村上春樹も「楽しい」を基準にしている

京都に向う阪急電車の中で、スマホからブログを書いています。

今日は特別な日です。京都府合唱連盟のスタッフの方が、ぼくを指揮者としてイベントにお誘いして下さいました。スタッフのみなさま、ありがとうございます。

同志社の寒梅館に6人の指揮者の方と、高校生や大学生が集まり、6グループに分かれて練習して、発表しあう、という企画だそうです。書きながらもうドキドキしてきました。

ぼくがこのイベントに参加できるのはもちろん合唱団のみんなのおかげだし(指揮者は一人だと何も出来ない)、何より、指揮をするのを諦めようとした時に支えてくれた、カトーさんのおかげです。感謝しています。

それで、移動の電車の中で村上春樹さんの『職業としての小説家』を読んでいます。その中で、良い文章があったのでシェアします。

自分のオリジナルな文体なり話法なりを見つけ出すには、まず出発点として「自分に何かを加算していく」よりはむしろ、「自分から何かをマイナスしていく」という作業が必要とされるみたいです。

考えてみれば、僕らは生きていく過程であまりに多くのものごとを抱え込んでしまっているようです。

それでは、何がどうしても必要で、何がそれほど必要でないか、あるいは、まったく不要であるかを、どのようにして見極めていけばいいのか?
これも自分自身の経験から言いますと、すごく単純な話ですが、「それをしているとき、あなたは楽しい気持ちになれますか?」というのがひとつの基準になるだろうと思います。もしあなたが何か自分にとって重要だと思える行為に従事していて、もしそこに自然発生的な楽しさや喜びを見出すことができなければ、それをやりながら胸がわくわくしてこなければ、そこには何か間違ったもの、不調和なものがあるということになりそうです。そういうときはもう一度最初に戻って、楽しさを邪魔している余分な部品、不自然な要素を片端から放り出していかなくてはなりません。

はい、ということで、村上春樹さんもこんなことを言っていますね。足すのではなく、引く。わくわくすることをやる。そうでないものをやめる。そうすると、個性が際立つ。

ぼくの生徒さんでも、10数年近くやっていた仕事をやめて、自分のやりたいことをやり始めている御方がいます。やるか、やらんかですよね。

真田丸を観て、勇気づけられて、明日も行動しましょう。

文化芸術がビジネスの価値を高める

今、世の中が信じられないくらいの速さで、激変しています。それを感じていますか?感じること。感じる力をみがくこと。心をみがくことが大事です。心の時代になったんだということ。

心は見えません。でも確実に存在しています。人の心にもっと関心をもつ。目に見えないことに関心をもって大切にすること。成功したかったら、コレがとても大切なことです。

心をみがき、質感を高めていきましょう。心は見えませんが、それがあなたの未来をつくっていくのです。見えないものごとを感じとり、それを大切にしていくこと。今年はそれがテーマになっていくのです。

藤村正宏 2016.01.15

dsc_0132.jpg

昨日、藤村正宏さんのエクスマ新春セミナーに行ってきました(昨日のセミナーの様子はこちらにまとめました。ご興味のある御方や、行きたくても行けなかった御方に、少しでも雰囲気がお伝えできれば幸いです)。

鳥の骨の話

昨日、もっとも心に響いた話は「鳥の骨」の例え話です。

人類は最初、言葉が喋れなかった。わかりあえなかった。ある時、一人がたまたま鳥の骨を口にくわえて吹くと、綺麗な音がした。もう一人がその音を聞いて「綺麗だ、私もそう思う」とわかりあえた。それが芸術。そんなお話です。

それを聞いたとき、ぼくはふっと、ヴックのことを思いだした。

1
左がヴックことVuk Milanovic

ぼくは、3年前に独りでハンガリーの国際合唱指揮セミナーに参加した。27歳だったと思う。まだ、当時は息子のはれ君もいなかった。

結婚式の一カ月前だった。

ほとんどその準備をせず、セミナー中はあまり連絡も取っていなかったので、妻はカンカンに怒り「披露宴が終わったら別れる」とまで言われていた。とほほ。

(でも、ちょっと聞いてほしい。一週間の外国でのセミナーだ。ぼくは毎日、90%ぐらい音楽のことを考え続けていたし、指揮の練習をしていた。そんな時に、ケーキバイトがどうだとか、BGMがどうだとか、、ねえ。いや、それが大切なことなのはよくわかるのだけれど)

もう、記憶がだいぶ不確かだけど、セミナーには日本人の他に、ハンガリーやルーマニアなど、複数の国から参加者が集まっていた。当時25歳のヴックはセルビアから来た作曲家だった。

指揮のクラスでは、スコアリーディング(楽譜の分析)の授業があった。

それは何かというと、一人ずつ、自分の予習してきた曲をピアノで弾く。そして、弾きながら、例えばソプラノを歌ったり、例えばテナーを歌ったりする、というもの。まあ、とにかく人前で歌わされたり、ピアノを弾いたりする試験だ。

ヴックはとてもナーバスになっていた。

自分の番になると「Oh,no」とか言いながら、なかなかピアノを弾こうとしない。ぼくは、その光景をぼーっと見ていたというか、あるいは、自分の番が来るので、多分自分のことばかり考えて、どきどきしていたと思う。

そして、ヴックがコチャールのAgnus Deiを弾き始めた時、なんと美しい音楽だろう、とハッとした。

3
ブダペストにある世界で一番美しいマクドナルド

ある日の休憩時間。

ぼくが練習室でピアノの練習をしていると、ヴックがやってきた。椅子に座り、静かに僕の音楽を聴いてくれた。そして「very musical」と笑顔で伝えてくれた。

その後、ぼくらはとても仲良くなった。

日本に帰った後もFacebookで交流を続けたし、彼の作品を日本で演奏したり、ぼくの妻が書いた詩にヴックが曲をつけてくれたりした。

2
ファイナルコンサートを終えてパーティにて もう3年も前の写真

これこそが、藤村さんの言う、「見えないものごとを感じとり、それを大切にしていくこと」だと思いました。

音楽は目に見えない。でも、音を聴くと、音楽を聴くと、その音を出している人間の心はなんとなく伝わってきます。それは音楽だけでなく、声もそうです。声にはその人のその時の体調や心理がよく現われます。

ぼくはイギリスの合唱指揮者 ギャレス・マローンのように、合唱をすることでコミュニティが活気づいたり、合唱をすることで経営層と現場などの立場を超えたり、合唱をすることで在日と日本の国籍を超えたり、そういうことが仕事として出来たら良いな、と思っています。

そういう想いを【合唱によるコミュニティ創造・活性化事業】という形にまとめて、大阪産業創造館主催のエクスマ・SNS活用セミナーに応募したら、応募多数で抽選にも関わらず、ぼくをメンバーとして選んでくれた。だから、これは「社会的にもいける、応援するよ」と勝手に言われているのだ、捉えて(笑)、この道を進もうと改めて思いました。

来週の火・水にその一回目(合宿)が滋賀であります。会場は温泉だそうです。ほんとに楽しみです。学んだことはまたブログに書きます。

p.s.

今、このブログの管理画面を見たら検索ワードで「ブログ アクセスあるけどいいねが少ない」というキーワードが書かれていました(笑)でも、大丈夫です。ぼくも同じですよ。どなたかわかりませんけど、お互い、気にせず楽しみましょう(*^_^*)

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

【レポ】 2016 エクスマ新春セミナー

※ 毎日19時更新とは別枠で載せています

これからの時代に何が必要か。

リアル
人と人との時代
目に見えない部分
心の触れあい
感動

こういうものが一番大事になる。

ビジネス書ばかり読むな。
小説を読もう。
小説には人間が描かれている。

音楽をたくさん聴こう。
美術館に行こう。

芸術に触れること。
心の質を高めていくこと。
心を磨いていこう。

昨日は2016年エクスマ新春セミナーに行ってきました。

去年の10月に大阪産業創造会館で開催されたSNS活用セミナーに続き、藤村正宏さんのライブを体験するのはこれで2回目です。一回目の様子はこちらに書きました。

キャプチャ
その記事に藤村さんからコメントを頂き、とても嬉しかったです
dsc_0112.jpg
本当に楽しみでした。一番前でかぶりつきで聞きたかったので、開場の30分前に到着。当然、圧倒的に一番でした(笑)
1
というわけで一番前で聴けました(右から2番目)。写真は短パン社長のブログからお借りしました
dsc_0132.jpg
席には「予言の書」と呼ばれる、藤村さんの手書きで書かれたメッセージが置かれていました。新春セミナーは大人気だそうです。リピーターも多い。なぜなら、この予言の書を貰いに来る方が多いからだそうです。

60名のキャンセル待ちが出た

なんと、この新春セミナー。120名の方が参加されていて、かつ60名のキャンセル待ちだったそうです。行きたくても来られなかった方がいる。そんな方に少しでも藤村さんのお言葉が届くように、昨日メモしたことをシェアさせて頂きます。ちなみに2017年は1/26に新春セミナーを開催されるそうです。

村上春樹の引用

藤村さんは冒頭、村上春樹『風の歌の聴け』から以下の部分を朗読されます。

文明とは伝達である、と彼は言った。もし何かを表現できないなら、それは存在しないのも同じだ。いいかい、ゼロだ。

dsc_0113.jpg
村上春樹を引用して、「価値」を伝える大切を説明される藤村さん

時代の流れを感じ取ること

世の中変わった。信じられない早さ。snsとスマートフォン。5年前は予想できなかった。普及していること。今、すごい影響がある。これから5年後も予想できない。でも感じとることはできる。ロジックでわからなくても。じゃあこれはどういう流れになっていくか先を読むことができる。兆しは見える。それを感じとること。感じとる感性を養え。つながりの経済になっていく。

つながりの経済

資本主義はもう終わる、ということ。つながりの経済とは人々は24時間ネットに繋がってる。例えば、夜中の3時にスマホでものを買ったことあるでしょ。電子書籍はその場で買える。そういうことが、みなさんの商売にどういう影響があるかを考えてみることが大事。

人と人が繋がりやすくなっている。Facebookで友達と繋がるよね。例えば、短パンは名刺交換していない。承認するから友達申請しておいて、と言っている。名刺ってもらっても誰かわからない。名刺というツールはおそらくなくなる。

消費者と直接企業がつながる。ツイッターで直接企業からメッセージが来る。ロイヤルホストは高価格路線。ロイホのことをツイートしたら10分後からロイヤルホストから返信がきた。すごいな、と思った。それで関係性ができた。伝わってます?

つながりの中で消費が起こる。関係性の消費。知り合いから買いたい。弁護士がいなくて、とつぜん弁護士が必要になる。じゃあ知り合いにいないかな、と思う。ワイン買うのも一緒。Aという店とBという店があれば、親友から買うよな。

つながりの消費。11月にセミナールームを作った。5社は全部塾生さんから買った。よく来る塾生さんからだけどね。内装・家具・看板・材料。一回もあいみつなんてとらなかった。昔だったら、もし、知り合いがいなかったら【内装 地域名】ってやって探すよね。めんどくさくてしょうがない。だったら全部お願いするわ、とする。つながっていないとライバルにどんどんとられていくよ、ということ。美容室も一緒。友達のとこにいくじゃん。

見ず知らずの人からものを買わなくなる。そういう状態になりつつある。エクスマ塾募集したじゃん。ブログで満席。一人35万円。5000万円以上が一撃。考えられない。僕一人の力じゃない。塾やるよ、というと60何個シェアしてくれる。そうするとぼくと繋がっていない人までぼくのことを知ってくれる。

だからこだわったスペックなんて意味がない。サービスでも意味がない。そこじゃないところで勝負していかなきゃ。もちろんスペックは高めないといけない。新たな概念のビジネスが求められている。

個人の時代

スマホが普及。個人の時代。個人のパワー。昔はライブを配信なんてできなかった。そういうのが簡単にできる。映像はすごい情報量がある。だから国家にとって危険。正確に映像に出る。放送業務法。一般の人が参入なんてできなかった。

それを今は個人ができるようになった。テレビはいまつまんないよね。個人のyoutubeってむっちゃ面白い。ハイアマチュアのほうが面白い。エキサイティングな時代。政府や大きな企業と個人が対等。歴史上ないよね。そのツールをみなさんが無料で持っている。個人がメディアになり、そのつながりがマスより影響力をもつ。

だから、みなさんもまず友達を一杯作る。そして繋がる。みなさんのサービスがたくさん売れる。短パン社長一年間で7000万円売れる(自動発注システム。自動発注の友達が100人以上いる。送られてくると結構おしゃれだな、と思う)。

どんどん繋がることで、マスメディアより大きな影響力を持つことができる。2012年ぐらいにsnsをめっちゃやったら、すごいことになるな、と思った。それを僕一人じゃなくてみんながやれば、世の中を変えられるな、と思った。そのぐらい個人の力が増大している。

dsc_0114.jpg

既存顧客を死ぬほど大切にせよ

見知らない人から買わない時代。激変している。たくさんの友達を作り、コミュニティを持つ。既存顧客を死ぬほど大切にせよ。知り合いになっているお客さん。これは商売の真理。お馴染みさんを大切にする。お店をしていて、気に入ったら販促なんてしなくても何回もきてくれる。江戸時代からそうだった。

20世紀になり、アメリカのマーケティング(新規顧客の獲得方法)が入ってきた。昔はおなじみさんが紹介してくれた。豪商。江戸、火事になっても顧客台帳を手放さなかった。お客さんがいなかったら意味がない。

snsができたことによって既存客の概念が変わった。いまは、1円もお金を払ってなくてもブログを楽しみにしている人は既存客だよ。そういう人たちを大切にすること。共感をもってみなさんのことをみてくれている人達。

snsはまだ半分ぐらいやっていない。6割がスマホしている。それ以外の人たちには昔のマーケティングが使える。でも高齢者の人もスマホめっちゃやっているよ。

今のマーケティングはコミュニティをつくること。みなさんのファンになってくれている人は、ファンになりやすい。クレームは少なくなる。今から作ろう、って思って。すごい重要。コミュニティの中で消費が起こる。他のアパレルメーカーは短パンのことがわからない。いつのまにかあんまりお客さん来なくなったな、と思う。今のうちに作った方がいい。だって、人間って服買うお金決まってるから。

dsc_0117.jpg

コミュニティがあるから反応がある

情報発信して個人を出す。共感。信頼。これがシナリオね。役立つ情報。個人をだすこと。会社の発信でも個人を出す。Facebookページはやめてもいい。飲食店はチェックインしてもらいたいからやったほうがいい。個人としか仲良くなれない。

既存客。この人たちを大切にしてくれる。エクスマセミナーにきてくれる人は良いお客さん。ブログ読んでくれている人も感謝。きてくれる人を大切にする。サービスは平等ではなく公平。よく使ってくれるお客さんには厚いサービス。これが公平なサービス。航空会社。anaのダイヤモンド。特別なラウンジがある。こっそりcaがいつもありがとうございます、といってくれる。

既存客と仲良くなる。年間10億の売り上げが全員友達。パナソニックの売り上げ7兆円が全員友達なんてのもありうる。うちのトイレはパナソニック。そうするとパナソニックの製品が増えていく。友達化していく。コミュニティを作り出すことが大切。それが昔はお金がかかって仕方がなかった。

例えば、うちの塾生でお店をしている人が既存客に手紙を書いた。ダイレクトメール。1350枚。で、そのうち1100人が来店した。それで売り上げ597万円。これはコミュニティになっているから。コミュニティがあるから反応がある。コンサルやっている人はコミュニティがないとやっていけないよ。塾やる人。他のところにどんどん持っていかれる。慌てて売り込みしても、うぜーな、と思われるだけだぜ。

dsc_0118.jpg

ほとんどの仕事はなくなる

ラリーペイジ。20年後、機械化。仕事がなくなる。テクノロジーの発達。スマホは20年前なら何百万円ぐらいする。なんでもなる。こんな安く手にはいる時代。プロのカメラマンはいなくなる。機材がいいから。映画をとるカメラ、商業映画でさえキャノンの一眼レフでとっている。ものすごく安くなる。どんどんハイアマチュアがプロの仕事をとっていく。5000人ぐらいの工場の人たちは職を失う。どうなっていくか。自分の仕事にどういう影響が出るか。それを考えないと。

その後、山本やすぞうさん短パン社長と公演が続きました。

dsc_0126.jpg

ボクはエクスマを実践し続けた。みんな良いセミナーだなと感想は言うけど、聞いてもやらない。思ったらすぐやれよ。あ、こんなにやんねえんだと思った。

dsc_0122.jpg

あなたに必要なのは覚悟と行動。言われて辛いことは多い。でもボクは楽しんでもらえるのが好きだからやる。八方美人である必要はない。100人全員あなたのことを好きな人はいない。好きな人にむけてとことんやる必要がある。

dsc_0120.jpg

個人を出してどんどん発信しよう。

そして、休憩空けの藤村さんの今年の予言「文化芸術」に心を打たれました。来て良かったと思いました(なぜなら、ぼくは合唱指揮者で仕事をしていこうと思っているので)。

dsc_0006.jpg

これからの時代に何が必要か。リアル。人と人との時代。目に見えない部分。こころのふれあい。心と心の触れあい、感動。それが一番大事になる。ビジネス書ばかり読むなよ。小説には人間が書かれている。

世の中は心で動いているのだ。音楽をたくさん聞く。美術館にいってみる。小説を読む。人間の心っていったいどうか、を常にかんがえること。欧米のビジネスマンはシェイクスピアを読んでいる。村上春樹でもいいしさ、たくさん読むこと。芸術に触れること。心の質を高めていく。心を磨いていきましょう。

千住博さんのウェブインタビュー

人類が地球に初めて登場したころ、言葉はしゃべれませんでした。偶然、鳥の骨を口にくわえて吹いてみたら、呼吸に合わせて悲しみや喜び、切なさ、孤独感などを表せることに気が付いた。そうした感情を何とか伝える術を手に入れた時が芸術誕生の瞬間でした。

その音を聞いた他の人たちが「私もそうだ」と思ったら、それが芸術的感動の始まりです。つまり芸術とは、表現することが難しい感情や気持ちを、人間の五感を通して何とかして伝達しようとする全体表現なのです。(芸術とは、常に枠を広げ変革していくこと。そして、時代に提言しつつ、革新的に創造していくこと。

dsc_0011.jpg

自分をさらけ出せ

つながりが大切。どこで買うか、から、誰から買うか。そういう時代になった。目に見えないことを大切にすること。人柄がすごく大事になってくる。

自分をさらけ出すこと。自分の弱いところ、欠点、弱さ。知らない、ということを言えない人がいっぱいいる。教師・カウンセラー・コンサルは強がりすぎ。つねに自分の等身大を出すこと。自分一人じゃ何もできない。人間はみんな弱い。得意なことをおしみもなくだす。弱いところは人に頼む。弱さをどんどん出すこと。言えよ素直に。素直に言う。弱いところをかくしちゃだめ。

dsc_0013.jpg

【好きなこと】【仕事】【個人名】それらを掛け合わせて唯一の存在になることを目指そう。一番になるのは難しい。100人で一番になれる。100人で一番を掛け合わせる。自分の好きなことをどんどんいれよう。アイドル歌手になれなくても、アイドル歌手の何になりたいのかな。考える。本質を抽象化してみる。その本質・抽象化したものをいまの仕事におとしこむ。

dsc_0014.jpg

心を大切にして。見えないもの確実に存在する。文化芸術に触れることを今年の課題にする。心の時代。