小学生(児童館)向けの合唱ワークショップのメニューについて

昨日は京都市山科区にある四ノ宮児童館にて、小学生を対象に45分の合唱ワークショップを行いました。昨日のメニューはこんな感じです。

★ 歩く&止まる&集まるゲーム(7分)

ワークショップのスタートは、全員が誰でも簡単に身体を動かして参加出来るものがいい』と、確か、大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムで勉強した記憶があります。

特に今回の場合は小学生が対象でしたので、このゲームを選択しました。

グループを作る時に「大人とグループになってね~」と言うと「え~、嫌だー」と拒否反応を示していた子ども達ですが、ゲームが始まると無我夢中で近くの大人とグループを組んでいたと思います。

★ いもむしごろごろ(10分)

このゲームもアイスブレイクです。特に「うたあそび」+「身体を動かす」+「身体接触を伴ったコミュニケーション」です。

わらべうた『いもむしごろごろ』に合わせて、フロアを練り歩き、歌の終わりに合わせて近くの人と二人組になり、じゃんけんをします。その後はジャンケン列車のように、どんどんと列を作って最後は一列になる、というゲームです。

小さい子ども達はじゃんけん列車が大好きなので、昨日は2回繰り返しました。

★ 休憩 (8分)

子ども達とのワークショップというのは、思っている以上にエネルギーを使います。そして、何より会場全体に漂う集中力が継続していくか、が大切です。なので、昨日も、早めに間に休憩を取りました。中学生以上になると、この時間帯での休憩は要らないと思います。

★ ジングルベルを歌おう(20分)

休憩後は、合唱団のメンバー達には子ども達の後ろに座ってもらいます。合唱団が子どもの後ろから、しっかり声を出して歌ってもらうことにより、自然と子ども達の声を引き出して行こう、という意図です。

全体で斉唱 ⇒ 合唱団が子どもの中に混ざって斉唱 ⇒ 合唱団だけで合唱 ⇒ 子どもは斉唱・合唱団は合唱と、形式を変えながら繰り返し歌いました。

以上で45分です。持ち時間は60分でしたが、特に小さい子ども達とのワークショップは、キリの良いタイミングがやってきたら終わる、という選択をすることも、ぼくは大切だと考えています。

dsc_0006.jpg

人に感謝

合唱団は土曜日の午前中という集まりにくい時間帯にも関わらず、赤ちゃんを合せて14人でワークショップが出来ました。進行をしたのはぼくですが、合唱団のメンバーが最初から最後までフォローしてくれているおかげで、安心してワークショップすることが出来ます。ありがとうございます。

そして。ぼくたちの合唱団のワークショップを初期から見続けて下さっている、京都市東部文化会館の鈴木さん。コーディネートも含めて、もう10回以上はワークショップの現場に立ち会って下さっています。毎回、本当に励まされています。ありがとうございます。

合唱のワークショップについて

今日は朝から京都市山科に行きます。児童館の子ども達に1時間の合唱のワークショップ(WS)を行います。

このブログを書いているのは、現在4:40。WSの構成を眠りながら考えていたら、こんな時間に目が覚めました。中途半端な時間ですが、ブログに書きたいこともあるし、もう起きてしまおう、という感じで書いています。

今回、何を書くか、というと、ずばり『合唱のWS』についてです。最近、新しく合唱団に参加しているメンバーは『合唱の練習』はわかるけど『合唱のWS』は今一つピンと来ていない。そんなことを書いているぼく自身も、初めてWSを行った3年前の2013年7月と今とでは、捉え方は変っていると思います。

8.jpg
2013年に初めてした中学生とのWS

2013年の頃は、大阪大学のワークショップデザイナー育成プログラムに通っていたので、熱心にWS関連の文章を書いたり読んだりしていました。今回は、もう一度、合唱とWSに関するぼくの考え方を書きます。

9.jpg
2013年の時のWSの集合写真 山科中にて

まず、今回訪問する山科の児童館をコーディネイトしてくれているのが、山科にある地域のホール・京都市東部文化会館です。東部文化会館は<アウトリーチ事業>という取り組みをしていて、ここに、ぼくたちの合唱団(アンサンブルエバン)と、ぼく個人の2つを登録しています。

10548703_612039522228186_2852186570679986781_o.jpg
京都市東部文化会館

アウトリーチというのは、Out – Reach = 外に手を伸ばす、という意味です。

元々は、福祉だったか医療だったかの分野で生まれたそうですが、施設に行くことが出来ない方々に向けて、実施する機関が<待つ>のではなく<行く>。これがアウトリーチの大雑把な意味です。

つまり、ぼくたちの場合でいうと、ホールに<来てもらう>のではなく、児童館に<行く>。これをホールとアーティスト(合唱団)が協力して取り組んでいる、そんな形式です。

東部文化会館がコーディネートする「アウトリーチ」とは,文化芸術活動を行っている方々(アウトリーチ協力団体)が,皆様のご要望により地域の教育施設,福祉施設,医療施設,商業施設や商店街などの様々な場所へ出向き,原則,非営利活動として演奏活動等を行うというものです。それにより地域の施設等の方々がそれぞれの目的に応じて文化芸術活動をご活用いただくとともに,市民の皆さまがより身近に文化芸術に触れていただこうとするものです(HPより)。

ぼくたちの合唱団は、東部文化会館と協力して、山科の色々な場所でアウトリーチをしてきました。

10548296_637852409646897_2274630709076123522_o-1024x768.jpg
福祉施設
10668768_636648206433984_5729056205121294541_o.jpg
高校
12311128_844211225677680_369600456791411568_n.jpg
古民家
img_ws01.jpg
保育園や小学校
10256396_569291726502966_6931204258070568065_o.jpg
児童館
12694695_879036655528470_4111959666963987193_o.jpg
在日の方々の集い

これらの写真はアウトリーチの時の様子です。

それで、写真をよく見ると<歌っている>のと<円になっている>のと2つあります。歌っているのが、ミニコンサートをアウトリーチしたもの。所謂、出張コンサートですね。そして、円になっているのがWSをアウトリーチしたもの。言い換えるならば参加型です。

ぼくたちのアウトリーチは、合唱団側の参加人数や施設側の参加人数・年齢に応じて、<コンサート>にするか<WS>にするか、<コンサートとWSが混ざり合ったもの>にするか、を考えます。

で話が元に戻ってきました。WSって何?ってことです。

WSにもまた分類が(ぼくの中に)あります。まずは、その1は連続WS=『舞台発表付きワークショップ』のような、練習と本番を伴うものです。

「え?結局、練習とWSって一緒やん」と言うツッコミがありそうですが、、例えば練習や本番でも、目的を伴ったものであれば、それはもうWSと呼んで良いと思います。

例えば、『地域のホールで世代間交流を目的として、合唱団を結成します!練習回数は5回。最後はホールで演奏しましょう!』という企画があるとします。この時の練習はWSと呼べると、思います。なぜなら、目的が世代間交流なので。

あるいは『アーティストの〇〇と作品作り!』のような企画もWS的です。その出会いに、参加者やアーティスト自身も気づかなかった、何かが生まれるのであれば。ここは難しいところです。

分類その2は単発WS、一回きりのワークショップです。

演劇だとワークショップはしやすいのです。参加者同士でチームを組んで「はい、じゃあ最初のセリフは『しまった!』です。おわりのセリフは『良かった』です。これで5分の劇を作ってください」というルール設定だけで、どんどんWS的な空間が生まれます。

参加者の想像力を引き出せますし、協力して創造する力を発揮できます。ああ、演劇は良いな。

これが合唱だとなかなか難しいのです。「はい、最初の音はドです。最後の音はミ。これで音楽を作ってハモって下さい」。まだ、作曲家の方ならWSにすることが出来るかもしれません。でも、ぼくは指揮者です。

※ と思っていたら、最近、合唱団に作曲が出来るメンバーが入ってくれたので、新しいスタイルの合唱ワークショップが出来るんじゃないか、とワクワクしています。

話がずれました。

なので、今までのぼくたちの単発のWSは【発声体験】とか【合唱体験】(2声でハモろう)ぐらいに落ち着いていました。ワークショップの元々の意味が「仕事場・作業場」なので、『合唱を体験してもらうだけでも、充分ワークショップ的だ』と、ワークショップデザイナーらしくない理由で落ち着けていました。

まとめると、一つのプロジェクトとして実施している連続的な練習(稽古) ⇒ 本番はもはやWS単発のWSには<想像力・創造力>や<主体性・協力>を。ぼくのWS観はこんな感じです。

p.s.

ワークショップの中に作曲や編曲を導入したものは1月のイベントでやってみたい、と思ってきました。出来たら良いな↓

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

インドネシアの留学生・アンリ―の『生野区で多国籍チームをつくろう!ワークショップ』を開催しました

生野区に住むインドネシアの留学生・アンリ―ことAndika Diapariくんの「やりたい」から始まった『生野区で多国籍チームを作ろう Making a Multinational Team Workshop in Ikuno』が開催されました。

ぼくが働いている生野区まちづくりセンター(まちセン)が毎月開催している『まちカフェ』(生野な方々の『やりたい』を応援する場)の11月で「多国籍のチームを作りたい」と話したアンリ―。なので、昨夜のワークショップは『まちカフェ』のスピンオフ企画のような意味合いもあったと思います。

とにかく、生野な人・アンリ―の「やりたい」をまちセンも応援!という形での開催でした。ちなみに応援内容は、キムラ~さんによるファシリテーション。郡司さんによる受付。金さんによる写真撮影。ぼくによるFacebookイベントページの立ち上げ

「やりたい!」と言っただけで、告知・司会・受付・撮影隊が集まる、って結構すごいサポートですよね。やりますな!生野区まちづくりセンター(笑) まちセンとしても、コミュニティカフェの運営はかなり慣れてきましたよね。

昨日の様子を金さん撮影の写真でお伝えします。

15369098_1019377174855797_5060234003301043779_o
ナシゴレンを準備するアンリ―とお友達

15259447_1019383161521865_1373281492222502349_o.jpg

15304613_1019388448188003_6843306387779377961_o
昨日のイベントはアンリ―の学ぶ同志社大学院のワークショップとしての位置づけもありました
15370135_1019383141521867_1815860981140041074_o.jpg
場所を提供して下さった、巽南の杉山さん(左)
15369956_1019382054855309_3384085711023052666_o.jpg
キムラ~さんのファシリテーション(右)
15259408_1019382031521978_1806651754465500660_o.jpg
アンリ―のスピーチ

15250718_1019383544855160_5903539617877687395_o

15272322_1019383594855155_4164981968557034849_o.jpg

アンリ―曰く「来年の8月に交流イベントを開催したい。そのイベントに向けて、チーム作りが出来れば」ということでした。キムラ~さん、次回ワークショップも開催しますよね?その時は、またお知らせしますね。アンリ―お疲れ様でした!

建築家 林敬一ワークショップ数列カホンをつくろうに参加しながら考えたことのメモ

DSC_0128

DSC_0129

DSC_0134 (1)
木村工務店の木村貴一さん
DSC_0133
建築家の林敬一さん

数列カホン作りのワークショップに参加しました。今日は一言。

ワークショップに参加して、日常の仕事がワークショップになりうると感じました。そもそも、ワークショップのもともとの意味は工房だったはず。

合唱のワークショップをするとしたら、例えば二声のハモリを体験してもらう。楽譜は模造紙に書いて見やすいように拡大する。それを見ながら音取りをして、ABグループに分けて全体で合わせる。それだけでもワークショップになりえるな。そんなことをカホンを作りながら考えました。以上、バタバタしているのでメモのようなブログでした。

ワークショップが始まる前に、例えば机やイスをどう並べるのか。そこにファシリテーターとしての考えや意思が現れる

昨日は商店街で合唱団を作ろうの第一回目の練習がありました。ここでは、そこで起きた出来事などは書かずに、合唱を練習として取り組まずに、ワークショップ的に取り組む時に、ぼくが気を付けていることを書こうと思います。とてもニッチな記事ですが、今考えていることなので、ブログに残しておこうと思います。

まず、練習とワークショップの違いですが、ここでは敷居の高さと定義づけたいと思います。例えば、合唱まちづくりに置き換えてみます。まちづくりの『練習』とは言わないので、まちづくりの『勉強会』とまちづくりの『ワークショップ』はどう違うのか。

まちづくりの『勉強会』は、専門家の教授の方などが座学的に受講者に座学的に知識を授ける、といった雰囲気でしょうか。専門用語も使われるでしょう。それに対して、まちづくりの『ワークショップ』は、専門家が居たとしても、その人は講師ではなく、進行役・ファシリテーターとして立ち居振る舞いをするでしょう。カジュアルな雰囲気で、参加者の人はまちづくりに関して、知識があろうがなかろうが、皆それぞれがそれぞれなりに心地よく過ごすことが出来る。それが『ワークショップ』だとします。

ぼくが、昨日、商店街の方々に行ったのは、もちろん『練習』です。歌が歌えるようになること。しかし、その形式は『練習』ではなく『ワークショップ』であるように意識しました。

例えば、会場の空間をどう設定するか。もう言い尽くされていると思いますが、それでも地域のミーティングなどに参加すると、未だに長机が口の字型に配置されて、マイクを使って会議する、なんて場面に出くわします。

机を口の字型に置くか、椅子だけにして円にするのか、それとも半円にするのか、それをワークショップが始まる前に準備しておくことも大切だと思います。昨日に関して言えば、半円に設定。参加者の方が2列に座ろうとされたので、そこはあえて「一列で半円に座って下さい」と伝えました。

あるいは、例えば『楽譜』は使用しませんでした。歌詞をホワイトボードに書き、参加者はそれを見ながら歌いました。リズムや音程は口頭で伝達しました。こんなことを考えながら、昨日は練習をしました。

【生野区】団体に所属しなくとも、「いいね」を共有した個人同士が緩やかにネットワークを作り、「やりたい」を形にするためにまとまる

まちづくりって面白いですね。もっと勉強したいな、って気持ちが高まっています。

DSC_0009 (2)

昨日は生野区役所にて【いくみん子育てラウンドカフェ】が開催されました。

DSC_0010 (3).JPG

座席はアイランド(島型)形式。

参加者同士の距離が近くなりやすく、話しやすい形式ですね。目線をパワーポイントに向けやすいように机の角度も考えられています。

DSC_0007 (2)

メインファシリテーターの戎さん。

戎さんは昨日、「化学反応」という言葉をよく使われていました。同じような「やりたい」を持った、パパ・ママが出会い繋がることで化学反応が起こり、新しいチャレンジに繋がる。

DSC_0021 (2).JPG

戎さんの言う通り、テーブルを囲んで話しをすることで、「いいね」が共有されて「やりたい」「やろう」に変化していく。とってもワクワクする時間になりました。

DSC_0015 (1).JPG

「生野区」っていうカテゴリーで集まっているのが楽しいです。これが、例えば、大阪「市」のイベントで、色々な区から参加していたら、ここまで、共同意識は生まれないんじゃないか。

DSC_0014 (2)

ワークショップの良さは、一人の個人としても、行動を起こせるところじゃないか、とも昨日思いました。

どこかの団体に所属しなくとも、「やりたい」を共有した個人同士が緩やかにネットワークを作り、「やりたい」を形にするために、実行委員会形式でまとまる。

まとまっていたとしても、半分は「個人」の意思を持つ。持つことが出来る。その風通しの良さを作り出す可能性があるのが「ワークショップ」だと、ぼくは考えています。

DSC_0024 (3).JPG

そんな【生野区】×【ワークショップ】を、例えば、【まちカフェ】は月一単位で開催していくし、【ラウンドカフェ】も定期開催していけば、この一年で生野区のまちづくりは、ぐっと高まっていくんじゃないか。そんなワクワクを持つことができた昨日のイベントでした。

received_882477768545739.jpeg

イベント中の、幼児一時預かりボランティアもとっても助かりました。2時間プラレールで遊べて、大満足のはれ君でした。

DSC_0011 (4).JPG

戎さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

p.s.

まちカフェ 6月の案内はこちら

design