川原悠矢(居酒屋 淡嘉)

いくのの日の橋爪大輔です。今回は川原悠矢(かわはらゆうや)さんを紹介します。

dsc_0071.jpg

川原悠矢(28

1988年6月15日淡路島生まれ。飲食店で10年間の経験を積んだ後、2016年、新今里のマルシェ横丁内に居酒屋 淡嘉(あわよし)をオープン。

新今里で独立開業

淡路島にある川原さんの実家は自営業で運送業をされています。父親の姿を見ていた川原さんは、中学生の頃から起業したい、と自然と思うようになります。大学への進学をきっかけに大阪に引越。子どもの頃から料理が好きだった川原さん。飲食店でアルバイトを始めます。

大学卒業後、アルバイトをしていた飲食店の会社に就職。社員としても3年働いた後、2016年6月11日に居酒屋 淡嘉をオープンしました。淡嘉の由来は「淡路島のもんをメニューに使いたかった」「姓名判断で画数が良かった」とのこと。

dsc_0063.jpg
淡路島から取り寄せている玉ねぎを使ったサラダ 400円

2016年1月に新今里の商店街の空き地を有効活用して作られたマルシェ横丁淡嘉はそのテナントの一つとして出店して一ヶ月が立ちました。「まだまだ開店したばかりで認知されていない。生野区で淡路島のもんを食べるなら淡嘉と思ってもらえるように頑張ります」。そう若いオーナーは語ります。

DSC_0020
近鉄今里駅から歩いてすぐにあるマルシェ横丁

  ★ おすすめメニュー

淡路島産 玉ねぎ鍋  600円

dsc_0079.jpg

川原さんが独自に考えた出汁は、玉ねぎの甘さが特徴的で女性の方にもおすすめです。写真はリゾット(+150円)。「いくのの日見ました」でワンドリンクを一回のみサービス。

  ★ お店情報

居酒屋 淡嘉(あわよし)
マルシェ横丁内(HPはこちら

営業 午後17時~24時
定休日 毎週水曜日
〒544-0001 生野区新今里4-6-26
電話 06-6756-6511

  ★ いくのの日とは

dsc_0080.jpg

こちらをご覧ください

岩村文博(和ヌードル鈴七)

いくのの日の橋爪大輔です。今回は岩村文博(いわむらふみひろ)さんを紹介します。

11401327_1416393445356604_3527187186437530588_o

岩村文博(44)

1972年7月15日生まれ。生野区巽南出身。桃谷在住。寿司屋・居酒屋・惣菜屋などで調理師として20年ほどの経験を積んだ後、2014年12月17日に和ヌードル鈴七をオープン。

日本で唯一の和ヌードルが出来るまで

高校卒業後、大阪の寿司屋で調理師としてのキャリアをスタートした岩村さん。ハモやフグなどのさばき方は寿司屋で学びました。24歳の時にスキーをしていて大転倒。靭帯を損傷して寿司が握られなくなったそうです。

27歳の時に、平野区で居酒屋を独立開業。10年間営業を続けるなかで、洋食・中華を独学で覚えました。10年続いたお店を閉めた理由は「酔った相手と上手く付き合う能力がなかった」。その後、工事現場や車の工場などで100万円ほどの資金を貯めて、2014年、桃谷に和ヌードル鈴七をオープン。和ヌードルはうどんでも、パスタでも、中華麺でもない。鈴七オリジナルの小麦粉・デュラム小麦・塩・水のみで仕上げた手打ち麺です。

dsc_0037.jpg
麺は夜にこねて寝かせて、朝に切っています

儲けより好きなものを

「自分の食べたいものを創作しているうちに和ヌードルが生まれた」と話す岩村さん。飲み干しても身体に害のない、むしろ健康に良いスープも鈴七の特徴です。月毎に変わる限定品は、常連さんに違うものを食べてほしいという想いで考えられています。

dsc_0040.jpg
2016年7月の限定品・味噌鶏そぼろと梅焼きナス冷製オクラあん

  ★ おすすめメニュー

鶏きのこ 淡麗旨塩  700円

1.jpg

味はもちろんのこと、健康にも気を配り、身体に優しい麺料理を心がけています。素材そのものの自然な味をお楽しみください。「いくのの日見ました」でミニサラダを一回のみサービス。

  ★ お店情報

和ヌードル 鈴七

営業
午前11時30分~14時
午後18時~21時30分

定休日 毎週火曜日
〒544-0034 生野区桃谷2-24-30
電話 06-7171-8185

  ★ いくのの日とは

12347878_480353448756470_324230883424409651_n.jpg

こちらをご覧ください

呉本真理(オゾンエステ be create)

いくのの日の橋爪大輔です。今回は呉本真理(くれもとまり)さんを紹介します。

FB_IMG_1468132297720.jpg

呉本真理(57)

1959年6月9日生まれ。大阪市西成区出身。生野区桃谷在住。2015年7月1日にコリアタウンでオゾンエステbe createをオープン。3人の子どもを持つ母親。

最初は自分の悩みから始まった

結婚後は子育てをしながら化粧品やサプリメントの販売をされていた呉本さん。呉本さんには悩みがありました。それはご自身の肌に関してです。刺激に弱く、顔をマッサージなどで叩かれると、みみず腫のようになることが気にかかっていました。子どもの頃からアトピーもあり、一般的な化粧品は使えずにいました。

2005年頃に友達から「あんた向きのものが出たよ」、そう言われて出会ったのがオゾンでした。きめ細かい泡で顔を包み込むオゾンは、化学物質を使っておらず、肌の弱い人でも安心。さっそく、お客さんとして一ヶ月間・週一回エステに通った呉本さんは「オゾンでかゆみがなくなった」と言います。友達への施術から始めて8年ほど出張で経験を積まれた後、2015年にコリアタウンでオゾンエステbe createをオープンしました。

dsc_0024.jpg
be create 入口の様子

髪の毛を切るようにメンテナンス

ゴージャスで入りずらい印象が強いエステ。be createは呉本さんの親しみやすい人柄によって、エステっぽくない、気楽で明るい雰囲気が特徴です。「お客さんが『こんにちは~』と気軽に入ってこれるような、そんなエステっぽさをくずした場にしたかった」と呉本さんは言います。

「髪の毛が伸びたらカットに行くように、病気になって行く前にメンテナンスをしてもらえたら」と呉本さんが語るように、be createは買い物の帰りなどに気楽に立ち寄れるサロンとして営業されています。

  ★ おすすめメニュー

オゾンエステ 30分 3240円

FB_IMG_1468134135253

美白効果が凄い!マッサージの摩擦や刺激に弱い人も安心です。「いくのの日見ました」でヘッドマッサージ(10分)を一回のみサービス。

  ★ お店情報

オゾンエステ be create

営業 午前11時~18時 ラストオーダー
定休日 毎週木曜日
〒544-0034 生野区桃谷5-4-23-202
電話 06-6731-3007

  ★ いくのの日とは

dsc_0027.jpg

こちらをご覧ください

大山惠子(カフェギャルソン)

いくのの日の橋爪大輔です。今回は大山惠子(おおやまけいこ)さんを紹介します。

12976768_847730525353797_8854248411318226448_o

大山惠子(66)

1950年4月18日生まれ。福岡出身。コリアタウンでカフェギャルソンの営業をされて今年で37年。最近は店内でのタロット占いも好評。

ご主人と二人三脚で

福岡県出身の大山さんは15歳の時に父親の転勤により、吹田に引っ越されます。心斎橋の洋服屋の職場で生野区出身のご主人と出会い、結婚。ご主人は結婚を期に、持ち家である空き店舗を改装されて現在の場所にカフェギャルソンをオープンしました。

オープン当初はまだ洋服屋で働いていた大山さん。当時は出勤時間の11時前までモーニングの手伝いをして、タクシーで職場に移動。勤務が終わると再びギャルソンに戻り、お店のお手伝いをされていたそうです。その後、出産により退職。子育てをしながら、お二人でギャルソンの営業をするようになります。

dsc_0009.jpg

コリアタウンと共に37年

ギャルソンのあるコリアタウンはかつては朝鮮市場と呼ばれていました。「市場のぬかるみを歩くおばちゃんたちは生き生きとして、びっくりした」と話す大山さん。ある日は、おばちゃんからホットジュース(ジュースを鍋で温めたもの)を注文されて驚いたこともあるそうです。

アパレルブランドのコムデ・ギャルソンが好きな大山さん。フランス語で「給仕」の意味を持つギャルソンをお店の名前にされて今年で37年。「カフェは肉体労働で利益が出にくいので大変だけど、色々な人や若い感覚の人と話せることが楽しい。ギャルソンを好きでいてくれる人が集まるからこそやっていける。ずっと働き続けていきます」と大山さんは言います。

  ★ おすすめメニュー

ブタキムチサンド 700円

DSC_0017.JPG

コリアタウンならではのブタキムチに、チーズが絡み合い、女性にも人気のギャルソン大ヒット商品です。

いくのの日見ました」でワンオラクルカードを一回のみサービス。

dsc_0010.jpg

  ★ お店情報

カフェギャルソン

営業 午前8時~午後6時
定休日 毎週火曜日
〒544-0034 生野区桃谷5-7-1
電話 06-6731-6073

  ★ いくのの日とは

FB_IMG_1468029148142.jpg

こちらをご覧ください

岡本静恵(cafe Tea Time)

いくのの日の橋爪大輔です。今回は岡本静恵さんを紹介します。

FB_IMG_1456123732912

岡本静恵

生野区桃谷出身。勝山北在住。二人の子どもを育ててきたシングルマザー。2009年6月に自宅のガレージを改装してCafe Tea Timeをオープン。

娘に背中を押された

岡本さんは生野区出身ですが、26歳の時に結婚をされて岸和田に20年ほど住まれます。ご主人が亡くなられて、シングルマザーとして生きていく未来を考えた時に「生野区で暮らしていきたい」。そして、生野区の中古住宅を購入して2005年に勝山北2丁目に戻られました。

その後、4年ほどパート勤務をされていた岡本さん。ある日、娘さんとカフェでお茶を飲んでいた時に、ふと「私もこんな店が出来たら良いなあ」と口にすると、当時20歳ほどの娘さんが一言「したら?」。そこから、半年ぐらいかけて、娘さんと二人でキタからミナミまでカフェ巡りをして、想いを膨らませていきます。

自宅のガレージ部分をリノベーションして2009年にCafe TeaTimeをオープン。今年で7年目になります。

DSC_0009.JPG
観葉植物が多く、落ち着く店内

職と住が一体化

「自宅を改装してカフェにしたのは、私にとってはメリットばかり」と話す岡本さん。子どもたちが学校から帰ってくる姿を毎日見ることが出来る。仕事をしながら、洗濯物や布団を干すことが出来る。子どもたちにカフェの中で朝食を出すことが出来る。親が働いている姿を見せることが出来て、親子の親睦が深まったそうです。

Tea Timeの意味は、名前の通り「お茶の時間」。慌ただしい日常の中で、落ち着いてお茶を飲める時間を持ってもらいたい。そんな想いで営業されています。

  ★ おすすめメニュー

チョコワッフル 630円

DSC_0004.JPG

自家製ワッフルの上に盛り沢山なアイスクリームとチョコソースがかかったTea Timeオリジナル。オーダー後、15分程度かかります。

いくのの日見ました」で、お茶菓子を一回のみサービス。

  ★ お店情報

Cafe Tea Time

営業 午前8時~午後4時
定休日 毎週月曜日
〒544-0033 生野区勝山北2-13-3
電話 06-6731-5903

  ★ いくのの日とは

dsc_0022.jpg

こちらをご覧ください

葉菜茶まま子(和カフェ葉菜茶)

いくのの日の橋爪大輔です。今回は葉菜茶まま子さん(52)を紹介します。

12898260_552502078253212_5676290317178956911_o.jpg

葉菜茶まま子

1964年大阪生まれ。27歳の時に生野区に引っ越す。保育士などを経験したあと2011年5月9日に和カフェ葉菜茶(はなちゃ)をオープン。

22件も空き家を探した

現在(2016年7月)6年目になる葉菜茶さん。きっかけは2009年頃に堺をまち歩きしていた時、たまたま見つけたカフェ(ろおじ)の前に『1日店長募集』の張り紙を見つけたとか。そのまますぐにお店の方に交渉して、一年間カフェの運営を実際の現場で体験します。

その後『自分の店を持ちたい』という想いで空き家を探し始めます。驚きなのは、まったく事前情報もなく、下町と呼ばれるような福島区・大正区・東成区・中央区などを実際に歩いて探されたそうです。その数なんと22件。

そして、桃谷をチャリブラ(自転車でブラブラ)していた時に、お地蔵さんをたまたま見つけます。「ああ、下町だなあ」と思って、その横をふっと見ると『売家』の張り紙が。そこが現在の葉菜茶の場所です。

dsc_0038.jpg

改築を行ったのは生野区のいたや・リビングデザインさん。

木に対する想いを語ったり、どういうお店にしていきたいかをしっかりヒアリング。半年ほどかけてリノベーションをした結果、「落ち着いてリラックスしたり、頑張ろうという気持ちになってもらえるような空間になった」と葉菜茶さんは語ります。

葉菜茶はカフェですが、同時に『いくのな人達』が集まり、コミュニケーションの場にもなっています。

毎月19日に【はなちゃんち】を開催。「孤食をなくして皆で楽しく晩御飯」をテーマに取り組んでいます。詳しくは06-6777-5722まで。

  ★ おすすめメニュー

ホットコーヒー 400円

fb_img_1467862889711.jpg

アラブ珈琲のブレンドを使用。飲みやすくスッキリとしているのが特徴です。葉菜茶オリジナルの土の食器で飲むと、まろやかで口あたりが良いです。

いくのの日見ました」で、ホットコーヒーのおかわりを一回のみサービス。

  ★ お店情報

葉菜茶

営業 午前8時~午後5時
定休日 毎週 日・月曜日
〒544-0034 生野区桃谷1-6-16
電話 06-6777-5722
wifiあり

  ★ いくのの日とは

dsc_0040.jpg

こちらをご覧ください

【生野区】もし、生野区で空き家を持つオーナーさんがいらっしゃたら、誠心誠意を持ってご対応いたしますので、ご連絡をよろしくお願いします

橋爪家空き家を探すは、図面が出来上がり、見積の段階に入っています。

生野区の空き家を改築して、生野暮らし(職と住が近接した生活スタイル)や住み開きをしたいという想いのある人がいれば、生野区は建築士・行政・不動産・生野暮らし実践者などがチームになって、御宅の空き家探しと改築を手伝う。

それが、生野区空き家を活用したまちづくりプロジェクト(仮)です。

dsc_0094.jpg
生野な方々が立場や職種を越えて協力

実際にチームで活動をするとき、話し合いだけで終われば、具体的な課題やそれぞれがどう動くかが見えてこない。だから、来年度以降チームが機能していくために、橋爪家が実験台として空き家探しをする。これが橋爪家の立ち位置です。

今、チームでは橋爪家を進めると同時進行で『どうすれば生野区の空き家のリストを把握することが出来るか』という課題と向き合っています。

DSC_0032.JPG
地図の前に佇む建築士の木村貴一さん

「生野区の空き家に住みたい」「生野区の空き家を利用してまちに貢献したい」という方々が現れたとしても、チームに空き家のリストが無ければ、当然紹介も改築も出来ません。

DSC_0033.JPG
アイデアを考える行政の方々

空き家はそのままにしておくと、老朽化による倒壊や放火など、さまざまなリスクやトラブルが発生する恐れがあります。

チームで『空き家リスト』を作り、想いのある利用者住宅提供者を繋げていく。そして、生野暮らしがしやすいように、ハード(建築)とソフト(コミュニティ)の両方から、仲間としてフォローしていく。それが、生野区空き家を利用したまちづくりプロジェクトなんじゃないかな、とぼくは思っています。

「改築っていくらぐらいかかるの?」。そんな具体的な数字もこれからお伝えしていきます。もし、生野区で空き家を持つオーナーさんがいらっしゃたら、誠心誠意を持ってご対応いたしますので、ご連絡をよろしくお願いします。

090-8233-1985(橋爪)