークショーにも足を運ぶでしょう。

そんな感じで、出会った時に興味が湧けば、その興味の赴くまま、対象を深めていく。「お、なんだ?」という感覚を大切にしたいな、と昨日思いました。

ギブアンドテイクをやめる

【緩さ】こそが人間関係において大きな力になる。緩い人は他人を許すことが出来るからだ。

【許す】と【緩い】は同語源だと辞書で知った。【緩い】の意味の一つは「規則などが厳しくない。寛大である」。厳しくないから、他人の過ちに対しても寛大な心を持てる。

だから、幸せなコミュニケーションをするには、意識的に自分の中に【緩さ】を取り入れるといい。自分を緩める方法を書きます。

ギブアンドテイクをやめる

相手に何かを与える代わりに、何かを受け取る。その考え方を辞めてみよう。相手からの見返りを期待しない。自分が「してあげたいな」と思ったら、与えることだけに集中する。

そんなことを書いているぼくも、じつは小学生時代に苦いエピソードがある。

ギブアンドテイクをやめる|合唱指揮者 橋爪大輔|note(ノート)

橋爪、無料で出版業やるってよ

2016年の1月1日に自分の電子書籍を初めて出版して、今日で121日目。ご縁があり、他人様の電子出版の手伝いをするようになりました。

人生、どう進んでいくかわかりませんね。流れに身を任せています。

きっかけはSNS

数週間前、Periscopeで仲良くなったさちちゃんこと神谷早智子さんが、ご自身のタイムラインにこんな記事をアップしてくださいました。

だいちゃんのペリスコープ♪今回は電子書籍出版について語ってくれてます♡めっちゃ簡単、今日すぐ作れちゃう♪だいちゃんはなんと、4時間電子書籍つくったらしい!!!

そして、その最後にこんな一言。

あっ、あかりちゃん出すかもしれないみたいですよん♡楽しみ楽しみ♪

さちちゃんのその記事のコメント欄がきっかけで、あかりさんとのやりとりがFacebookのMessangerで始まりました。

テーマは愛

あかりさんは目の手術をされています。パソコンの画面は光が強すぎて負担が大きい。それでも、書き溜められた詩を電子出版出来たら嬉しい、とのことでした。これは、手伝うしかないでしょう!

ということで、今回は初めての試みをします。

つまり、あかりさんから原稿をもらい、それをぼくが編集して、ぼくのアカウントで出版します。橋爪出版です。

そして、基本的に、ぼくはこの作業をすべて無料で行います。だって、2016年のテーマはですから。ギブアンドテイクなんて考えない。ギブギブギブの精神です。

楽しいからやっている

この作業、昨日から開始したのですが、楽しいです。

まず、一人の人とじっくり向き合える。ぼくは、普段は他人のブログは流し読みですが、こうやって、原稿を渡してもらうと、それをしっかりと読み込みます。なので、その御方のことをじっくりゆっくり感じることが出来る。

そして、楽しさの2つ目は、どこでも作業ができる

現に、今、ぼくはこのブログを三重県の実家で書いています。あかりさんご本人と一度もお会いしたことはないですが、FacebookのMessangerで密にやりとりをしています。パソコンとネット環境さえあれば、どこでも取り組める。これはとっても楽しいです。

なにより、あかりさんのお人柄が本当にご丁寧なので、関わっていて心地が良いのです。幸福を感じます。一緒に何かをするなら、雑な人より丁寧な御方がぼくは好きです。

というわけで、あかりさんの詩が世に出るお手伝い、全力でさせてもらいますよ!ご期待下さい。

電子書籍はWordが書きやすい

以前、電子書籍の原稿を書くのにGoogleドキュメントが使いやすい、と言いましたが、2016/05/01 現在、訂正します。やはり、Wordのほうが使いやすいです。

なぜ、Googleドキュメントを勧めたかといえば、EPUB Publication(.epub)への変換が容易だったからです。

Wordだと(1)原稿を書いた後に(2)ロマンサーというサイトで.epubに変換して、そのあと(3)Kindle ダイレクトパブリッシング(kdp)にアップロードするという手順でした。

それが、Googleドキュメントだと、ドキュメント内で、.epubに変換&保存ができる。上の(2)の工程の手間が省けるのですね。だから、Google良いな、と思いました。

しかし、実際に使ってみて、複数、問題点を感じました。

1.縦書きで書けない

Googleドキュメントは縦書きで書けません。横書きで出版するなら問題ないのですが、縦で出したい方にはやりにくいです。

2.改行の隙間が気持ち悪い

これは感覚的な問題ですが、Googleドキュメントを使って、.epubに変換します。それをkdpにアップして、kindle端末で読んでみると、文と文の間のスペースが妙に狭いんですよ。それが、読んでいて気持ち悪いとい。

おそらく、Googleドキュメント側はアルファベットで文章が書かれることを前提にしているのかもしれません。とにかく幅が狭くて読みにくい。

その点、Wordは縦書きで書けますし、改行も違和感がありません。というわけで、ぼくはWordに戻ろうと思います。もちろん、Googleドキュメントにも良さはあります。クラウドに保存できるので、どのパソコンからでも書けるのが魅力です。

以上、原稿の執筆において、今、思っていることでした。

★ 電子書籍を出版しようは 【こちら

電子書籍に関する記事をまとめています。読むだけで、出版したい!自分にもできそう!というモチベーションを持ってもらえると思います。

★ 橋爪大輔の電子書籍こちら

現在、6冊出版しています。出したい、というやる気さえあれば、電子書籍は一日で出版できます。

みえむ・ブラックカレー

はじめて【みえむ】に行きました。

1461982238038
子どもが遊べるスペースがありました
DSC_0047
迷路みたいになっていて
DSC_0051
中はこんな感じ
DSC_0056
階段をのぼったり降りたりする隣にも色々な情報
DSC_0062
絵本を読むスペースもあります
1461982728538
リラックスしながら絵本
DSC_0077.JPG
三重県総合文化センターのリズカフェでブラックカレー

はれ君・津・高虎DOG

DSC_0003
はれ君専用の緑のイス
DSC_0001
最近はパンパンマンにも興味が出てきました
DSC_0010
でんちゃで津に移動
DSC_0017
はれ君を実家に預けて二人でドライブ
DSC_0013
津のヨットハーバー
DSC_0022 (1)
嬉しそうで何より

DSC_0020

DSC_0028
津で行くなら
DSC_0041
高虎DOG

DSC_0029

店内は広く、席と席のスペースにゆとりがあるので、混んでいても、騒々しさがなかったです。

最も感じたのはカフェのスタッフの方の「ゆとり」。ぼくたちが行った時も30分待ちでしたが、店員さんはその状態でも「余裕」「楽しい」「当たり前」という雰囲気が出ていました。

その雰囲気がこちらにも伝わってきたので、待っていましたが、イライラがなかったです。

DSC_0030
53種類のメニュー
DSC_0036
ゆとりのある席
DSC_0037
井戸端セット。ドリンクの値段で好きなドッグの半分を食べることが出来ました
DSC_0039
満足そうで何より
DSC_0042
実家に戻って

amazonのプライムラジオを聴きながら、実家のノートパソコンで原稿を書きます。クラウドに保存しているので、パソコンを持ち運ぶ必要がない。最高ですね。

というわけで、完成しました!6冊目の電子書籍です。『ガラガラなスケジュールとの付き合い方

design (4)

p.s.

【速報】

橋爪出版が本日誕生しました(笑)

5月は編集&表紙デザイン&出版代行の仕事をします。2016年1月1日に自分の本を初めて出版して今日で120日目。今では他人様の本の出版に関わるようになる。

人生、どう進んでいくかわからないものですね。

6冊目の電子書籍を出版

こんにちは、橋爪大輔です。

6冊目の電子書籍が完成しました。今回のテーマは「スケジュール・ガラガラ」(ガラ・スケ)です。

ぼくは2015年11月07日にブログを開設しました。その日以降、毎日投稿を更新し続けています。そして、出来上がったブログを、毎晩19時にFacebookにお届けしています。その中で、一際反応の良いテーマがあります。それがガラスケです。

ガラ・スケは反響を呼びます。

Facebookには「ええええ~!あんなスケジュールで生活費稼げるんですか~?」など、率直なコメントが並びます。

ぼく自身、ガラ・スケを実践する中で、挑戦したことや失敗したことがあります。もちろん、良かったこともあります。それらをこの本を通じて言語化していきます。

どうぞ、お楽しみください。

design (4)

【目次】

はじめに
01 予定を埋める
02 昼寝しても良い
03 ゴロゴロして穏やか
04 アイデアを形にする
05 イクメンになれる
06 流れはそのうちくる
07 生活費を稼がない
08 価値観は変わる
09 服を捨てる
10 ガラ・スケに許可を出す

ガラガラなスケジュールとの付き合い方

緩さこそが人間関係において大きな力になる。幸せなコミュニケーションをするには、意識的に自分の中に【緩さ】を取り入れるといい。

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。ガンジー

大ざっぱ。生ぬるい。しまりがない。【緩(ゆる)い】という言葉にはこんなイメージが付きまとう。

劇団に勤めていた頃のこと。稽古の一環で他グループのリハーサルを鑑賞していた。入社したてのぼくは、床に座って足をゆるゆる伸ばしていると、すかさず「そんな態度はけしからん」と一蹴された。仕事中にリラックスするのは無礼なようだ。確かに戦国の世で織田信長の前で足を崩していたら、即切り殺されそうな気がする。

財布の紐が緩い、という言葉もネガティブだ。必要以上に金を使う。無駄遣いをする。ぼくはお年玉をもらったら、その日のうちに全部使い切ってしまうタイプ。貯金はできた試しがなく、妻からは常々雷を落とされている。

そんなマイナスな【緩さ】。その緩さこそが人間関係において大きな力になる。緩い人は他人を許すことが出来るからだ。

【許す】と【緩い】は同語源だと辞書で知った。【緩い】の意味の一つは「規則などが厳しくない。寛大である」。厳しくないから、他人の過ちに対しても寛大な心を持てる。

だから、幸せなコミュニケーションをするには、意識的に自分の中に【緩さ】を取り入れるといい。自分を緩める方法を書く。

note ⇒ 緩さこそが人間関係において大きな力になる。幸せなコミュニケーションをするには、意識的に自分の中に【緩さ】を取り入れるといい。|合唱指揮者 橋爪大輔|note(ノート)

息漏れせず響きをのせて歌う方法

昨日はボイトレでした。

昨日の生徒さんは、感情豊かに歌われるのが素敵な女性の方です。課題としては、息に響きをのせることです。

響きがのった状態で歌うと、少しの力で大きなエネルギーが出ます。反対に、息漏れのまま歌うと、自分で自分をしんどくさせてしまう。色々なアプローチで響きのある声を感じてもらう時間になりました。生徒さんの復習になるようにメニューを公開します。

1.風船ブレスを10回

ポイントはゆっくりジワジワ膨らませること。そして、肩や首の力は抜くこと。スムーズに出来ました。

*参考

2.ブレスコントロール

メトロノームtempo=60に合わせて、レガートで7拍吐き、1拍で吸います。その要領で11拍・15拍・3拍とします。次に、tempo=80に合わせて、4分・8分・3連符・16分をスタッカートで吐きます。これもスムーズでした。

3.リップロールでロングトーン

その後は、裏声から地声へグリッサンドでリップロールをします。実際に発音する前にリップロールをすると、喉を暖めることが出来てストレッチ効果があるのでおすすめしています。

4.リップロールで音階練習

drdrdrdrdの音階を下のラからファ#ぐらいまで順次進行で発声しました。ファ#までいったところで、発声を裏声に変えてもらい、今度はその音階で上のシから下降していきました。こうすることによって、裏声と地声の境界線を混ぜ合う効果を狙っています。昨日の生徒さんの場合、地声でソから上にいくと顎があがってくる傾向にあるので、まずは裏声から地声にアプローチしました。

5.ハミングで音階練習

リップロールでおこなったdrdrdrdrdの音階を今度はハミングでします。響きを掴むためです。その後は口を開けてオープンハミングで同じことをおこないました。

6.発音で単音発声

これが今回の最大のポイントでした。子音が変わると、響きののりかたが変わってきます。だいたいはnとかmが響きやすい。ですが、昨日の生徒さんはそこまでジャストミートという感じではありませんでした。

なので、一つづつ、ko,so,to,のような感じで発声してもらいました。すると、rが一番響きました。生徒さん自身も「支え」ながら「響かせる」という感覚をrで持てていたように思います。 ro re ru ri ro re ru ri ×2 raで発音しました。

その後は、曲を使って練習しました。まずはリップロールでメロディを歌う。次に「ru」で歌う。最後に歌詞をギター伴奏で歌う。また来月よろしくお願いします(^_^)

p.s.

5月から「はじめてのボイトレ」を始めます。ボイトレを受けたことがないけど、興味がある、という御方のためのセッションです。また、個人よりグループで楽しく、という御方にもおすすめします。興味のある御方はご覧ください。【こちら

design (62)

マンツーマンでのボイトレの日程は【こちら】からご覧ください。

design (95)

初動を過度に気にしない

本日2記事目です。ふと思いかんだので、ブログに書いておきます。

ぼくは電子書籍を現在5冊出しているのですが、その売れ方から学ぶことは多い。例えば、2冊目の『好きなことをお金に変える力』は発売してから100日が経ちましたが、実は、2,3日に1冊程度売れ続けているのです。

キャプチャ

発売を開始した初日は確か5冊ぐらいだったと思います。そして、その後、少しずつ少しずつ一冊ずつ売れ続けている。だから、思うのですが、最初にあまり反応が無かったとしても、こうやって、後からジワジワとリアクションがあることがある。

なので、初動を必要以上に気にする必要はないな、と思います。

例えば、ブログは待つメディアと言われています。記事を書いてアップした瞬間にすぐ大きな反応があるわけでない。むしろ、こつこつこつこつやり続けた先に、思いもよらない何かが待っている。

それは、電子書籍に限らず、ブログに限らず、自分の活動や仕事にも言えるな、と思います。もちろん、リアクションは嬉しい。でも、リアクションが無いからと言って、すぐに投げ出してしまうのはもったいないと思います。

自分がそれをしていて楽しいのであれば、周囲の反応を過度には気にせず、観葉植物を育てる感覚で自分のやりたい〇〇を持続してはどうかな。それがぼくの今の考え方です。