【生野区】地道な運営とアイデア出しワークショップのバランス | 生野区のまちづくり支援で働いて2ヶ月。ぼくは今、こんなことを考えています

制限や思い込みさえ外せば、やりたいことって、色々と出てくるな、って思いました。

今日は、最後まで読む人はいないんじゃないか、というぐらいローカルなことを書きます。生野区の方は良かったら最後までお付き合い下さい。

13260129_536588456548026_7380522482225884991_n.jpg
会議の様子

昨夜は生野区まちづくりセンターの支援員として『Cブロック事務連絡会議』に参加しました。

生野区は19の地域まちづくり協議会(略して【まち協】*)があります。北鶴橋・鶴橋・御幸森・勝山・東桃谷・舎利寺・西生野・生野・田島・生野南・林寺・中川・東中川・小路・東小路・北巽・巽東・巽・巽南。大きく4つのブロックに分かれていて、ぼくの担当するCブロックは中川・東中川・小路・東小路です。

* 【まち協】は、おおむね小学校区を基本単位として、その区域内に住んでいる人、働いている人などたくさんの人が広く参加し、民主的で開かれた組織運営と会計の透明性を確保しながら、みんなで考え話し合って地域課題の解決に取り組む、自律的な地域運営の仕組みです。

ぼくが今、働いている【生野区まちづくりセンター】はこの【まち協】の活動支援をする、という役割です。

それで、話は戻りまして、昨日はCブロックの【まち協】の事務の方々が集まり、お互いの地域の情報を交換したり、地域の事業について質問をしあったり、また、区役所やまちづくりセンター・社会福祉協議会から情報をお伝えしたり、そういうことを会議でしました。連絡会議です。

それで(この会議自体がそもそもそうなのですが)、19の地域は独立してそれぞれ運営されていますが、同時に、地域同士が枠組みを超えて、繋がる、情報交換をしあうことって大切だよね、ということも、話されています。

会議が終わり、自宅に戻って、Facebookを見ると、面白いやり取りがされていました。

まず、告知ですが、7/23(土)に、クラウドファンディングの勉強会を生野区でします。これは、生野区まちづくりセンターが主催している【まちカフェ】から生まれた、区民主体の勉強会です。詳しくはこちらをご覧ください

13432217_10209451898395118_4052342639836194792_n.jpg

さて、クラウドファンディングを学ぶにあたって、講師の方から事前に簡単な課題が出ました。それは『生野区の活性化の為になることで、お金が集まればやりたいこと』です。課題はFacebookのイベントページでやりとりしています。

それに対する、参加者の方々のアイデアが熱かったのです。

  • 長屋を再生して、そこにいろんな専攻のまちづくりや建築を勉強する大学生たちや服飾、栄養の専門学校生が、地域住民のまちづくり相談に乗ったり、井戸端会議ができるカフェを開設して、メイドイン生野のブランド開発の拠点にしたい
  • 小さくてもいいので、音楽ホールがほしい。プロも沢山公演できるような。区民に上質で楽しい音楽を提供できるような。本格的なクラシックや小オペラ、、0歳クラシック、懐メロ室内楽、実験的アートなどできるような。プール学院や区民センターや観音寺もありますが、「生野にはあのホールがあるよね」とみんな(音楽家)が使いたくなるようなホール。ちなみに、音楽家の皆さんは色んな場所で公演した後、鶴橋で打ち上げなんてことはよくあります。生野のホールで本番ができれば、本番〜打ち上げまで生野でコンプリート
  • 生野区にstart-upする人を応援するコワーキングオフィス兼 勉強会などもできる拠点づくり
  • 生野区で一般の方が入れる生野区吹奏楽団があれば嬉しいです。子供達に大人から怒られないで思いっきりボール遊びができる場所を作ってあげてほしいです
  • ママが、子どもと自分だけでも来れるキッズカフェを作りたい
  • 大学を誘致したい
  • 生野区に区民合唱団をつくりたい
  • 生野区に英語絵本ライブラリーをつくりたい

熱いですよね。Facebook上で、ブレインストーミングが起こりまくっています。ぼくは一夜で、生野区のまちづくりの運営会議と、アイデア出しのワークショップの両方を体感した気分でした。

それで、これらのアイデアが形になっていけば、自然と【まち協】そして【ブロック】にも還元出来るんじゃないか、と思うんです(例えば、吹奏楽団や合唱団が出来たら、地域を超えた横の繋がりが生まれます)。

アイデアを形にしていくことで、若い世代が区に参画していく。地域の担い手になる。

各地域(【まち協】)から活動を開始するのもいいです。素晴らしいです。一方で、選択肢の一つとして、先に、例えば、【まちカフェ】などで出会った人たちが、仲良くなり、アイデアを形にすることで生野区をより好きになる。そして、将来は自分の地域のまち協に民主的に参加。そうすると、自然と各地域に知っている人が散らばるので、【まち協】間で繋がりが出来てくる。

そのきっかけになるのは、「生野区でこんなことしたい」「あんなことしたい」。その制限を外すために「お金があればしたいこと」という問いかけはすごい。そんなことを昨日の夜に思いました。

生野区のまちづくり支援で働いて2ヶ月。ぼくは今、こんなことを考えています。

【生野区】団体に所属しなくとも、「いいね」を共有した個人同士が緩やかにネットワークを作り、「やりたい」を形にするためにまとまる

まちづくりって面白いですね。もっと勉強したいな、って気持ちが高まっています。

DSC_0009 (2)

昨日は生野区役所にて【いくみん子育てラウンドカフェ】が開催されました。

DSC_0010 (3).JPG

座席はアイランド(島型)形式。

参加者同士の距離が近くなりやすく、話しやすい形式ですね。目線をパワーポイントに向けやすいように机の角度も考えられています。

DSC_0007 (2)

メインファシリテーターの戎さん。

戎さんは昨日、「化学反応」という言葉をよく使われていました。同じような「やりたい」を持った、パパ・ママが出会い繋がることで化学反応が起こり、新しいチャレンジに繋がる。

DSC_0021 (2).JPG

戎さんの言う通り、テーブルを囲んで話しをすることで、「いいね」が共有されて「やりたい」「やろう」に変化していく。とってもワクワクする時間になりました。

DSC_0015 (1).JPG

「生野区」っていうカテゴリーで集まっているのが楽しいです。これが、例えば、大阪「市」のイベントで、色々な区から参加していたら、ここまで、共同意識は生まれないんじゃないか。

DSC_0014 (2)

ワークショップの良さは、一人の個人としても、行動を起こせるところじゃないか、とも昨日思いました。

どこかの団体に所属しなくとも、「やりたい」を共有した個人同士が緩やかにネットワークを作り、「やりたい」を形にするために、実行委員会形式でまとまる。

まとまっていたとしても、半分は「個人」の意思を持つ。持つことが出来る。その風通しの良さを作り出す可能性があるのが「ワークショップ」だと、ぼくは考えています。

DSC_0024 (3).JPG

そんな【生野区】×【ワークショップ】を、例えば、【まちカフェ】は月一単位で開催していくし、【ラウンドカフェ】も定期開催していけば、この一年で生野区のまちづくりは、ぐっと高まっていくんじゃないか。そんなワクワクを持つことができた昨日のイベントでした。

received_882477768545739.jpeg

イベント中の、幼児一時預かりボランティアもとっても助かりました。2時間プラレールで遊べて、大満足のはれ君でした。

DSC_0011 (4).JPG

戎さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

p.s.

まちカフェ 6月の案内はこちら

design

【旅行】京都水族館に行ってきました。専門の能力があり、かつ、舞台発声が出来るとかなり価値が高まるな、と思いました

京都水族館に初めて行ってきました。

DSC_0136.JPG
ピースのようなポーズが出来るようになってきたはれ君

ちょっと驚いたのが、3月に大阪市港区の海遊館に行ったときは、怖がりまくっていたんです。

dsc_0007.jpg

だから、今回も『泣くかな』なんて思いながら行きましたが、この表情です。

DSC_0086

DSC_0088.JPG

ちょっとお兄さんになっていて、凄いなあ、と思いました。

DSC_0097.JPG

オットセイ

DSC_0098 (1).JPG

ペンギンのおにぎり

DSC_0101.JPG

DSC_0102

DSC_0103 (1)

DSC_0108.JPG

DSC_0111.JPG

そして、凄いなあ、と思ったのがイルカスタジアム。

DSC_0116.JPG

もはやここは劇場と一緒

DSC_0121.JPG

集中して観るはれ君

DSC_0124.JPG

トレーナーの方は、発声の訓練も受けておられるのでしょう。滑舌・イントネーション・話すスピード・間のとりかた、とっても明瞭で正確でした。

専門の能力もあり、かつ、舞台発声も出来ると、かなり価値が高まるな、と思いました。

DSC_0127.JPG

このストロー、真ん中まで加えて息を思いっきり吹くと、音が鳴ります。ショーの中でリズムゲームをする場面があり使用しました。観客参加型ですね。

DSC_0134.JPG

みなさんも良かったら遊びに行ってみてくださいね!

【フリーランス】男は稼がなくてはいけないと思うか、まあ主夫でもいいか、と思って過ごすかによって心の平安は変わってくる

昨日は後輩の披露宴2次会で京都に。

DSC_0072
ジッパー、おめでとう

翌朝、ぼくのブログを読んでくださっている方がメッセージを下さっていたので、時間を合わせて、四条烏丸のスタバで一時間ほどお話をしました。

DSC_0078.JPG
はれ君も近くの席でモーニング

聞かれた質問をブログのネタにしようと思っていましたが、話していたらすっかりメモするのを忘れました。

なので、大雑把に話をまとめまると、一寸先は闇でもOKと思えることが、日々を楽しく過ごせるコツなんじゃないかな、と思いました。

例えば、ぼくの場合で言うと、合唱団の活動をしているけど、このまま順調に行くかもわからないし、いかないかもしれない。

フリーランスとして仕事をしているけど、依頼がくるかもしれないし、来ないかもしれない。

闇は誰でも不安です。だからといって、その不安に駆られて将来の心配ばかりしていたら、「いま」がもったいないと思います。

境遇的にはほとんど皆一緒だと思うんですよ。でも「男は稼がなくてはいけない」と思って過ごすか、「まあ、主夫でもいっか」と思って過ごすかによって、心の平安は変わってきます。

なので、もちろん適度に将来設計することは大切ですが、過剰に心配をすることはやめて、今、楽しいな、面白いな、と直感で感じることをする。

そのエネルギーはやがて周囲に伝わるでしょうし、再び自分に還ってくる。そうなれば、未来も明るいんじゃないか。そう思いました。

一寸先は闇を一緒に楽しみましょう!

【雑感】不安を先に想像するより、とにかく、行動する。失敗したとしても、その経験は学びになりますしね

すぐやる。

昨日はそんな素敵な女性御二人と会いました。一人は京都から桃谷駅まで来てくださいました。

13412933_1630672803926048_4304952683205092721_n
一緒に写真を撮り忘れたので、、バブちゃん

KAORUさんは元保育園の先生で、現在は保護者の方の悩み相談にのられたり、心の癒しになるような活動をされているそうです(バブちゃんはKAORUさんの手作り)。

13418974_1630672683926060_4149325387426710461_n
バブちゃんと作業中(笑)

KAORUさんの凄いな、と思うのはその行動力です。

「私も電子書籍を作りたい」と、メッセージを下さったのが5/28。「生野区に行くので教えてください」と言われて、なんと12日後にこうしてお会いしています。

わざわざ桃谷まで来て下さったら、それはもう大歓迎ですよね。一時間、一緒に電子書籍の出版に向けて作業を進めました。KAORUさん、良いもの作りましょう!

DSC_0025 (3)

生野区に住むひとみさんも凄いです。

アメリカ人のご主人と結婚されて、6年程アメリカに暮らされ、最近、生野区に帰郷。「親子で楽しめる英語サークルを生野区に作りたい」というエネルギーで、今年の3月から親子英語サークルappleの活動を始められています。

活動の様子はこちら

昨日は、「夏休みに子どもが暇しているから、生野区にアフリカンダンス(仮)のプロを呼んできて、子ども達に体験学習してもらおう!」みたいなノリで、一緒に区民センターに行き、施設をおさえてきました。

13412983_514478668761101_5823498242389191719_n.jpg
ちなみに日程は8/25の午前中です。また連絡します

ね、むっちゃパワフルですよね。

だから、思うんすけど、「〇〇になったらどうしよう」と不安を先に想像するより、とにかく、行動する。このエネルギーなんじゃないかな、と。

もちろん集団で何かをする時は、自分一人では動けないことも多いですが、でも、個人や少人数なら、どんどん動いていく。失敗したとしても、その経験は学びになりますしね。

昨日は二人のサポートをする日でしたが、ぼく自身も二人からエネルギーをもらえた一日でした。ありがとうございます。一緒にがんばりましょう!

【生野区】親子英語サークルappleの活動を応援しています。今日はサークルの活動日でした

生野区に住むひとみさんは、ご家族でアメリカに住まれていました。

DSC_0075
ひとみ先生

最近、生野区に戻られて、そして、「親子で楽しめるような英語サークルを生野区に作りたい!」という想いで、親子英語サークルappleの活動を始められています。

今日はappleの活動がありました。

DSC_0004 (7).JPG

東桃谷福祉会館で開催

DSC_0006 (4).JPG

5,6組の親子が参加されていました

身体を動かして英語の歌を唄います

DSC_0024 (2).JPG

子どもが沢山集まっている先は

DSC_0025 (3).JPG

子どもは絵本が大好きですね。

親子英語サークルapple
毎週木曜日
15:30~16:30
東桃谷福祉会館
(勝山北3丁目4−32)

【電子書籍】何冊売れるの?印税は?という質問に対して、ぼくの事例を正直に紹介します

こんにちは、合唱指揮者の橋爪大輔です。今回、藤澤美季さんの電子書籍を手伝いました。

13236164_506332712909030_336724117_n

橋爪出版は本の編集・デザイン・出版代行(ほとんど全てですね)をお手伝いしました。今回、最後の出版作業の時だけは時間を決めて会いました。

13427916_514355942106707_4760861936026501038_n.jpg
左からミキティ、ぼく、松岡明日香さん

しかし、やってみて思いましたが、それすらもスマホのやりとりだけで出版出来る。一度も会わずに執筆から出版までやりとりできるなあ、なんて思いました。

ミキティ、おめでとうございます。

これで橋爪出版としては4人の女性作家を誕生させたことになります。

ぼくの事例を紹介

ぼく自身、電子書籍は2016年の1月1日に初めてAmazonで配信しました。

それから190日が経ちました。今回の記事では、ぼく自身の電子書籍に関する事例を具体的な数字でお伝えすることで、電子書籍を出されたいみなさんの参考になれば、と思って書きます。

どれぐらいの頻度で売れるか

何度も書きますが、ぼくの事例なので、これは人によりけりですが、ぼくの場合、2,3日に一冊ぐらいのペースで売れ続けています。

キャプチャ

月ごとの販売数

一冊500円に設定。一冊ごとの印税収入は約298円です。

2016年

  • 1月:24冊 ⇒ 7,153円
  • 2月:10冊 ⇒ 3,299円
  • 3月:26冊 ⇒ 8,358円
  • 4月:18冊 ⇒ 5,595円
  • 5月:23冊 ⇒ 6,854円
  • 6月(8日現在):7冊 ⇒ 2,086円

というわけで、合計108冊を販売。印税収入は約33,345円です。

どうでしょうか。想像されているより多いでしょうか、それとも少ないでしょうか。これが、電子書籍に関するぼくの事例でした。ちなみに、出版にかかるコストは0です。売上は約80日後に、こちらが指定した通帳にAmazonが振り込んでくれます。

p.s.

個人で仕事をされている御方は、電子書籍は出さないよりかは出された方がメリットが多いんじゃないかな、と思っています。ぼくに出来ることならお手伝いしますので、お気軽にご連絡下さいね。

詳細はこちら