【おんがくげきをつくろう】のワークショップが生野区子育てプラザで始まりました

ぼくは児童青少年演劇を生業にする職業劇団に4年間、正社員として働いていました。給料は少なかったですが、小学生の前でライオンやネコの演技をすることは、毎回楽しかったです。

kisaragi

個人事業主として独立してから『やりたいな』と思ったことの一つが「演劇のワークショップ」です。その時集まった集団でチームになり、ワークショップをして本番の舞台に立つことは、楽しいだけではなく、そこに関わる全ての人達にとって、多くの学びを得る機会にもなります。

『緊張感と付き合いながら人前でパフォーマンスする』というスキル。『滑舌をよくしてお客さんに言葉をしっかり届ける』というスキル。『チームをフォローし合って1つの物を作る』というスキル。『平面的な脚本(文字)から、想像力を働かせて、立体的な舞台を創造する』というスキル、などなど。

そんな、遊びながら社会で必要なスキルを磨くことが出来る演劇のワークショップを生野区でもやっていきたい。ということで、昨日から『おんがくげきをつくろう』のワークショップが生野区子育てプラザでスタートしました。対象は生野区の子ども達と、子どもに関わりたいという大人であればどなたでも。合計6回のワークショップ(練習)を経て、2017年3月26日(日)に生野区役所の大会議室で発表します。

取り組む脚本は生野区のエッセイスト・杉本佐希子さんが書いてくれた『大きなかぶ』です。音楽面のオリジナルソングは生野区の保育士の本田さんが作詞・作曲してくれました。集まった子ども達は8人。大人はピアノ担当の女性が一人と、ぼくの合唱団のメンバーからソナコがアシスタントとして参加です。

おんがくげきをつくろう・初回で気を付けたことを書きます。

一回目の顔合わせは、その後のワークショップの方向性が決まる大切な回です。特に子どもと取り組む時は慎重にいきたい。こちら側からあまり攻めすぎず、子ども達がその環境・空間になれるまで、ゆっくり進行することをぼくは意識しています。

子ども達がワークショップに取り組む会場にやってくる20分前には、その会場を整えておきたいところです。どうすれば子どもがリラックスしてワークショップに取り組むことが出来るか。その一点を考えます。幸い、子育てプラザには大きなジョイントマットが6枚あったので、それを敷いておきました。

こどもが会場にやってきました。日常会話をしていると、もうすでに子ども達の間で、「私は犬をやる」「ぼくは大道具をやる」など配役がある程度決まっている様子です。そこでこの流れを利用します。

ぼくが準備していた進行では、最初に「自己紹介」をする予定でしたが、そのワークショップの場で、誰々が何々をする、という会話が出始めたので、それに寄り添って、ホワイトボードに配役と子ども達の名前を書いていきました。名前を書くことで自己紹介にもなり、配役も決まり結果的に一石二鳥です。

『おじいさん』(男性・かつ、最初に舞台に登場する重要人物)を誰もやりたがらない、という問題点については「おじいさんをお姉さんにしたらやりたい?」と投げかけて解決しました。これも、事前の準備にこだわり過ぎず、参加者のその時の様子によって、臨機応変に対応することを意識しています。

「おんがくげきをつくろう」の目的の一つは、子ども達の主体的な行動を引き出すことです。なので、進行側が『あれをしなさい、これをしなさい』と押し付けることは極力避けます。子ども達の『やってみたい』に「いいね、やろうやろう」とイエスアンドで答えていくことが大切だとぼくは思います。

初回の昨日は配役を決めて、役者をする子は脚本の読み合わせをしました。大道具・担当の子は、カブをどう作るか、舞台をどう作るかの絵を描いてもらいました。子ども達は「楽しかった」と言いながら帰宅していったそうで嬉しいです。次回は立ち稽古をします。

design

一見すると仲の良さそうに見える橋爪家だが、昨夜は見事に喧嘩をした話

一見すると仲の良さそうに見える橋爪家だが、昨夜は見事に喧嘩をした。以前、社会起業家達のトークショーを聞きに行ったとき『ソーシャルデザインのドーナツ化現象』という言葉を起業家は話していた。外で仕事を一生懸命にやればやるほど、家庭に空洞が出来る。今回の喧嘩はこれに近い。

状況はこうだ。妻は19時前に帰宅。すでに食卓に夕ご飯は出来上がっている。この数日、主夫として料理も作っていた。茄子と薩摩芋の味噌汁に豚肉の野菜炒め。さらに、昨夜は妻がスーパーで刺身と缶ビールも買ってきてくれていた。家庭的な金曜日の夜。そんな中、ぼくの一言で雲行きが怪しくなる。

「ねえ、いっちゃん。もしかすると、ぼく、合唱指揮者の仕事で海外に行けるかもしれないよ。まだわからないけどね」。そうなのだ。そんな夢のような話が、昨日、舞い込んでいた。これまで、合唱指揮のセミナーなど自費で海外に行ったことがある。でも、今回は『仕事』としていけるかもしれない。

ぼくはウキウキしていた。『合唱指揮者』として仕事が出来る!電子書籍を書いたり、動画を作ったり、生野区を盛り上げたり、色々な活動をしているけれども、ぼくの肩書は合唱指揮者。これは妻も喜んでくれるだろう!「良かったね、おめでとう」と言ってくれるだろう、と。そんな妻はぼくにこう言う。

「(僕が長期間いないと)いそがしくなる」。

なんでやねーん(笑) 現在の橋爪家は、息子の送り迎え・家の掃除・(出来れば)夕食・はれ君をお風呂に入れる。これがぼくの役割だ。確かにこれらが今のライフスタイルの妻にすべてのっかかると大変かもしれない。

一晩経った結論はこうだ。核家族がいけない。ベビーシッターのサッキー、橋爪家を助けて下さい(笑) なんとかしてこの核家族感をほぐしていきたいなあ。今から妻との関係の修復に入ります。お疲れ様です。

フードショップ大門に行ってきた | スコップの生野銀座商店街を紹介 vol.02

スコップの生野銀座商店街シリーズ。2回目を撮影しました。今回はフードショップ大門(八百屋さん)です。まずは動画をご覧ください!

スコップとは14時に商店街に待ち合わせ。10分ぐらいで企画会議をして、撮影に入ります。今回から、完全にスマホ一台(+SONYのピンマイク)で撮りました。編集もスマホのアプリでしています(vivavideo)。15時過ぎに全てのカットを撮り終えて、そこから約150分ぐらいかけて編集をしました。

たまたま偶然、生野銀座商店街の近くに引っ越してきたスコップ。ご飯を食べながら「スコップの服装がカッコイイし、その姿で商店街を取材したら面白いんじゃね」というノリで【スコップTV】は始まりました。まさに即興。完全に無計画です。ざ・いきあたりばったり。

スコップは、動画・初デビューで既に堂々たるレポートぶりを発揮していました。このスコップの役者っぷりは、実際に動画を撮ってみないことには気がつかなかった。動画を撮ってみて初めてわかりました。想定外です。

何かを始める前からあれこれ考えすぎてしまわず、とにかく小さく一歩を踏み出す。行動に移してみる。身体を動かすと気づくことがあります。動きながら修正していく。あるいは、違和感を感じたら辞めればいい。それぐらいのノリで行動を多発していくことがブレイクスルーを起こすのではないでしょうか。

次回は鍼灸接骨院・えがお本舗を紹介します。フードショップ大門さん、ご協力ありがとうございました。スコップ、次回もよろしく!

毎日積み重ねていけば自然と誰でも成長する。だとしたら、『自分の今』が優れているか劣っているか、なんてどうでもいい

昨日は伊勢神宮の御垣内参拝に行ってきた。昨年に続いて2回目。同じ行事を繰り返すことは一年を振り返る良い機会だと感じた。去年のブログには「伊勢神宮に行ってきました。楽しかったです」程度の感想しか書いていなくて、まじか、と驚いた。もう少し何か書けるはずだ。

今年のぼくが、去年の自分に言うとする。「ねえ、この伊勢神宮の記事。もう少し、何か書けるでしょう。生野区のエッセイストのサッキーも言ってるよ。『自分が何を思ったか』を書けって。もうちょっと何か書こうよ」。でも、去年のぼくはこう答えるだろう。「これでも意図を持ってやってるんです」。

今年のぼくは思う。「頑なやなぁ」。一方で、一年経って「もうちょっと出来るだろう」と思えるということは『成長している』と捉えられる。だから『まあ、いいか』とも思う。はれくんは去年の伊勢神宮の後、初めて一人で歩けるようになり、今年の伊勢神宮の後、『抱っこ』を一度もせずに自宅に帰った!自然と成長している。

やり続けていれば、自然と伸びていく。昨年の伊勢神宮に行った後、10月に初めて大阪産創館でエクスマ・セミナーを受講した。その後、2016年の前半はエクスマ塾で、真理やSNSの活用を集中して学んだ。ひと段落した今、『ぼく』が感じるたった一つの学びは『やり続けること』。

やり続けているからこそ、一年経って「もっと書けるでしょう」と思う。どれだけ有益な情報を得たとしても、それを受けて、実際に行動に移すかどうかで、その先が変わってくる。エクスマでよく言われている『決断より行動』だ。ブログ一本の記事に対して「これでいいかな、どうしたらいいかな」とああだ、こうだ、悩むより、とにかくやり続ける。

おそらく、来年のぼくが今朝のぼくの文章を見たら「おいおい」と感じるだろう。でも、それで良いかとも思う。こつこつ毎日積み重ねていけば自然と誰でも成長する。だとしたら、『自分の今』が優れているか、劣っているか、なんてどうでもいい。ただただ、淡々と来年の今に向かって書き続けるだけだ。

グッチのスタジオラクトに行ってきた!

スコップこと前田智章さんが生野区に引っ越してきた。SNSを通じてぼくのことを知っていてくれて「会いたい」とメッセージをくれた。こんな嬉しいことはない。

さっそく会って、スコップと「とにかく動画を一回撮ってみよう」という話になった。理由は単純。スコップの服装がスタイリッシュでカッコよかったから。そして、出来上がったのが『スコップの商店街紹介』

15分程度でネタ合わせをして、1時間かけて撮影をして、その日の晩、2時間程度で編集をして翌朝に公開した。動画を視聴された方が楽しんで下さったのが嬉しかったし、何より、スコップがとっても喜んでくれたことが本当に嬉しかった!

そのスコップとの初めての動画投稿に「ぼくも作って」とコメントが入った。もちろん、僕たちで良ければ喜んで作ります!というわけで、スコップ・2回目の動画にして、滋賀県の南草津に行ってきました。エクスマで同期のグッチこと山口克志さんのスタジオラクトを撮影しました。前置きが長くなりました。どうぞ!

動画を作り終えて、今思うこと。生活していると、色々なことが起こる。良いこともあれば、もちろん、残念なことも「やってしまった」と思うことも起きる。楽しい時もあれば、落ち込むときもある。そういう時に支えになってくれるのが友達の存在だ。

自分を頼ってくれた人に対して、ぼくは全力で応えていきたいし、ぼくも落ち込んだ時は頼りたい。ちょっとクサいけど、昨日はそう思ったので、今日だけはここに残しておきます。

そして、その関係性を誰とでも、どんな人とでも築いていけたら幸せだ。派閥とか、「お前は誰々派」とかどうでも良いと思う。しょうもない。一人一人、短所もあれば長所もある。共通点もあれば差異もある。だから、ある点ではわかりあえないかもしれないけど、ある点では仲間になれる。

そんなことを昨日、感じました。スコップ、グッチ、楽しい時間をありがとうございました。また遊ぼう!動画をご覧になって下さった皆さん、ありがとうございました。

img_20161005_003002.jpg

楽しくボイトレをして悩みも解決!

昨日はボイトレの仕事でした。トレーニングを始めてもう一年が経つ、ぼくにとって大切な生徒さんです。最初に来られた時のお悩みは「大きい声で歌うほど安定しない」「お腹から歌えない」「裏声が細い」というものでした。一年経った今、それらの悩みは解決している、と自信を持ってお伝えできます。それぐらい変化されました。

昨日のトレーニングメニューを生徒さんの復習用に書きます。

まずは【風船ブレス】:100均で買ってきた風船を膨らませます。ポイントは一息で膨らませること。ゆっくりじわじわと膨らませること。これを10回行うことで、呼吸筋を鍛えるとともに、レッスンにスイッチを入れてもらいます。

次に【ブレスコントロール】:メトロノームに合わせて息を吐きます。カウントは7・11・15拍と徐々に時間を長くしていきます。もう一つはスタッカート。メトロノームに合わせて、身体の中にある息を一瞬で吐ききります。この訓練をしている時に、ぼくは生徒さんのその日の体調などを感じとります。

次は【リップロール】:昨日の生徒さんは、もう既にリップロールで音程をコントロールできるので、最初から「ドレミファソファミレド」の音階でリップロールをしました。

意識した点は、中音域から高音域にかけて、地声を押すことで音程に到達しようという癖があるので、中音域まで歌ったら、一旦止めて、今度は裏声でリップロールをしてもらい、高音域から中音域にかけて下降することをしました。

こうすることで、ブレイクポイント(地声と裏声がひっくり返る地点)をスムーズに行き来できるようになります。

リップロールの後は【ハミング】:裏声で「ドレドレドレドレド」の音階で中音域から始めます。昨日、生徒さんが準備してきた歌の最高音が「ミ♭」だったので、ハミングでそこまで歌えるか、この時にチェックします。体調も良く、バッチリ歌っていらっしゃいました。

ハミングの次は【発音】:ハミングは「n」と歌うので、そこから発音に繋げるには「na・ni・nu・ne・no」のどれかを選択します。昨日の生徒さんの声を聴いていると、「no」の発音が一番響いていたので、「no」で「ドレミレドレミレド」の音階で、最高音「ミ♭」まで歌いました。

発音に関しては「no」に比べると、他の「na・ni・nu・ne」の響きはやや劣っていたので、ここが、昨日の生徒さんの更なる伸びしろポイントだな、と感じました。母音や子音が変わっても響きのある声で歌えるようになっていきましょう!

【発音】の後は【滑舌】:「na ne ni na ne ni na ne ni na ne ni ×2 no」を「ドドド レレレ ミミミ レレレ ×2 ド」の音階で最高音「ミ♭」まで訓練しました。滑舌はさらに改善出来ます。特に「あぶりカルビ」という早口言葉を練習してみてください。

【滑舌】のあとは【跳躍】:生徒さんが準備した曲に「5度の跳躍(ラ♭⇒ミ♭)」がありましたので、発音「no」で「ド・ソ・ド・ソ・ド」の音階でスタッカートで最高音「ミ♭」まで訓練しました。余裕があったので、「ド・ソファミレド」というスタッカート+レガートも練習しました。余裕でしたね。

ここまでが【発声練習】です。ここまでで昨日の生徒さんはだいたい40分ぐらい。ここから【実践練習】です。生徒さんが選んだ曲を実際に歌って練習します。ぼくはメロディをキーボードで弾いてサポートしたり、ギター伴奏で生徒さんの気持ちを盛り上げたりしています。

【実践練習】では、曲のメロディを「リップロール」⇒「ハミング」⇒「発音『no』」で歌った後、歌詞で歌います。大きな声で安定して歌っていらっしゃいましたし、豊かな裏声でした。歌うための基盤は出来て来ましたので、これからは「歌ってみたい」という曲に色々と挑戦されてみてください。

素敵な歌声でした!


【10月のレッスン予定日】

10/26
10:30 / 13:00 / 16:00 / 19:00

10/27
10:30 / 13:00 / 16:00 / 19:00

詳しくはこちらをご覧ください

電子書籍の印税を公開します 2016年9月編

10月になったので、先月の電子書籍の販売数を正直に公開します。「電子書籍を書きたいけど、どれぐらい売れるの?」という御方への参考にしてもらえたらと思います。

ぼくは電子書籍を2016年1月1日に初めて出版をして、10月現在、合計9冊の本をAmazonのKindleに配信しています。これからも月1冊のペースで作り続けていければ、と考えています。

紙の本の印税は約10%に対して、電子書籍は約64%です。価格は著者自身が設定できます。例えば、500円にすれば、一冊売れるごとに約323円のロイヤリティが通帳に振り込まれます。

また、Kindleは今年の8月に「Kindle Unlimited」(読み放題サービス)を開始しました。ユーザーは980円を払っていれば、本を無料でダウンロードできるので、著者側には「めくられたページ数」(既読KENP)に応じて印税が入ります。1KENPあたり約0.5円です。

これまでの印税と販売数

1月 7,153円 24冊
2月 3,299円 10冊
3月 8,358円 26冊
4月 5,595円 18冊
5月 7,559円 23冊
6月 7,585円 22冊
7月 8,107円 23冊
8月 11,641円 17冊 12,120KENP

さて、9月の販売数はどうなったかをお伝えします。販売数は合計18冊。だいたいいつもどおりの数に落ち着きました。中でも『好きなことをお金にかえる力』が14冊と、相変わらずそのほとんどをしめています。

次に、めくられたページ数(既読KENP)ですが、9月の合計は8401です。これも同じく『好きなことを~』が7115とそのほんとんどをしめています。

というわけで、

販売数18冊×323円=5,814円
既読KENP8401×0.5円=4200円
9月は約10,014円です。

電子書籍の最大の良さは「作ろう!」と思ったら、誰でもすぐに出来ることです。金銭的なコストもかからず、一度配信すれば、在庫を抱えることもありません。電子書籍を配信されたい方はボランティアでお手伝いしますので、お気軽にご連絡ください!

330日間、ブログを書き続けるには

ぼくは飽き性で、一つのことを長くじっくり続けることが苦手だ。「よし、やろう!」と意気込んでも、大体は途中で「今日はもう良いか」と甘えてしまう。英語の勉強もそうだし、ランニングもそう。

そんなぼくでも、今一つだけ毎日続けられていることがある。それがブログの更新だ。調べてみたら、今日で330日連続で書き続けている。あともう少しで一年だ。

去年の11/7にWordpressで書き始めた。最初の投稿をする前に、なぜか妻に「頑張るよ」と言って握手をした。そこから毎日更新し続けている。

ブログを書き続ける理由は、去年の10月から学び始めたエクスマ(『ものを売るな、体験を売れ』という真理を伝える藤村正宏先生によるマーケティング塾)の影響が大きい。そこで藤村先生は『受験勉強するように、とにかく一年間、ブログを書き続けなさい(そしてSNSで交流しなさい)』と教える。

ブログを書き続けることや、SNSで交流すること自体は誰でもコストをかけずに今すぐに出来る。でも、それを毎日コツコツとやり続けた者のみが圧倒的になれる。ぼくは、そう学んだ。圧倒的になりたくない人なんているのだろうか。だから発信を継続している。これがブログを書いている理由だ。

ブログを書いていて良かったこと。例えば、最近活動を始めた『親子で合唱サークル』は練習をすると、翌朝、その模様をブログにまとめている。昨日、朝起きるとFacebookのコメントに『関西大学でママ達のイベントがあるので参加してはどうですか?』というお誘いを頂いた。

さっそくメンバーにLINEで相談して、全員からオッケーが出たので、昨日のうちに出演したい、と先方にお伝えした。そんな感じで、SNS経由で親子で合唱サークルの初めての本番が決まった。こんな体験もブログとFacebookを使い続けてきたからこそだと感じている。

330日継続して今思うのは、ブログは朝起きてすぐに書いてしまうのが良い気がする、ということ。現在、ぼくは、目覚ましを5:30にセットして、家族が動き出す7時前までに文章を書いて公開している。すると、朝一番で、その日の『やるべきこと』が終わっているので嬉しくなる。早起きが習慣化されるのもラッキーだ。

もちろん、気分がのる日とのらない日がある。誰にだって波がある。反応(アクセス・いいね・コメント)が気になることも少なくない。でも、それでもその波と上手に付き合って、淡々と毎日書き続けることだろうな、と思う。

発信をしている人は一緒に頑張ろう!

生麺の焼きそばが美味しい!【TEPPAN健心】(生野区)を取材しました!

生野区では珍しいテッパンバルのお店を最近知ったので、ぜひお伝えしたい、と思い取材に行ってきました。【テッパンバル・TEPPAN健心】(生野西)です。元・お笑い芸人のご主人と奥様の二人で営まれています。

新築に住み、その一階部分をお店にする、という素敵な生野暮らしをされていました。生野区で生麺の焼きそばを食べるなら、TEPPAN健心さんをおすすめします!ご主人・奥様、撮影のご協力ありがとうございました!

TEPPAN 健心

【住所】544-0024大阪市生野区生野西4-22-6 【電話番号】06-6716-0966 【最寄り駅】JR環状線寺田町駅 【営業時間】平日 ランチ 11:30〜14:00・ディナー 17:30〜24:00 日曜日 11:30〜22:00 【定休日】月曜日 ※月曜が祝日の場合は翌火曜

DSC_0028.JPG

子育て中のママがもう一度合唱を再開できるようなきっかけ作りとしての親子で合唱サークル

昨日は、大阪のJR鶴橋駅近くにある地域の会館で「親子で合唱サークル」の3回目の練習を行いました。このサークルは、子育て中のママが子どもと一緒でも気軽に参加出来るような合唱の集まりを作りたい、という想いで活動しています。

dsc_0026.jpg
ママが少しでも集中できるよう、ぼくは子守り

学生・社会人の時に合唱をされていた方も、出産してママになります。小さい子どもを連れていくと練習中に騒いで迷惑がかかる、という理由で、幼児を一般合唱団に連れて行くことは気が引ける方も多いです。そんな方でも、平日の日中に親子で参加して気兼ねなく楽しめる。このサークルはそんな場です。

親子で合唱サークルは、ママ達が歌いたい曲を練習会場に持ってきてもらい、その場で何をするか決めて歌う、というスタイルで選曲しています。今は2声(ソプラノ・アルト)の曲を中心に選んでいます。3回目の昨日は『365日の紙飛行機』『You raise me up』の2曲を歌いました。

このサークルは、かつては合唱に親しんでいて今は子育て中のママが、もう一度合唱を再開できるような入り口になれば、と思っています。定期的に集まり、気兼ねのない環境で歌い合う(時には小さくなった子どもの服を譲り合う)。それはママ達にとって子育て中の豊かなひと時になるはず。

また、先日、京都の山科で中学生と一緒に合唱をした時、子ども達と合唱する時間はこんなにも幸せなのか、と改めて感じました。今、親子で合唱サークルに来ている幼児たちは、アンパンマンで遊んだり、お菓子を食べたり、走り回ったりしていますが、このサークルをきっかけに一緒に合唱が出来たら嬉しいです。

というわけで、数年後はどうなっているかはわかりませんが、とにかく次の練習・そしてまた次の練習の一つ一つを大切に取り組んで行きたいな、と思っています。

練習は木曜日の11:00~12:00。10・11月の日程は10/13・20・11/10・17・24です。参加費は300円。見学歓迎です。お気軽にどうぞ!お問い合わせはこちら